Ryoji Okada Official Website

Diary

連れのシャツ!Ozaいつもありがとさん!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月・4月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

Loro Piana謹製の100% Cotton素材のパターンオーダーカジュアルパンツが¥25,000+tax~です!

 

 

The Loudest Voice vol.20 in store now!

 

 

“♡ Camo” silkの新色作成中です!

 

 

 

 

昨日のカープは一軍は引き分けで二軍は負けでした。

引き分けといっても0-0、投手戦での引き分けですから好材料ですね!

特に前回良くなかったジョンソン投手が6回/78球/0被安打/5奪三振/0与四死球/0失点と完璧な投球を披露したのは心強い限りです。

開幕投手は大瀬良投手で決まっているっぽいですが、ジョンソン投手の方が安心な気もしますね。

でもまあ、大瀬良投手が更に一皮剝けるためにも開幕は任せた方がいいのかもしれません!

新婚ですし、大役に奥さんも喜ぶでしょうしね😉

ちょっと気になったのが昨日は7回を任されて1回/14球/0被安打/1奪三振/0与四死球/o失点だった岡田投手、好投はナイスなのですがひょっとして中継ぎ調整をしているのかな?

個人的には、(大瀬良投手、ジョンソン投手、野村投手、床田投手に次ぐ)5枚目か6枚目の先発という役割がベストだとは思うのですが、どこかのタイミングで1軍のオープン戦で投げるらしいローレンス投手や二軍で先発調整をしているアドゥワ投手が割って入る可能性あり、と首脳陣は見ているのかもしれません。

まあ、競争が激しいのはいいことなので開幕までじっくりと見守りましょう😊

二軍は期待のルーキー野手がお休み(林選手は一軍帯同&代打で初打席も経験、羽月選手と大盛選手も一軍ベンチにいたのかな?)、野間選手、小窪選手、堂林選手、岩本選手、庄司選手といった1.5軍的存在の選手たちが先発しました。

途中出場した赤松選手含め、全員に頑張って欲しいですね!!

しかし。。。

オープン戦でもいいので観に行きたいよ〜〜〜〜。。。

今週の木曜日のS戦@神宮球場はチケットが2枚あるのですが、店を営業するので行けないのであります!!!

どなたか、無料進呈しますので行ってきて〜〜〜!!!

とにもかくにも。。。

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「行きたい」いえば。

僕が常に日本で最も行きたい場所といえば京都であります!

もちろん沖縄(実は沖縄って行ったことがなくて汗)とか北海道とか金沢にも行きたいのですが、1年中常に行きたいのは京都であります!!

神社仏閣が好きなこと、大阪に10年弱住んでいたことがある関係で色々とそこそこよく分かっていること、大切な連れがたくさんいる(そのほとんどが美女というのも( ̄▽ ̄))こと、エトセトラ。

色々な要素が重なり合って京都なのであります!!!

 

 

 

 

その京都の連れのひとり、唯一の男性Ozaのシャツが仕上がったので今日発送します!

 

 

 

年始の関西出張時にオーダーしてくれた2枚です😊

今回は無地ではなくストライプ、しかもクレリック仕様、いずれもエレガントかつダンディに仕上がりました!!

スマートでハンサムなOzaです、きっとバッチリ似合うことでしょう!!

そして、スーツスタイルはいつも超クラシックな無地モノでキメているOzaのワードローブに新風を吹き込んでくれることでしょう!!

 

絶対にこのDiaryを読んでいることはないと思うけれど(笑)、いつも本当にありがとう!

そして、また上洛するわ!!

そしてそして、頑張ってチケット確保に勤しむので、オリンピックの時には必ず上京するよーに!!!

そしてそしてそして、今年はMILが勝つ!!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日は、金曜日の一献時にK君が「大好きだった」と語ったバンドR.E.M.のベスト盤The Very Best Of R.E.M.(1991年作品)を。

初期の音源集ですよね。

僕はR.E.M.ってまったく追っていないのですが、それでもカレッジチャートの王者、アメリカアンダーグラウンドシーンの最重要バンドみたいな感じで、一部のメディアや音楽好きが絶賛していたので気になり本作を買ったんですよね〜〜〜。

でも、当時はまったくもってピンとこなかったな〜〜〜(笑)。

なんだかニューウェイヴっぽくて、全然アメリカっぽさを感じられなかった記憶があります。

個性的なバンドとも感じられなかったし。。。

まあ、僕が勝手に「アメリカのロックバンドの魅力 = アーシーなスワンピーな南部系のR&R」的な解釈をしていたせいで、彼らの良さが分からなかっただけという話もあるんですけれどね(笑)。

それが証拠に、今聴いてみるとなかなか良いじゃん!と思えました。

サラッと聴いただけだけれど歌詞も特徴的なのかな?

現状は本作と数枚しか彼らの音源は所有していないので、どこかのタイミングで最初期の音源から順々に聴いてみようかな??

「ちなみに最近はどうしてるのかな?」と思ったら2011年に解散しているんですね。

そういえば、そんな報道が出ていた記憶があるな〜〜〜。

なんか再結成とかしなさそうなバンドだけにちょっと残念ですね!

 

 

 

 

では、本作の中で僕が最も好きな曲、15曲目収録のFinest Worksong

 

 

良曲ですよね😊

 

 

 

 

18th. Mar. 2019

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.