Ryoji Okada Official Website

Diary

「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーン用のオススメ着分①:Thomas Mason

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

年末年始の営業/休業につきまして

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン用のオススメ素材

 ① スワッチコレクション全マーク

 

 

 

 

昨日のTNF: KC@LACは期待以上の好ゲームとなりました🏈

P.Mahomesの調子がいまひとつな感じだったのでLACにも十分に勝機はあったと思うのですが、最終的にはOTの1stドライヴでKCが勝負を決めました。

KCはAFC Westの首位を堅持し遂にAFCの首位に立ちました。

なかなかどうして劇的な昨日の勝利で「本命」がいよいよ目覚めた感じですかね。

3年連続SB進出なるか、T.Bradyを失って再建モードに入るかと思いきやルーキーQBのM.Jonesがで「当たり」でAFCの2位につけている老獪なNEがKCを止めるのか、BALがここから巻き返すのか。。。

TENも侮れませんし、週末のゲームデイも目が離せませんね!

 

 

 

 

ところで。

「期待以上」といえば。

昨日お知らせした通り、本来は12.25 Satスタート予定だった半年に一度だけのビッグセール『「①工場の閑散期利用」「②国内有力生地メーカーの協力」「③ご注文を一定量集めてからの一斉裁断」といった諸条件が整って初めて実現する「オーダーシャツ × 2= ¥17,600~キャンペーン』の先行受注を昨日よりスタートしました!

昨日はちょうど10枚のご注文をいただきました。

ありがとうございました!

そして、これもお知らせした通り、昨日のキャンペーン専用スワッチコレクション全マークご紹介に続いて、今日からキャンペーン専用着分コレクションをご紹介していこうと思います!

とはいえ、国産着分400着分・インポート着分100着分を全マークご紹介するのは物理的に不可能なので、厳選に厳選を重ねた超オススメ着分を1日4~10マーク程度ずつご紹介していくつもりです😉

色々と注文をつけて依頼したこともあり「期待以上に充実した着分コレクション」が入荷しているので全マークご紹介したい気持ちもあるのですが、それをやると3日間くらいそれだけに没頭しないと無理なので断念しました!

初日はみんな大好きThomas Masonです!

後述もしますけれど、インポート素材は2枚で¥28,600~(1枚換算だと¥14,300~)です。

通常のThomas Masonコレクションは平均価格帯が¥22,000前後ですからね、35%off前後でオーダー出来るという訳です!

つまり、気になる着分があったならば「買い」です!!

しかも基本的にインポート着分は1着分のみしか入荷していないので気になる着分があったならば「早め」のご連絡が吉です!!!

*複数ある着分は文中に記述をいたします(記述がない場合は1着分のみの入荷となります)。

*お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お取り置きも可能です。

*お取り置きは1週間程度までとさせていただきます。

*ご注文/お取り置き/お問い合わせは個別画像左上に記しますSFから始まる品番でお願いいたします。

ではいきましょう。

 

 

 

まずはスマートカジュアルシャツ、エッヂーなドレスシャツにぴったりなチェック4マークです。

 

 

いかにもUKっぽい、いかにも英国ルーツのThomas Mason(現在はAlbiniの傘下に入っているためコレクションはすべてmade in Italyです)っぽいチェックですよね!

どれもインパクトあふれるチェックでかっこいいです!

個人的には上のタータンチェック2マークのどちらかでカラー&カフスを無地素材(ホワイト無地ではなくカラード無地がいいかな?)にしたドレッシーなシャツを作りたいですね。

では左上から時計回りで全4マークを個別画像でしっかりと見てみましょう!

 

 

 

左上:SF97202

 

 

ブルーとパープルのコンビネーションが絶妙過ぎるタータンチェックです。

ホワイトのウィンドウペーンもとっても効いていますよね😉

ブロード/ポプリンやツイルといったドレッシーに寄った組織ではなく若干のカジュアルさを持ったピンポイントオックスフォードというのもいいと思います!

現在縫製中の/年末に仕上がると思われるモッズスタイルのダブルブレステッドスーツに合わせる用のシャツを作りたいです!!

その場合、カラー&カフスはブルー無地にしたいですね!!

デザインはラウンドカラー系かピンホールカラー系にしたいです。

こちらは僕もぜひ作りたいので2着分入れてもらいました!

こちらは残り1着分となりました!

 

 

 

右上:SF97203

 

 

SF97202のカラー違い:ブラウンです。

こちらのカラーも抜群にクールですよね!!

実はこちらは前回も入荷していたのですが、今回のように「オススメです!」とご紹介したところすぐにお取り置きのご連絡が入りました。

そして、前回は1着分のみの入荷だったので、上記ご連絡後に「Diaryで紹介していたThomas Masonのタータンチェックはどれですか?」と複数のお得意様からご質問をいただいたのですがその方たちは「時すでに遅し」状態でした。。。

という訳で、今回こちらは「あるだけ入れて!」と依頼したら2着分だけ入ってきました!!

絶対にかっこいいシャツが仕上がりますので「お!?」と思った方はお早めにお願いいたします😌

 

 

 

こういったシャツになります。

 

 

ね?

めちゃくちゃいいですよね!!

 

 

 

右下:SF97204

 

 

ブラウンとパープルとホワイトというカラーリングがとっても素敵なチェック素材です。

BDカラーが合いそうな色柄ですよね!

あるいは、意外とクレリック仕様でビシッとクラシカルなドレスシャツを作っても面白いかもしれません。

組織はこちらもピンポイントオックスフォードになります。

 

 

 

左下:SF97205

 

 

ブルーのウィンドウペーンがとっても効いているモノトーンのタータンチェックです。

先にご紹介した3マークと異なりこちらはツイル組織になります。

ただ、シルキーでドレッシーなツイルではなくかなり打ち込んだしっかりしたツイルなのでガンガン着用するカジュアルシャツにもバッチリ使えると思います!

両胸にフラップ付きのポケットをつけるなど完全に「カジュアルに振った」シャツを作ってもいいでしょうね😊

こちらも2着分入荷しております!

こちらは残り1着分となりました!

 

 

ドレッシーな4マークです。

 

 

今回入荷したThomas Masonの着分はチェックが多いのですがこのような無地やストライプ、遠目には無地に見えるチェックも入荷しております。

こちらはいずれも1着分のみ。

そして、通常コレクションにもあまり入ってこなさそうな色柄です。

つまり「希少性高し!」ですので気になる方はぜひともお早めにお願いいたします😌

こちらも左上から時計回りに個別画像をお見せしますね!

 

 

 

左上:SF91480

 

 

この端正なストライプよ!

最高ですよね😉

特に少し濃い目のライトブルーとツイル組織特有の優雅な光沢が白眉です!

どう作っても爽やかにしてハンサムな1枚になること間違いなしだと思います。

が、やっぱり、こちらはクラシカルにいきたいですね、個人的に!!

具体的にはタブカラーにフレンチカフス(ダブルカフス)といった感じでしょうか。

超オススメです!!

 

 

 

右上:SF96020

 

 

マイクロツイルのライトピンク無地です。

これまた上品で優雅な素材ですよね!!

今回入荷した着分でピンク無地はこちらだけ(国産着分に遠目には無地に見えるヘアラインストライプがありますが完全な無地はこちらだけ)ですので、「ピンク系のシャツを新調したい!」という方はぜひともこちらでお願いします😌

 

 

 

右下:SF90240

 

 

ピンクのグラフチェックです。

こちらも細番手のツイル組織ベース、ご覧の通りツイル故のシックな光沢に恵まれています。

キリッとしたキレイなピンクなのでシャープなカラー&カフスが似合いそうですよね😉

ありがとうございます、こちらは完売となりました。

 

 

 

左下:SF90236

 

 

矢尻の先端を彷彿とさせる三角(?)柄が珍しい素材です。

こちらもベースはツイル組織です。

この柄。。。

すご〜〜〜〜くいいですよね!!

僕はめちゃくちゃ気に入りました。

どう料理するかは思案中なれど、もしキャンペーン終盤まで残っていたら作りたいと目論んでいます!

超オススメです😎

 

以上です。

 

Thomas Masonは他にも小さめのギンガムチェックやマルチカラーのストライプなどの着分がたくさん入荷しております。

「Thomas Masonは多めにして下さい!」と依頼した甲斐がありました。

ご来店の際にはじっくりチェックをしてみて下さい。

もちろん、「ん?ギンガムチェックってどんなカラー?」といったご質問があればどうぞお気軽にご連絡下さい😊

 

最後にこのキャンペーンの概要を以下にご紹介します!

 

—–

 

オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~

 

  • *通常コレクションとは異なるキャンペーン専用の国産スワッチコレクション及び着分(国産400着/インポート100着)をご用意しております。
  • *インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
  • *Women’sも同価格で承ります。
  • *1枚でのご注文は承れません。
  • *3枚目以降は奇数でのご注文も承ります。
  • *お出来上がりはご注文の2ヶ月後から2.5ヶ月後を予定しております。
  • *遠方の方やご来店が難しい方のお電話やe-mailでのご注文も承っております。
  • *次回からは2枚で¥19,800~になる予定ですが実はそれでもとってもお値打ちです!

 

—–

 

以上です。

皆さま、どうぞお誘い合わせの上ご来店下さいませ。

ご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きTHE WATERBOYSの最新ボックスセット– The Magnificent Seven – THE WATERBOYS Fisherman’s Blues / Room To Roam Band 1989-90のDisc 5: Room To Roamを。

昨日も書きましたがこのボックスセットに収録されている5つのDiscのうち唯一リアルにリリースをされた作品、トラッド色の強い路線に舵を切って賛否両論を巻き起こした歴史的傑作Fisherman’s Blues(1988年作品)の次作としてリリースされた5thアルバムのリマスター音源ですね。

僕がTHE WATERBOYSを初めて聴いたのはFisherman’s Bluesでしたが、その直後に本作がリリースされたので即購入した記憶があります。

そしてどちらも気に入った記憶があります。

とはいえ、当時は Fisherman’s Bluesを100回聴いたとしたらRoom To Roamは25回くらいしか聴いていないと思います。

それほど僕にとってFisherman’s Bluesは衝撃的な作品でした。

HOTHOUSE FLOWERSのPeople(1988年作品)とTHE POGUESのIf I Should Fall From Grace With God(1988年作品) とともに僕の音楽的嗜好を決定的に変えた名盤ですからね、Room To Roamがいかに良作でも分が悪いかな?

でも、昨日も書いたけれど改めて聴き直すと素晴らしい仕上がりですね!

豊かで優しくて柔らでリラックスした雰囲気が心地よい快作です。

 

 

 

 

では、タイトルトラックを市井のミュージシャン/シンガーと奏でたライヴ動画をどうぞ。

 

 

いいですよね〜〜〜〜!

 

 

 

 

18th. Dec. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.