Ryoji Okada Official Website

Diary

What a lapel! 尋常ならざるワイドなラペル!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

10月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

10.20 Sat-11.12 Mon : オーダーシャツの「オプションフリーキャンペーン開催」!

 

 

早い者勝ちです!Loro Piana謹製極上100% Camel Hair発掘!

 

 

オーダーSafari Jacket始めました!

 

 

 

 

全員が輝きほぼほぼ100点満点の内容だった第1戦。

「逆転のカープ」らしい大逆転劇を演じた第2戦。

果たして、第3戦は。。。

丸選手の状態は良くない、メヒア選手は三振しか想像出来ない。。。

はい、僕の目は完全に節穴でした。。。

メヒア選手がチャンスメイクをしての先取点、丸選手の目の覚めるような一発。。。

すみませんでした!

メヒア選手は一死満塁のチャンスでも「やっぱり」な三振をしましたけれど(笑)。

ともあれ、素晴らしい!!!!

投げては「気迫の男」九里投手が5回2/3を1失点!!!!

火消しで登場した岡田投手、きっちりと締めたフランスワ投手も見事(ジャクソン投手には触れません笑)!!!!

いずれにしても、これにてCSファイナルステージは3連勝、アドヴァンテイジの1勝を含めてスウィープで日本シリーズ進出を決めました!!

闘う前は色々不安もありましたが、大きな不安から小さな不安まですべてを払拭してくれました!!

尋常じゃない!!

最高のチームだよ!!

カープ最高!!!!!!!!!

 

 

 

 

ところで。

「尋常じゃない」といえば。

つい最近、色々と尋常ではない(←プラスの意味で!)ブラックスーツをお作りしましたのでご紹介します!

いや、本当に数値的に尋常ではなくてですね。。。

すごいです

ということで、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓のスーツです!

 

 

これは!!!!

色々すごい!!!!

特に以下の5箇所の数値が尋常ではありません(←良い意味で)!!!!

 

—–

– ラペル巾:16.0cm
– 袖口巾:21.5cm
– 膝巾:32.0cm
– 膝位置:股下20.0cm位置 *股下の長さ89.0cm
– 裾巾:35.0cm

—–

 

このスーツをご注文いただいた方はご身長が190.0cm近くあって、がっしりしたご体型で、ビッグ&ワイドなディテイルがお好き。。。

とはいえ、尋常ではありません(くどいけれど良い意味で)!!!!

ラペル巾、袖口巾、裾巾は、LOUD GARDEN創業以来どころか、GIEVES & HAWKES時代、A WORKROOM時代を通じても今までに作ったことがないほどのビッグ&ワイドさです⁉️

膝位置も今までで最も高いかな?

ちなみに、上記5箇所の一般的な方の「ビッグ&ワイド寸法」といえば、だいたい↓以下の通り↓ではなかろうか。。。

 

—–

– ラペル巾:11.0cm(5.0cm差)
– 袖口巾:16.0cm(5.5cm差)
– 膝巾:30.0cm(2.0cm差)
– 膝位置:股下30.0cm位置 (10.0cm差)*股下の長さ79.0cm(←これを肯定すると更に。。。)
– 裾巾:29.0cm(6.0cm差)

—–

 

これでもかなりの「ビッグ&ワイド」シルエットになります!

そして、標準的な数値(やや細め)なら↓以下の通り↓です。

 

—–

– ラペル巾:8.5cm(7.5cm差)
– 袖口巾:14.0cm(7.5cm差)
– 膝巾:23.0cm(9.0cm差)
– 膝位置:股下30.0cm位置 (10.0cm差)*股下の長さ79.0cm(←これを肯定すると更に。。。)
– 裾巾:19.0cm(16.0cm差)

—–

 

ははは( ̄▽ ̄)

全然違う( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)

しかし。。。

フルハンドメイドのビスポークでもない(LOUD GARDENのスーツ/ジャケットの縫製はミシンも使用しております)のに、(今回は)仮縫いもつけていないのに、ここまでやっちゃう/出来ちゃうのはLOUD GARDEN/RYOJI OKADAならでは、手前味噌ながら「さすが!」と思いました( ̄▽ ̄)

それが証拠に、ご注文下さったお得意様も「これは今までで最高の出来ですね!限界までいって良かった!!また作ります」と満面の笑みで大満足なさっていました( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)

K様、いつも本当にありがとうございます!!

次回もまた、この「最終盤」でお作りしましょう!!

では、ディテイルを「寄り画像」でご紹介します!!

 

 

 

まずは、スーパービッグ&ワイドなラペルを!

 

 

 

「衿先がアームホールとほぼほぼ重なるように」と「衿先が肩線から飛び出すか飛び出さないかのギリギリに」というご要望の具現化に見事に成功しました✌️

ラペルのエッヂラインをわずかにコンケープさせて(= 膨らませて)いるのもポイントかな?

また、ラペルの存在感がすご過ぎて見過ごしがちですが、実はフロントボタンは25.0㎜を使用しています!

25.0㎜ボタンは主にコートのフロント用で、通常のスーツは20㎜ボタンを使用することが多いです。

 

 

 

通常は15㎜ボタンを使用するスリーヴボタンは20㎜ボタンを使用しております!

 

 

画像では分かりにくい&袖口巾が超ワイドなので違和感がないのですが、大きいです!

大きいことはいいことだ!!

ちなみにもちろん以下のディテイルはアップチャージなしです(^_-)

 

—–

– くるみボタン
– 20㎜ボタン
– 5個ボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)

—–

 

 

 

腰ポケットのフラップです。

 

 

5.0㎝ ~ 5.5㎝くらいが一般的なのですが、これは7.5㎝であります!

スーツで7.5㎝はレアケースだな〜〜〜〜〜⁉︎

でも、スタイリッシュですよね!

 

 

 

ライニングはヴィヴィットなカラーのペイズリーをセレクト。

 

 

実はこのスーツ、ご同僚のウェディングパーティにお召しになられるようにご注文いただいたので「巨大寸法」以外のディテイルは極めてクラシックに仕上げております。

ですので、「ライニングくらいは派手に!」ということでこのカラーをセレクトなさいました。

とてもナイスなコントラストですよね!!

 

 

 

 

以上です。

ここまで「極限までビッグ&ワイドに攻めた」スーツをお作りしたのは生まれて初めてでしたが、仕上がってみるとなんともLOUD GARDEN/RYOJI OKADAらしくていいものですね!

T様にもとってもお似合いでした!!

 

しかし。。。

「あまり目立たないように」というコンセプトでスタートしたのですが。。。

あれこれご相談していく中で採用したアイディアを具現化した結果、かなり個性的なスーツに仕上がりました。。。

T様のご身長もありますので完全に目立ちますね〜〜〜〜( ̄▽ ̄)

それがT様の宿命なのかもしれません!

お受け入れ下さいませ!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

まだJOHN HIATTの新譜The Eclipse Sessionsが届かずなので、趣向を変えてBlues音源を。

6月に亡くなった(知りませんでした!)EDDY “THE CHIEF” CLEARWATERの1998年作品Cool Blues Walkを!

DUKE LOBILLARDプロデュース、得意のR&Rスタイルをうまい具合に織り交ぜたモダンシカゴブルースの好盤に仕上がっております!

アメリカンインディアンを血を引くために”THE CHIEF”のアダ名がついており、「らしい」羽飾りをトレードマークにしているのですが、本作ではそちらの一面は封印している感じですかね。

日本ではさほど有名ではないと思いますが、僕は結構好きだな〜〜〜〜!

合掌。

 

 

 

では、2011年の生々しいライヴ動画を。

 

 

これは素晴らしい!

いくらでもバーボンがの飲めそう

 

 

 

 

20th. Oct. 2018

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.