Ryoji Okada Official Website

Diary

The latest remake works vol.2: 赤いコートの上衿をポルカドットに変えてみる。

Hiroshima Carp / Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

9月の水曜日は13:00-20:00で営業致します。

 

 

オーダーメイドのデニムパンツ/ジーンズ始めます。

 

 

ミュージカル「ヤングフランケンシュタイン」:主演の小栗旬様のスーツとシャツをお作りしました。

 

 

必見!LBD社の極上ライニングコレクションリニュアルしました!

 

 

 

 

NPBのペナントレースは両リーグともに「いつ胴上げか?」が最大関心事になってきました。

もちろんセ・リーグはCS争い、パ・リーグは2位・3位争いも熱いのですが。

そして、そのすべての趨勢は今週中にも決すると思われます。

マジック5の我がカープは、Tの動向は気にせずひたすら勝利を積み重ねるのみ!

さあカウントダウンウィークが始まるぜ!!

と思った昨日の試合。。。

西岡選手のエラー(識者や鈴木選手によれば打撃は「天才」らしいですが、守備はまあお粗末ですよね〜〜〜〜!)から始まった無死満塁のピンチを乗り切れず2回にいきなり3失点。

押し出し死球と安部選手が強襲安打を後ろに逸らしたのもよろしくなかったです。。。

そのあとは何とかこらえたものの、昨日の野村投手は選球が定まらなかったです。。。

この時期ですから勝った負けたという結果はまだいいのですが、内容ですよね〜〜〜。

2登板連続で5回交代のエースには困ったものです。

あの内容と球数では変えざるをないですもんね。

まあ仕方がない、恐らく後2回は登板があるはずなので、次回はピシッと抑えて2年連続の2桁勝利をマーク、CSに向けて状態を出来るだけ上げて欲しいものです!

今日は中村祐選手が先発です。

昨日はTが引き分けたので現状のマジックは4です!

今日も持ち前のハートの強さを武器に7回くらいまで投げ切って、マジック減らしに貢献して欲しいものです!

Go! YUTA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「変える」といえば。

赤いコートの上衿を大きなポルカドット素材に変えてみました!

はい、今日も昨日に続きリメイクネタです

 

ロックでアヴァンギャルドでクリエイティヴで誠実で。。。

LOUD GARDENが大事にしている個性/ キーワードって色々あるのですが、実はサステイナブルという言葉もとても大切にしています。

気に入った服を、色々手を入れながら永く着続ける。。。

これってとても粋ですよね。

テイラーとしての背景や技術と、ファッション業界の最前線で勉強してきた僕の知識や経験を活かして今までにない発想のリペアやリメイクもやっていきたい!

そんな風に思っております。

という訳で早速ご紹介します。

 

 

 

 

こちらです。

 

 

Oh! Very fancy and stylish!

ですよね?

これ、もしかしたらこの冬また着れるかも。。。

 

 

 

というのも15年くらい前でしょうか、いや、多分もっと前だな。。。

マッキントッシュがまだダボっとしたサイズしかなかった頃に某セレクトショップで購入したこのコート、頻繁に着ていたので上衿が「このザマ」になっていたのです。。。

 

 

汚れはクリーニングで綺麗になるかもしれませんけれど、破れはどうしようもないですもんね。

という訳でこのどうしようもない上衿を交換したのであります。

そして、生まれ変わりました!

でも、よくよくチェックしてみたら、あちこち傷んでいるので、この冬数回着たらさすがに処分しようかな?

10年くらい前、大阪にいた時は、このコートを着て会食に行く時に限って深酒して道に転がったりしていたからな〜〜〜〜、傷む訳ですね(笑)。

 

 

 

 

以上です。

マッキントッシュのゴム引き素材とか、クリーニングに出せないコートもあるじゃないですか。

でも、上衿は傷むし汚れるんですよね。

そんな時には上衿交換のリメイクも「アリ」ではないでしょうか!

交換する素材を店頭にある残布からセレクトいただければ、素材代が無料になります(加工代金だけいただきます)から、割とリーズナブルにやらせていただけます!!

そろそろ衣替えの時期です!

衣替えの際には一度ワードローブをチェックしてみて下さい。

そして、「ああ、これじゃ着れないなぁ」とか「ここ直したい!」という箇所があるアイテムがありましたらどうぞお気軽にご相談下さいませ!

もちろんご相談とお見積もりは無料です!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もVAN MORRISON音源なのですが、久し振りに1977年リリースの9thアルバムA Period Of Transitionを。

本作の最大のポイントは間違いなくDR. JOHNことMAC REBENNACKの全面参加でしょう。

1960年代後半のほぼ同時期にソロデビューして、今現在までコンスタントに豊かな音楽活動を続けている偉大な音楽家の二人が顔を揃えたこのアルバム、アイルランドの音楽もニューオーリンズの音楽も大好きな僕のような人間はブックレットに書かれた両雄の名前を見ただけでも思わず涎が。。。というような位置付けの作品です

とはいえ、そんなに聴くことはないんですよね〜〜〜〜。。。

やっぱりね、VAN MORRISONの音楽で衿を正したければ他の作品の方が向いているし、DR. JOHNのグルーヴに身を委ねたいならこれまた他の作品の方が堪能出来ますから、かな?

でも、もちろんこの2人が組んだ作品が悪かろうはずがなく、いつになくアーシーでファンキーなバンドに乗って、伸びやかに軽快に歌うVAN MORRISONは最高です!

二人が組んだ成果は、1曲目、2曲目、5曲目、あたりに顕著でしょうか。

ゆるくて深いファンクネスに思わず腰が動いてしまいます。

また、いかにもVAN MORRISONらしい3曲目と5曲目もかなりの名曲ではないでしょうか。

 

 

 

 

では、本作収録曲の動画がほとんどなかったもので、VAN MORRISONとDR. JOHNが同じステージに立って名曲Moondanceを披露している動画を!

 

埋め込みが出来ないのでこちらからどうぞ。

 

なんちゅ〜〜〜〜すんごいメンバー!!!

彼らのナイスなプレイに触発されてか、主役のVAN MORRISONも素晴らしい歌いっぷりです!!!

 

 

 

 

13th. Sep. 2017

Ryoji Okada

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.