Ryoji Okada Official Website

Diary

人材募集! LOUD GARDEN 第2章を一緒に創ってくれる方を探しております!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.31 Sat – 2017.1.2 Monの3日間は冬季休業をいただきます。

 

 

M-65ジャケットのオーダーを始めました!

 

 

本日(12.20 Tue)は大川さんがヘルプで15:00頃からきてくれる予定です!

 

 

 

 

 

 

LOUD GARDENがグランドオープンした2012年のロックの日(6.9)。

昨日のようでめちゃくちゃ昔のようで。。。

あの日の諸々の記憶は僕の脳みそには今でも鮮烈に刻み込まれています。

それはともかく。

ご存知の通り、グランドオープンの数ヶ月前からTeam LOUD GARDENにジョインしてくれていた大川”Loude Girl”知沙子は約5年間の活躍を経て11月末に退社(12月もヘルプで来てくれていますけれど)しました。。。

そして彼女は新年からまったく違う業界で新たな路を切り拓きます。

とっても彼女らしい路です。

大川さんの新たな歩みに幸あれ!!

 

一方の我々Team LOUD GARDENは、来たる2017年1月から大川さんに優るとも劣らぬタレントを持った女性スタッフを迎えての新体制で臨む。。。

予定でした。。。

実際は、永くLOUD GARDENを支えてくれていた大川さんがいなくなるのは大いに痛手ですしとても哀しかったけれど、彼女が歩む新たな路がLOUD GARDEN以上に彼女にフィットしそうなこととその話が出てすぐに出会えた新たなスタッフ候補の方がすごいポテンシャルを秘めていそうだったので、ここ数ヶ月の僕はまったくもって至極ポジティヴでした。

 

が。。。

しかし。。。

残念なことに。。。

やんごとなき理由(←本当です!)でその方がどうしてもジョイン出来なくなってしまいました。。。

かなりショックではありましたが致し方ないです。

Tさんの今後のご活躍も心より祈念しております!

 

という訳で、現在真剣に新たなスタッフを探しております!

 

 

 

 

ファッションが好きなのは大前提として、

 

1. 何事にも前向きな方

2. 丁寧な仕事が好きな方

3. 好奇心が旺盛な方

 

上記の要素をお持ちの方だととっても嬉しいです 🙂

世界で一軒だけしかないアヴァンギャルドでクールなテイラーの輝かしい第2章を一緒に創りましょう!

 

 

また、お給料はスキル等を伺ってのご相談になりますが、以下に情報を記します。

 

–  勤務内容:接客と簡単な事務(経験によっては試用期間あり)等

–  経験有無不問

–  性別不問

–  年齢不問

–  交通費支給(上限あり)

–  週休2日制(基本は水・木休み)

–  勤務地:LOUD GARDEN(東京都港区南青山4-1-3セントラル青山001)

–  営業時間:月・火・金 12:00-20:00  土・日 11:00-20:00

–  勤務開始日:ご相談

–  その他:いきなり難しい採寸や受注作業をやっていただくことはありません。採寸等はきちんとお教えし、その後の当面の受注はシャツを中心にやっていただきます。難しいことは何もありません!

 

以上です。

 

 

こんな年の瀬に、新たな職場を求めて外苑前の零細企業までお会いしに来ていただける方は少ないとは思いますが、もしご興味のある方がいらっしゃいましたらぜひとも一度ご連絡下さいませ!

コンタクトは、E-mail(info@loudgarden.com)でも、お電話(0364389563)でも、SNS経由(例えば僕のFacebookアカウントのメッセンジャー)でもなんでも大丈夫です。

そして、もしお友達や知人に新しいお仕事を探している方がいらっしゃいましたらぜひともご紹介をお願いいたします!

 

 

実に切実なお願いです!!

よろしくお願い申し上げます!!!

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も2016年リリース音源を。

この世界がLEONARD COHENを失った今、彼と同じようなレヴェルとアティテュードで歌と言葉を紡げる、そして、ステージ上で必ずスーツを着ているただ一人の音楽家にして詩人、NICK CAVE率いるNICK CAVE & THE BAD SEEDSのSkeleton Treeです。

2013年リリースの前作Push The Sky Awayも美しい作品でしたが、本作はそれを更に推し進めると同時に、制作前にご子息を亡くした影響でものすごく悲しく重いオーラに包まれたひんやりとした(中にも温かさが垣間見える)感触の内容に仕上がっております。

このタッチが苦手な人は恐らく少なくないと思いますし、New Wave/Punkシーンから出てきた彼らの超初期からのファンの方々はどう捉えるのか分かりませんが、僕はこの感触がとても好きです。

今までいくつもの金字塔を打ち立てた長身の音楽家が痛々しいほどにこじんまりした裸体を晒している、とでも表しましょうか。。。

至極イノセントな作品です。

もしも自暴自棄になりかけた日もあった2015年に聴いていたら。。。

完全に壊れて何もかも投げ出していたか涙の海に溺れていたかも。。。

(恐らく)本作の作風には上記の極めてパーソナルな事柄が影響を与えているため、次作はこのような内容にはならないと思いますが、つまり、数年後になって遡ればやや異色な作品という位置付けになる可能性もありますが、孤高のアーティストNICK CAVEとしては「絶対に作る必要があった」作品に違いありません。

そういった意味でもリアルタイムで聴けたのは幸せかも。。。

とにもかくにも、もしも「アレ」がなかったら年間ベストにも挙げたくなる美作です。

 

 

では、6曲目収録I Need Youのミュージックヴィデオを。

 

 

う〜〜〜〜む。。。

NICK CAVE。。。

やっぱり最高!

 

 

20th. Dec. 2016

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.