Ryoji Okada Official Website

Diary

“♡ Camo” silk新色の既製品(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)完成しました!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

当面の間の営業につきまして

 

 

 

 

本日(5.1 Fri)、LOUD GARDENは引き続き「臨時休業」 & 私は13:00-20:00の予定で「店頭にてのリモートワーク」をいたします。

*現在臨時休業中につき、今月の『毎月第1金曜日・土曜日恒例の「ビスポークシューズ職人厚井康宏氏の在店」』はありません、申し訳ありません。

 

昨日は父親の命日でした。

もう亡くなって1年かぁ、早いものです。

きっと今頃、天国でも自分の居場所を見つけて麦焼酎を愉しみながら庭いじりでもしていることでしょう。

残された僕ら家族といえば。。。

新型コロナウィルス感染拡大のせいで、一周忌の法要も出来なかったし命日のお墓参りも行けませんでした。

新型コロナウィルスのバカやろー!!!

収束したらまずはお墓参りに行くからね😊

でも、亡くなったのが今年だったら、亡くなる前後に会うこともままならずお葬式も挙げられない状態だったのかな、きっと。。。

それを考えたら昨年でよかったのかも。。。

そして、この緊急事態宣言下で家族を亡くした方々の通常時とは比べ物にならない心痛を思うとなんとも切ないです。。。

さあ、今日から5月!

緊急事態宣言が延長が決まりましたが、なんとかこの難局を乗り越えなければ!!

つきましては、先月以上に頑張りますので、お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom等でのご注文、お問い合わせ、ご質問等々、何卒よろしくお願い申し上げます😌

 

 

 

ところで。

「通常時」といえば。

遂に、待ちに待った(そして、通常時ではありませんし4月中は無理かなぁと「月内納品」を半ば諦めかけていた)ブツがおととい届きました🔥

各アイテムを作ってくれた工場、工房の皆みなさまに心よりの御礼を申し上げたいです😊

本当にありがとうございました!!

そして、どうぞご自愛を!!

 

 

 

 

そのブツとは↓こちら↓です!

 

 

はい、そうです、”♡ Camo” silk新色2色の既製品3点セット(ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア)であります!

素晴らしい!!

そして、美しい!!!

いずれも僕が信頼をしている工場/工房縫製、もちろん日本製です🇯🇵

 

価格は以下の通りです。

—–

ネクタイ:¥13,000+tax~

ボウタイ:¥7,000+tax~

ポケットスクウェア(チーフ):¥6,000+tax~

*すべてフリーサイズ(1サイズ)ですが、ボウタイはサイズ調整可能なアジャスター付きです。

—–

 

なんでもかんでも値段が上がっている昨今ですが、そして、今回もまたシルクの製作費&縫製賃が上がりましたが、引き続き価格は据え置いて頑張っております!!

 

それはともかく。

今回は「ゴージャスとシックの両極」を意識してカラーを決めたのですが、既製品になるとその違いはより惹き立ちますよね!!

“♡ Camo”を知らない人は「同柄の色違い」と気がつかない可能性も高いのではないでしょうか??

ということは、使い道、つまり「合わせるアイテム/スタイル/カラー」がかなり違ってくるはずです。

例えばブラックの方は、ブラックディナースーツ、ブラックレザーブルゾン、モノトーンスタイル等々のワードがぱっと頭に浮かびました😊

そして、マルチカラーの方は、カジュアルパーティ、デニムジャケット 、ホワイトジャケット等々のワードがパッと頭に浮かびました😊

という「同柄同アイテム」でもカラーが違うとまったく用途が変わるブツです、そして、切実にセールスが欲しい(←必死です!)タイミングです、ぜひとも迷ったら2色ともお願いいたします!!!

僕もセールスに貢献するために2色とも購入しますっ!!!

では、各アイテムをそれぞれ「寄り画像」で見ていきましょう。

 

 

 

 

まずはネクタイです。

 

 

 

どちらもとってもいいですよね〜〜〜!

過去に作ったカラーでグレイやシルヴァーをお持ちの方もですね、今回のブラックはまたテイストが違いますのでぜひともお願いいたします!!

そして、マルチカラーを「好きだけれどちょっと派手かな?」と思いの方もですね、これはネイヴィブルーやベイジュとの相性が抜群で、グレイとの相性も悪くないのでぜひともお願いいたします!!

ちなみに、大剣巾はシややナロウな7.5cm、シルエットはよりシャープに見えるノーマル(膨らみがないタイプ)、長さは145.0cm、芯地は厚めの起毛芯を使用しています😊

 

 

 

ライニングは↓こちら↓、LBD社謹製&人気の「ロンドン柄」ジャカードを使いました🇬🇧

 

 

作ったネクタイの全本をチェックしてみたら、ほぼすべての裏面に異なるストリートが出ていました!

「お気に入りのストリート」がある方はぜひともお早めにお願いします😊

 

 

 

続いてボウタイです!

 

 

 

ブラックはですね、上述もしましたけれど、クラシカルなディナースーツ(タキシード)スタイルに合わせたらめちゃくちゃいいんじゃないかな?と思います😊

華やかな場において、一見するとまったく隙のないジェントルマンながら、近寄ると徐々に衿元をシックに彩るハートが見えてくる感じ/抜け感がすごく粋じゃないですか!!

マルチカラーはですね、敢えてカジュアルスタイルに合わせるとスタイリッシュですよね😉

僕も今春作ったコミック柄のシャツ等に合わせてみたいです!!

ちなみにボウタイは初めから結んでいるタイプ、14.0cm×7.0cm程のサイズ、上述の通りサイズ調整可能な尾錠付きです。

 

 

 

最後にポケットスクウェア(チーフ)です。

 

 

これはもう。。。

どちらも「間違いない」ですよね!

絶対に「買い」です!!

ちなみにサイズは、英国で主流の40.o㎝四方サイズです🇬🇧

あ、マルチカラーの方に「プリントのズレ」のようなものが見えるかもしれませんが、これはプリントミスではなく畳んでいる裏面が透けているだけですので😊

 

 

 

以上です。

いずれも超限定/少量生産、基本的に再生産をしないアイテムです!

そして、「サイズがない」アイテムです!!

そしてそして、何度も書いてしまい恐縮至極ですが、とってもセールスが欲しい今日この頃であります!!!

ぜひとも、お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom等でのご注文をお願い申し上げます!!!!

皆さまからのご連絡をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております!!!!!

もちろんライニング用の原反もまだ十分残っておりますので、次回スーツやジャケットをご注文の際にはぜひとも渾身の “♡ Camo” silkの新色をご検討下さいませ!!!!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日VANDERNBERGの新曲を聴いたら、案の定過去の作品を聴きたくなりました。

が、しかし、オリジナルアルバムはLPでしか所有していないため、今日は唯一CDがあるBest Of Vandenberg(1988年作品)を。

ADRIAN VANDENBERGがWHITESNAKEに参加するためにバンドを解散させるまでにリリースした3作品からバランスよく選曲された好編集盤です😊

初めて聴いた彼らの音源が3rdアルバムAlibi(1985年作品)なせいか、Alibiからの4曲により親しみがありますが、1stアルバムVandenberg(1982年作品)と2ndアルバムHeading For A Storm(1983年作品)の曲もかなりナイスですよね!

特に、本作でも1stアルバムでも1曲目収録の少しブルージーなYour Love Is In Vainや、6曲目収録(2ndアルバム2曲目収録)のWelcome To The Clubはすごく好きだな〜〜〜〜。

でも、やっぱり一番好きな曲は10曲目収録(3rdアルバム2曲目収録)のPedal To The Metalかな?

なかなかハードな楽曲なので、かつて一番お気に入りでした😊

ギターソロも極めてクリエイティヴなんですよね!

あ、あと、楽曲の完成度としては8曲目収録(3rdアルバム9曲目収録)のAlibiも素晴らしいです!!

この曲なんて、AORシンガーが歌ってもおかしくなさそうなメロディ展開ですもんね(←称賛です!)。

とにもかくにも、こうして改めて聴き直してみるとADRIAN VANDENBERGの楽曲作成能力はなかなか素晴らしいですね。

どの曲もメロディと構成がしっかりしていますし、サビが至極キャッチーです。

既聴感を感じさせる曲が皆無というのも、高い独創性の証左ではないでしょうか。

まあ、時々アニメソング風なサビの曲もあるし、リフ作りはそれほど優秀ではないのかも(あるいは、あまりリフ重視の曲作りをしていなかったのかも)しれませんが(ファンの方すみません)。。。

ちなみにギターもとても良い!

超絶テクニカルではないもののすごく印象に残るフレーズを弾く人です😊

この時代にもかかわらず饒舌に過ぎないのもいいですよね!

ルックスもかなりいいし、日本で人気が出たのも分かるな〜〜〜!!

そして、シンガーのBERT HEERINKもね、すご〜〜〜くいい!!

GEOFF TATEやPAUL SHORTINOといったHR/HM界最高峰のシンガーを彷彿とさせる声質と歌いっぷり(←これは褒め過ぎかな?)が見事です😊

この人がVANDENBERG解散以降にメジャーなバンドで歌わなかった(歌えなかった)のはなんだかすごく不思議です。

YNGWIE MALMSTEENが目(というか耳?)をつけても良さそうな歌唱力だし、LOUDNESSにも合いそう(MIKE VESCERAの後任とか)だし、意外とANTHRAXでも歌えそうです!!

いずれにしても、時代がそこまで味方をしてくれなかった好バンド、ADRIAN VANDENBERG意外のメンバーはこの当時と「総入れ替え」ではありますが、再始動は嬉しい限りです!!

新譜、買おうかな??

そういえば、どうでもいいことですけれど、ADRIAN VANDENBERGって高身長なんですよね。

この人とPETER AERTSやERNESTO HOOSTといったK-1黎明期のオランダ人格闘家がきっかけでオランダの平均身長が高いのを知りました!

 

 

 

 

では、なぜか本作には収録されていない&シングルカットされそこそこヒットした2ndアルバムのオープニングトラックFriday Nightのミュージックヴィデオを。

 

 

ははは(笑)。

もう40年近く前だから仕方がないとはいえ、超絶(良い意味で)ダサい曲&動画ですね!

でも、当時はこれがカッコ良かったんですよね〜〜〜!!

 

 

 

 

1st. May. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.