Ryoji Okada Official Website

Diary

ご来店なし(Facebook Pageのダイレクトメッセージ)でご注文いただいたダンディなネクタイ!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 新色“♡ Camo” silkの既製品(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)完成しました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

(ほぼ)通常営業再開いたしました!

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です!

 

 

 

昨日の午前中にも偉大な先人から電話がありました。

おとといは飲食店を経営なさっている&お得意様、昨日は縫製業界のダンディな重鎮からでした。

一瞬「もしかしたら。。。先が見えんしもうやめるで!という話??」と思いドキッとしましたが、違いました、良かった😌

ちなみに用件は、市場(というか小売最前線)のリサーチでした。

変に虚勢を張っても、逆に悲観的になっても仕方がないのでありのままを話しましたけれど、彼の話を聞いたらどこも大変みたいです。。。

重鎮は「今までで最も悪いなぁ。。。」と仰っていました。

東大阪の方なのですが、阪神・淡路大震災、リーマンショック、東日本大地震(とそれにまつわる原発問題)、複数回の消費増税等々をご自身がトップを張って乗り越えてきた方がそう仰るんだから、今回が未曾有の危機というのは間違い無いですね、きっと。。。

その重鎮によれば、どこもかしこも厳しい服飾業界の中でも特にフォーマルウェア業界は強烈な打撃を喰らっているようです。。。

そりゃそうかぁ。。。

それから、多くの既製品を販売している会社は我々よりもう一段厳しさが上のようです。。。

それもまあそうかもしれません。

なんだか、大阪のU社さんを筆頭に「発注した商品を引き取らない(= お金を払わない)」「発注した商品を引き取る代わりに大幅な値引きを要求する」という、いろいろな意味で危険な愚行に走っている大手さんもあるようですし。。。

というようなことを昨日は15分ほど。

昨日のやり取りでなにか新しいアイディア等々が出てくる訳では決してないんですけれど、LOUD GARDENを設立直後から現在までまるで「親戚のおっさん」のような感じで僕を可愛がって下さっている重鎮が心配してわざわざ携帯電話に連絡してきてくれるのは嬉しいですし、最後に「まあ、頑張ろうや!」「ですね!頑張ります!!」という会話を交わすとじわりと元気が出ます😊

という訳で、昨日おとといとご来店はめちゃくちゃ少なかったです(昨日は「0」でした😭)けれど、焦らず、腐らず、奢らずで今日からもまた頑張っていきたいと思います!!

つきましては、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております!!

そして、引き続き、お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom等を利用しての「リモートオーダー」もどうぞ何卒よろしくお願いいたします☺️

 

 

 

 

ところで。

「ダンディ」「リモートオーダー」といえば。

今日は、A WORKROOM時代からのお得意様で現在は北九州にお住まいのとってもダンディなW様からリモートオーダーをいただいたネクタイをご紹介します!!

Facebook pageのダイレクトメッセージで、「少し前にアップしていたこのネクタイまだありますか?」とご連絡をいただき「はい、まだ生地在庫がございますのでいちからお作りいたします!」とご回答したところ「ああ、オーダーなんですね!ではお願いします」といった流れでご注文いただいた1本です😊

正統派英国人的ダンディのW様です、バイカラーやセヴンホールドといった少々トリッキーな仕様にはせず、最近の既製品ではほとんど見られない「大剣巾9.0㎝」になさいました。

そして、英国的にライニングはファンシーなカラーになさいました🇬🇧

さすがです!

では、早速見てみましょう!!

 

 

 

 

こちらです。

 

 

 

美しいブルーとアートのようにドットで表現したペイズリーが最高にスタイリッシュな1本ですよね😉

ネイヴィブルーのスーツによし、グレイ系統のスーツによし、そして、ここ最近トレンドのブラウン系やベイジュ系のスーツやジャケットにもばっちりです!!

実はこのネクタイ地、経糸(タテイト)は通常のネクタイ地同様にSilkなのですが、緯糸(ヨコイト)はCotton(53% Silk + 47% Cotton)でして、それ(コットン混紡)ゆえの独特の膨らみと(少しだけ)カジュアルな「表情」も大きな魅力です😉

ですので、コットンスーツやリネンジャケット等との相性も抜群だと思います!!

例えば、ホワイトリネンのスーツと合わせても素晴らしくスタイリッシュではないでしょうか??

ホワイトリネンのスーツを持っている人なんてなかなかいないだろうって?

はい、そうかもしません、いや、その通りです!!

でも、ダンディなW様のワードローブには鎮座している可能性があります😎

それはともかく、きれいなイエローのライニングとカンヌキ止め糸もとっても素敵ですよね!!

思わず「チラ見せ」したくなります!!

さて、上述の通りW様は、僕がA WORKROOMという「LOUD GARDENの原型」のような小売店を某メンズアパレル会社と一緒にやっていた時からのお得意様なのですが、そのW様をしてLOUD GARDENで取り扱っているオーダーネクタイの存在をご存知ではありませんでした。

そして、昨日いただいたダイレクトメッセージには、「無事に受け取りました。素晴らしい仕上がりで気に入りました」という大変に嬉しいご報告とともに「 最近のネクタイは細目な傾向ですから、大剣9.0㎝程度の太めのものが珍しくなりました。 オーダーする手があったとは! とてもリーズナブルですので、さらにアピールされるとよいと思います」とのご助言をいただきました!!

確かに。。。

W様が今回初めて知ったということは、他のお得意様の多くもご存知ないので可能性があります!!

なので、今後はネクタイのアピールもきっちりしていこうと思います😊

という訳で今日は、昨日お手元にお届けしたばかりのW様のネクタイをご紹介しました!!

 

オーダーネクタイ(国産素材仕様):¥13,000+tax~

*インポート素材の場合は¥17,000+tax~になります。

*made in Japanです🇯🇵

*長さ・太さ・シルエット・芯地(の厚さ)・裏地/カンヌキ止めのカラーが選べます。

*大剣/小剣バイカラー・セヴンホールド・イニシャル刺繍・共地ポケットチーフ等のオプションもございます。

 

以上です!

 

W様、いつも本当にありがとうございます。

このような時のリモートオーダー、本当に有り難かったです!

そして、このようなご時世でございます、どうぞご自愛下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のYNGWIE J. MALMSTEEN作品は8thアルバムMagnum Opus(1995年作品)です。

MICHEAL VESCERAをシンガーに招いての2作目(そして最終作品)ですね。

前作The Seventh Sign(1994年作品)には遠く及びませんが、そして、完全にタイトル負け/名前負けをしていますが、悪くない作品だと思います。

でも、作り急いだせいか、制作中にバンド内で不協和音が発生したせいか、練られていない楽曲が多いように感じますね。

なので、聴いていて「ハッ!」とすることがほとんどありません。

そこが前作との決定的な違いかな?

それから、あまり覇気がないというかキレがないというか、今ひとつ締まらない印象も受けますね。

それが楽曲のせいなのか、MICHAEL VESCERAと合っていない感じの曲が散見出来るからなのか、前作を踏襲した(タイプ別の「曲の並び」まで似ています)せいなのか分かりませんが、全体的にテンションが低めな印象を受けます。

YNGWIEのGもクリエイティヴィティに欠けるかな???

という、やや辛口評価をしたくなる作品ですが、8. Cross The Line、9. Time Will Tell、10. Fire In The Skyの並びなどはとても素晴らしく聴きどころも少なくありません😊

ちなみにMICHAEL VESCERAは、本作リリース後にボスであるYNGWIEの奥さんを寝取ったという誤解(本当かな?)から首になってしまうのですが、相性は良かったと思うので本作の低評価に奮起してもう1枚くらいは作って欲しかったですね。

すごくいいシンガーですもんね😊

しかし、俺はなんだってYNGWIEの音源を連日聴いているんだっけ???笑

 

 

 

 

では、オープニングを飾る疾走曲Vengeanceをライヴ動画でどうぞ。

 

 

なかなかのパフォーマンスですよね!

そして、なかなかの良曲ですよね!

でも、前作のオープニングチューンNever Dieのインパクトにはやっぱり負けてますよねぇ。。。

 

 

 

 

20th. May. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.