Ryoji Okada Official Website

Diary

本日(10.22 Fri)より先行受注開始いたします!Option free campaign for made-to-measure shirts!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

10月・11月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

僕の最新作:Super cool polka dots shirt and mask!

 

 

“♡ Camo” umbrellas 本生産中です。!ご予約受付中

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 

 

 

 

昨日は11ゲームが行われたNBA🏀

我らが日本人最注目ゲームはWAS@TORだったのですが「個人的な理由でチームを離れていたR.Hachimuraは合流こそしたもののまだ調整不足で出場出来ず」かつ「Y.Watanabeは怪我で出場出来ず」だったので興味半減。。。

そこで昨日はBKN以外にMILの対抗馬になりうる東の2チーム:かなりの補強に成功したCHIと未だB.Simmons問題(笑)に揺れるPHIの2チームに注目してみました。

CHIのZ.LaVine、D.DeRozan、L.Ball、N.Vucevicという並びは少々小粒感はありますけれど可能性を感じさせますよね。

日本においてもCHI人気は根強いはずなので、ファンの方は久し振りに熱い想いで開幕を迎えているのではないでしょうか。

昨日も圧勝は出来ませんでしたが格下相手に取りこぼすことなくしっかり勝利しました。

僕は人生おいて一度たりともCHIを応援したことはないのですがなかなか興味深いチームですね。

ですが、更なる補強を行わないとMILの屈強なインサイドには太刀打ち出来なそうな気がします。

一方のPHIはチームには戻ったものの練習態度の問題等で1ゲームの出場停止を課されたB.Simmonsの出場こそありませんでしたが、こちらもしっかり快勝(相手がZ.Williamsonを欠くNOHではあったものの)しました。

チームに戻るまでの顛末と戻ってからの態度を別とすればB.Simmonsにもかなり気の毒な面がありますし、この状態にチームメイトやファンも辟易しているようなので何とかトレード先を見つけるのが関係している全員にとって最良のオプションだとは思うのですがなかなかうまくいかないようですね。

候補に挙がっていたM.BrogdonもINDと契約延長の合意に達しましたしね。

PHIがMILの対抗馬に浮上するケースは「①B.Simmonsを同レヴェルのプレイヤーとトレード出来た時」「②B.Simmonsがいきなり改心しチームメイトもそれを受け入れた時」に限られているでしょうか?

そして、今のところはどちらも難しそうなので今シーズンもMILがThe Finalsに進出する可能性はそこそこあるように思えます。

優勝候補最右翼のBKNはK.Irvingのワクチン接種問題を抱えていますしね。

まあ、まだ開幕してたったの3日目ですけれど(笑)。

今日は@MIA戦です。

J.Holidayはお休みでしょうから、その穴を新加入のG.Allenが埋めるのか、再加入のG.Hillが開幕戦での動きの悪さを払拭して埋めるのか楽しみです😊

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「オプション」といえば。

オーダーシャツの¥3,300offキャンペーンが終了したばかりですが。。。

楽しみにして下さっているお得意様がたくさんいらっしゃる「オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン」を明日(10.23 Sat)から開催します!!

*本日(10.22 Fri)よりフライング先行受注を承ります😉

こういったキャンペーンです!

 

—–

オーダーシャツの有料オプションが「シャツ1枚につき合計3つまで無料になる」スペシャルキャンペーンを10.23 Fri ~ 11.14 Sunの期間限定で開催いたします。ぜひともこのとてもお得な機会にこだわりと遊び心を満載にした「世界で一枚だけの最高にエキサイティングなシャツ」をオーダー下さいませ!

 

オーダーシャツ ▶︎▶︎▶︎ ¥11,000~(Basicsコレクション収録の「国産ポプリン/ブロード無地6色」が¥11,000になります)

 

*同時開催のオーダーシャツ割引キャンペーンとは併用出来ません。

*お電話、e-mail、SNS、video電話等でのご注文・ご予約・お問い合わせも承っております!

*Women’sシャツも対象となります(下記オプションは一部Men’s専用になります)。

*英国からの取り寄せとなるRinghartコレクションやお客様のお持ち込み着分等、一部対象外素材がございます。

*「共地マスク」「デタッチャブルカラー」「本前立」「後ろ身頃ニット切り替え」等の一部オプションは対象外となります。

*シャツワンピース・シャツジャケット・サファリジャケット・カヴァーオールジャケットは対象外となります。

 

<キャンペーン対象シャツオプション一覧>

- ピンタック:¥4,400

- ハンドステッチ(カラー&カフ):¥2,750

- ビッグ/トールサイズ:¥2,200

- エポーレット:¥1,650

- シャツ地/ゴムカフリンクス:¥1,320

- 別布カラー&カフ/クレリック:¥1,100~¥2,200

- 別布ライニング:¥1,100~¥2,200

- 共地脇ピース:¥1,100

- スキッパー/イタリアンカラー:¥1,100

- ワンポイント刺繍:¥1,100

- シャツ地チーフ:¥1,100

- フラップ付きポケット:¥550~¥1,100

- 両(左右)ポケット:¥550~¥2,200

- ネーム刺繍:¥550~  

- 白蝶貝/高瀬貝/茶蝶貝/黒蝶貝ボタン:¥550~¥1,100

- スプリットヨーク:¥550

- フレンチカフス/ターンナップカフス:¥550

- Heart Shaped Tab Collar:¥550

- フライフロント:¥550

- カラーボタンホール:¥550

- カラーボタンつけ糸:¥550                and more!

—–

 

そういう方はほぼいらっしゃらないと思いますけれど。。。

ピンタック(¥4,400)&ハンドステッチ(¥2,750)付きのビッグサイズシャツをオーダーなさった場合。。。

なんと¥9,370もFreeになります (@_@)

もし素材を¥11,000の定番ポプリン/ブロードからセレクトいただいたならばほぼ半額になります!!

僕はいつもハンドステッチ(¥2,750)と別布ライニング(¥1,100~¥2,200)と刺繍(¥550~¥1,100)をつけていますので最大で¥6,050もお得になる訳ですね。

素晴らしい😊

1枚作りましょう😊😊

皆さまもぜひともこの機会にひねりの効いたエキサイティングなシャツをお得にオーダーしてみませんか?

 

 

 

 

今回作成したフライヤーです。

 

 

こちらのフライヤーはいつものようにA4両面カラーで作成しております。

そして、ご住所をいただいていてダイレクトーメール送付OKのご意志をいただいていてここ数年来にご来店やご連絡をいただいたお客様には火曜日と水曜日で発送をしました!

お手元に届きましたらぜひともゴミ箱直行ではなくご高覧下さいませ😌

裏面/記事面にはこのDiaryではちょっとご紹介が難しいお得情報も掲載されております!

ちなみにですが。。。

今回のフライヤーは色々なドラマがありました。

まずもって作成を始めたのが先週の土曜日の午後。

普通は開催1週間前には印刷が終わっているのですが今回は作成スタートが開催1週間前でした。。。

8月末からの多忙はず〜〜〜〜〜っと続いていて、やっとひと息つけたのが金曜日だったのです。

複数のタスクを同時進行することが苦手な僕なのでそれまで手をつけられないでいたんですよね。

で、土曜日の深夜で完成するはずが出来ずで日曜日に入稿、なんとか火曜日着荷で仕込みを終えました。

ほっとしたのも束の間、今度は住所録ソフトの不具合が発生してしまいどうしても住所ラベルのプリントが出来ない事態に見舞われました。

結局今回はスタッフのF君とカルテをあ行から引っ張り出してきて住所は手書きしました。

火曜日と水曜日の数時間はお客様をご対応している以外の時間帯は宛名書きとヤマト運輸さんのDM便のラベル貼りでほぼ潰れてしまいました。

う〜〜〜ん、自動的にアップデートされるソフトにしなければダメですね。。。

それはともかくとして、今回はラベルシールではなく魂を込めて宛名書きをしました!

ぜひともF君と僕の熱い魂もお受け取り下さいませ🔥(笑)。

そして、魂を込めながらも大急ぎで書いていったので漏れがある可能性が高いです。

*実際にいつもお送りしている枚数より相当数少なかったです(汗)。

もしも「ウチには届いてないぞ!」という方がいらっしゃいましたら何かの機会にお知らせ下さいませ。

次回以降はきちんとお送りするようにいたします。

では、具体例をご紹介してきましょう!

 

 

 

例えば↓こちらのシャツ↓ですと!

 

 

リバティ別布カラー&カフス:¥2,200

スキッパーカラー:¥1,100

スプリットヨーク:¥550

 

上記の¥3,850分のオプションがフリー/無料となります!

 

 

 

例えば↓こちらのシャツ↓ですと!

 

 

ハンドステッチ:¥2,750

別布ライニング(リバティプリント素材使用):¥2,200

別布カフリンクス:¥1,320

 

上記の¥6,270分のオプションがフリー/無料となります!

 

 

 

例えば↓こちらのシャツ↓ですと!

 

 

白蝶貝ボタン:¥1,100

フライフロント:¥550

スプリットヨーク:¥550

 

上記の¥2,200分のオプションがフリー/無料となります!

 

以上です!

ぜひともこの機会をご利用下さいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます!!!

キャンペーン説明文にあります「同時開催のオーダーシャツ割引キャンペーン」については明日ご紹介します😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きのTHE CHIEFTAINS音源、今日は3年以上に渡る制作期間をかけて作られた「世界各地で活躍女性アーティストの深みのある歌声と伝統的なアイルランドミュージックが持つシンプルな美しさを結びつけたい」というPADDY MOLONEYの夢を実現した作品Tears Of Stone(1999年作品)です。

詳細はこちらを見て欲しいのですが錚々たるメンバーが参加しています。

これだけのメンバーを招くことが出来るのはさすがというしかありませんね。

我が日本からもAKIKO YANOが呼ばれているのは嬉しい限りです。

すごいのはもちろんメンバーだけでなく音楽的にも極めて優れた作品に仕上がっています。

女性シンガーならではの優しさ、THE CHIEFTAINSとの共演だからこその透明感、そしてアイルランドミュージックの雄大さを堪能出来ます。

僕はダンスミュージックとしてのアイルランドミュージックが大好きなのですがこういったアプローチもとってもいいですよね。

心安まると同時に心温まります。

どのシンガーとの共演も素晴らしいですけれど、僕は特にBONNIE RAITTとの2. A Stór Mo Chroí、JONI MITCHELLとの4. The Magdalene Laundries、THE CORRSとの6. I Know My Love、JOAN OSBORNEとの11. Raglan Roadが好きかな〜〜〜!?

BONNIE RAITTを聴きたくなってきたな(笑)。

 

 

 

 

では、本作収録曲ではありませんがTHE CORRSとTHE CHIEFTAINSのライヴ動画をどうぞ。

 

 

サイコーですね〜〜〜!

 

 

 

 

22nd. Oct. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.