Ryoji Okada Official Website

Diary

本日(10.7 Mon)最終日です!<ビスポークシューズ職人厚井康宏氏のトランクショウ>

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada / 厚井康宏

 

 

 

 

 

 

 

 

10月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

残り2日間です!オーダーシャツ¥3,000 off/オーダーネクタイ¥2,000 offキャンペーン開催中!

 

 

本日(10.8 Mon)最終日です!ビスポークシューズ職人厚井康宏氏のトランクショウ開催します!

 

 

 

 

嬉しいことにMEM所属のY.Watanabe選手がなかなかの活躍をしたようです!

ハイライトしか見ておりませんが攻守ともにとてもいい動きをしていました!!

開幕ベンチ入り、そして、途中出場に期待大ですね!!!

 

そして、昨日ペナントレース最終戦を闘った広島東洋カープ⚾︎

自力でのCS進出の可能性が断たれたBは、1番筒香選手、2番ソト選手というタイトル狙いの超変則的な打線を組んできました。

一方の我が軍は通常モードの打線、対左投手成績が悪い選手&最近5試合の打率が1割台の選手も外しませんでした。

で、案の定、湿っているクリンナップが火を吹くことはなく惜敗。。。

大瀬良投手に白星をつけることが出来ませんでした。

だけでなく、ソト選手に本塁打王を献上してしました。

う〜〜〜ん、いちいちこんなことを書きたくないけれど、昨日の戦犯は鈴木選手でしたねぇ。。。

良くないなりに踏ん張っていた大瀬良投手を見殺しにするとは、4番として情けなさ過ぎますね!

そして、左投手を苦にしない西川選手と松山選手を先発で使った欲しかったです!!

あ、それから、代走守備固めで出た上本選手もお笑いでした!!!

しかし、大瀬良投手の最多勝がかかっていたとはいえ消化試合、あんなにガチガチでCS/日本シリーズは大丈夫なんだろうか。。。

ここ2週間?3週間くらいの締まらない試合を見続けている身としてはまったくもって不安です。。。

ここは何としてもCSまでにうまくアジャストして欲しいものです!

いや、絶対アジャストしろ!!

Go! CARP!

 

 

 

ところで。

「最終」といえば。

10.5 Friから4日間に渡って開催しております<ビスポークシューズ職人厚井康宏氏のトランクショウ>ですが、いよいよ本日(10.8 Mon)が最終日となりました!!

昨日までの3日間を自己評価すると。。。

「1勝1敗1分」であります!

でも、「1分」は金曜日がかなり悪天候だったことも含んでの評価(小売店のセールスマネジャーがセールスを天候のせいにするのは絶対にNGなのですが。。。この際は仕方がない)なので、実際には1勝2敗に近い状態です。。。

という訳で、今日は僕も厚井さんも気合が入りまくっております!

昨晩も閉店後約1時間ほどミーティングをしました!!!

つきましては。。。

「行こうかな〜〜〜?」「興味はあるんだけど」「ビスポークのシューズ、いつかは作ってみたい!」と思っている皆々さま、ぜひとも本日足を運んで下さいませ!

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に改めて、今回のトランクショウの概要をお知らせいたします!

 

—–

「第1・第3金曜日には行けない!」という多くのお声にお応えして、上記の4日間限定で「ビスポークシューズ職人厚井康宏氏のトランクショウ」を開催いたします。

ぜひともこの機会に世界で一足だけの「30年は履ける極上ビスポークシューズ(ハンドソーンウェルテッド製法・フルハンドメイド・仮縫い付き」をお作りになってみてはいかがでしょうか。

 

– デザイン:今回のトランクショウ用に作成した新作を含む複数のサンプルと40型を超える絵姿等をご覧いただきながら基本デザインをお決めいただきます。
– ディテイル:お客様と厚井氏が「対話」を重ねて「オリジナル度」を高めてまいります。
– レザー:常時ご用意しているアノネイ社などヨーロッパのトップタンナーのレザーおよび、今回のトランクショウで初めてご用意するスペシャルレザーの中からお選びいただきます。
– 仮縫靴:採寸後、約4~6ヶ月で完成いたします。フィッティングも厚井氏が行います。
– 本縫靴:仮縫靴フィッティング後、約3~6ヶ月で完成いたします。
– オーダー価格:¥190,000 +tax~ (フルハンドメイド&仮縫い付きビスポークシューズとしては破格です!)

 

*ローファータイプの短靴・ブーツは2度目のご注文より承ります(詳細はお問い合わせ下さいませ)。
*予約制ではありませんので、どうぞお気軽にご都合のよろしいタイミングでご来店下さいませ。
*より正確な採寸のためいつもドレスシューズをお履きの際にご着用のソックスをご持参下さいませ。

—–

 

どうぞ何卒よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

本日のJOHN HIATT音源は決定的な傑作とされている(もちろん僕もそう思っています!)8thアルバムBring The Family(1987年作品)です。

RY COODERがG、NICK LOWEがB、JIM KELTNERがDという極上の布陣は、今までの7作品にはない豊かな演奏とサウンドプロダクションを産み出しました。

楽曲ももちろん最高です!

1980年代最高のアメリカンロックアルバムと評する識者が少なくないのも納得の傑作です!

僕がJOHN HIATTに出会ったのもこの作品でした。

 

 

 

 

では、オープニングチューンMemphis In The Meantimeをライヴ動画でどうぞ。

 

 

JOHN HIATTの名曲群の中で、私的「最も好きな5曲」に入る一曲です!

ちなみに、レコーディングメンバーではなく、次作Slow Turning(これまた超名盤!)で招集するTHE GONERSを従えて、つまりスライドギターの名手SONNY LANDRETHを従えてのライヴですね。

最高ですね!!

 

 

 

 

7th. Oct. 2018

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.