Ryoji Okada Official Website

Diary

ご来店なし(Facebookのメッセンジャー経由)でご注文いただいた初受注の「オーヴァーシャツ」!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 新色“♡ Camo” silkの既製品(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)完成しました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

(ほぼ)通常営業再開いたしました!

 

 

オーダーシャツのオプションフリーキャンペーン開催中です!

 

 

 

10年弱住んでいて、少なくないお得意様が住んでいらっしゃって、友達もそこそこいる関西3府県の緊急事態宣言が解除されたのはとても喜ばしいです😊

しんどい思いをしているお得意様/仲間もたくさんいるでしょうし、そもそも大阪人が元気じゃないと日本全体が困りますからね😎

それから、おとといの神奈川県の新規感染者が18人だったのは少しイヤな感じではありますが、このまま首都圏もなんとか月末を待たずに解除される方向に進んで欲しいですね!!

そして、年末あたりにまた関西出張に行って、京都の仲間とハングオーヴァーを恐れることなくしこたま飲んで笑いたいです🍻

ごくごく普通だった日常が本当に恋しいですね!

 

 

 

 

ところで。

「オーヴァー」といえば。

今日は最近完成してお送りしたばかりの、そして、今シーズンの新アイテム「オーヴァーシャツ」をご紹介します!!

独立時計師をなさっているお得意様N様から「お元気ですか!」とFacebookのメッセンジャー経由でご注文いただきました😌

このような時に本当にありがたいです!

ちなみにオーヴァーシャツとは、「シャツやカットソーの上に羽織るシャツ仕立てのカヴァーオールジャケット風シャツ(説明が長い!)」のことです!!

今まで展開していたアイテムでは、サファリジャケットやカヴァーオールジャケットが近い用途の「仲間」になりますが、オーヴァーシャツはよりくだけた感じに仕上がります😊

そして、サファリジャケットやカヴァーオールジャケットとは異なりアップチャージ不要、つまり、シャツと同じ価格でご注文いただけます😵

というナイスアイテムなので、ゴールデンウィーク前後にイチオシアイテムとしてプッシュしようと思っていたのですが、このような事態になったので出来ず。。。

ご注文も今のところN様のこの1着のみしか入っておりません😭

でも、仕上がってみるとやっぱりすごくいいので、今後はバンバンご注文が入る。。。に違いないと信じております!!!

では、ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

オーヴァーシャツは「オーダーシャツ用コレクション」から素材をセレクトいただくのですが、今回はイタリアの大手スーツ地メーカーReda社が技術の粋を集めて生み出した「シャツにも使える(というかシャツがメイン用途の)ウォッシャブルウールコレクション:Active」のマイクロハウンズトゥースでお作りしました!

薄くて軽いだけでなく水洗いが可能かつストレッチ性にも優れたこの素材は、シャツやカットソーの上に羽織る「オーヴァーシャツ」にこそ最適かもしれません😎

ウールならではのドレープ感がとってもいいですよね😊

デザイン的にはまずもって、オーヴァーシャツ専用の「カーヴスタンドカラー」がとてもモダンクラシック、そして、知的ですごく素敵ですよね!

そして、「ジャケット感」を醸し出している、フロントの15㎜ボタン(一般的なシャツは10㍉です)と3パッチポケット(胸ポケットを左右につけて「4パッチポケット」にすることも可能ですし胸ポケットなしにして「2パッチポケット」にすることも可能です)も素晴らしくナイスです!!

う〜〜〜ん、これにアレンジを加えたオーヴァーシャツ、僕も欲しい!!

では、ディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう😉

 

 

 

ラウンドスタンドカラーです!

 

 

上述の通り知的な感じがしてすっごくいいですよね!

インナーのシャツをタイドアップしても綺麗にまとまると思います😊

ちなみに。。。

普通のシャツでもこのカラーで出来るといいのですが、残念ながら現状はオーヴァーシャツ専用になります。。。

再度ちなみに。。。

現状オーヴァーシャツのカラーは3種ご用意しています。

このカーヴスタンドカラー以外の2種はシャツと共有(ワンナップカラーとテイラーカラー)になります😊

 

 

 

カフスです。

 

 

(こちらもオーヴァーシャツ専用なのですが)「トライアングルカフス」です!

オーヴァーシャツにもオーダーシャツ用のカフスがつけられる(ただし、シングルボタンのシングルカフスのみです!)のですが、やっぱりこれが一番「らしい」でしょうか???

あ、カフスなしの「筒袖」も可能なのですが、意外と筒袖も「雰囲気」かもしれません!

それから半袖も可能なのですが、オーヴァーシャツで半袖は、さすがに。。。ないですよね😎

 

 

 

身返し(内側)はかなりの「細身返し」、ほとんどシャツです!

 

 

正確にはシャツよりわずかに身返しが太い/長いのですが、それでもサファリジャケット等に比べてかなり短いです。

軽くて涼しくて夏に向けて最高ですよね!

 

 

 

最後にオーヴァーシャツですから、シャツの上に「着せた」写真もお見せしますね。

 

 

すごくいい感じですよね😉

上述もしましたけれど、タイドアップしても絶対にクールです!

オーヴァーシャツはシャツと同価格なので、Basicsコレクションのブロードの無地でしたら¥10,000+taxでオーダー可能です!

さすがに¥10,000の素材は完全にシャツ向けなのでアレですが、Book Ⅱのシアサッカー等で作ってみても絶対にいいと思います😊

ちなみにBook Ⅱのシアサッカーは¥13,000+tax~です!!

 

 

 

この素材です!

 

 

 

 

ストライプ5マーク、ミニギンガムチェック5マーク、無地3マークと大充実のコレクションです!

*シアサッカーは他に国産で昨夏からの「残党」のナロウストライプ、Cancliniの新作2マークをご用意しております!

という訳で、ぜひともこの夏の「羽織りもの」に最新アイテムのオーヴァーシャツをお願いいたします!!

*申し訳ありません、オーヴァーシャツはオプションフリーキャンペーン対象外となります。

 

以上です。

N様、いつも本当にありがとうございます。

事態が収束いたしましたらぜひともまたいらして下さいませ。

そして、このようなご時世でございます、どうぞご自愛下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のYNGWIE J. MALMSTEEN音源は10thアルバムFacing The Animal(1997年作品)です。

本作以降のアルバムは(本作含めて)3作品しか所有していない(つまり「楽しい苦行」のようなYNGWIE音源の聴き直しもあと3日です笑)のですが、この3作品はいずれも聴く頻度が極めて低い音源です。

そもそも「初期3枚 + 前々作The Seventh Sign(1994年作品)の4枚」と「それ以外の音源」では聴く頻度がまったく違う(前者が多い)のですが、後者の中でもこの3作品は特に低頻度です。

恐らくですが、いずれの作品も生涯で10回も聴いたことがないと思います。

なので、この3作品はかなり僕の中ではこんがらかっていて、誰が歌っているか?とか、どんなアプローチの作風だったか?とか、キラーチューンはあったか?とかをまったく把握していません。

それが証拠に、数日前に「1990年代の作品ではThe Seventh Signに次ぐくらい充実した作品は。。。Alchemy(1999年作品)だったかな?」という趣旨のことを書いたと思いますが、それは多分Alchemyではなく本作です。。。

ジャケットのアートワークがあまりにもB級(いや、C級?)過ぎて勘違いをしていたようです(笑)。

それはともかく、本作はドラマーとして「あの」COZY POWELLが、プロデューサー/エンジニアとしてCHRIS THANGARIDESが参加しています。

当時既に大御所だったふたり、つまり、YNGWIEにモノを言える人物ふたりが参加したのはかなりの好材料だったようで、かなり「バンド」らしい、そして、変化に富んだ作品に仕上がっています!!

楽曲もかなり練られているし、これまでにはなかったタイプの曲も複数収録されているし、かなりの意欲作ではないでしょうか。

タイプは割と前任のMICHAEL VESCERAと似ているけれど(つまり、解雇しなくてもよかったんじゃない?と思うけれど)、TREAT等で歌ってきた新シンガーMATS LEVéNの熱唱もよくはまっていますね!

バラードで極めて叙情的なソロをキメるなど主役YNGWIEのギターもかなり冴えて異様に聴こえます!

時代の要請かかなりヘヴィなアプローチな作品ですが、それに無理やり感がないのも好感しますね。

「決定的な楽曲」がないという弱みはあるものの、よく出来たアルバムです!

前作Magnum Opus(1995年作品)やFire And Ice(1992年作品)よりも断然いいじゃないですか!!

覚えておこう(笑)

 

 

 

 

では、キャッチーな9曲目Alone In Paradiseのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

これはなかなかの良曲ですよね〜!

動画はダサいけれど(笑)。

 

 

 

 

22nd. May. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.