Ryoji Okada Official Website

Diary

8.7 Fri 16:00までオーダー受け付けています!「ロック&ワイルドなレザーベルト(made in Japan):¥11,000+tax)」

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

8月は「水曜日・木曜日定休」に戻して営業します。

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

「オーダーシャツ×2枚=¥16,000」キャンペーン開催中!

 

 

「クールでロックなベルト ¥11,000 +tax」8.7 Fri までオーダー受付中です!

 

 

 

 

緊急事態宣言中「かなりのだらだら生活を送った」&「ジムが営業自粛をしていた」せいでかなり太ってしまいました。

ここ2年くらいはお腹が肥大化傾向にあり、加齢とともに痩せにくくなっていて困っていたのですが、緊急事態宣言中はかな〜〜〜〜りきました(笑)。

なので、緊急事態宣言が解除/ジムの営業が再開されてから、GGにて苦しい有酸素運動を頑張っています!!

その成果か、どうにかこうにか「緊急事態宣言前の体重にあと少し!」というところまでに迫ってきました。

具体的には、5kg強落としたことになります💪

このまま一気に、8月末頃には2年前の体重くらいに落としたいですね。

という訳で、今日も行ってきます!!

えいえいおー!!

それにしても、マスク着用でのハードな有酸素運動は本当にしんどいですよね。。。

心肺機能も高まりそうです(笑)。

 

 

 

 

ところで。

「2」といえば。

先日ご紹介したとてもクールでワイルドでロックなベルトのオーダーですが、締め切りは明日(8.7 Fri)の16:00頃まで、残り2日弱となりました!!

受注期間が極めて短い&店頭にサンプルがないにも関わらず、意外にもたくさんのご注文をいただいているのはやっぱり単純にかっこいいこととあまり目にすることがないユニークなデザインなことが理由でしょうか??

いずれにしてもとってもいいベルトですので、気になる方はぜひともこの機会をご利用下さい😌

では、今一度ご紹介しましょう!!

 

 

 

こちらです。

 

 

何度見てもかっこいい!!

完璧に「完成されたデザイン」ですね😊

レザーは、↑この画像(上の画像)のイタリアンレザー(ブラックとチョコ)↑と、↓下の画像のジャパニーズレザー↓からセレクトいただけます。

サイズは、S(80cm)、M(85cm)、L(90cm)からセレクトいただけます。

バックルは、シルヴァー(銀色)とカッパー(銅色)からセレクトいただけます。

お値段は¥11,000+taxです!

このデザイン&仕様、made in Japan、そして、バイオーダーということを考えたらとってもお安いですよね!!!

僕もこの価格にはびっくりしました😵

 

 

 

ジャパニーズレザーです。

 

 

ジャパニーズレザーは、↑この画像↑のブルーシールが貼られているカラーでオーダーが可能(700色と150色はオーダーいただけません、すみません汗)です。

前回も書きましたが、僕はレッド(120)でオーダーを入れました!!

そして、もう1本作りたくて、800かブラックを考えています。

つきましては、「クールなベルトが欲しいな〜〜〜」とか「ベルトって面白いデザインがあまりないよね?」とか「コロナ痩せ(僕は逆です笑)でベルト新調しなくちゃ。。。」とお思いの方がいらっしゃいましたらぜひともこのベルトをオーダーして下さい!!!

ご注文はお電話、e-mail、SNS等でお願いいたします😊

*今日(8.6 Thu)は定休日ですのでお電話以外でお願いいたします!!

もちろん店頭でのご注文も大歓迎です!

どうぞよろしくお願い申し上げます😌

*すみません、レザーサンプルを含めて現物は店頭にありません汗。

*お出来上がりは9月上旬の予定です。

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

Village

PAUL WELLER

 

今日も店にはほとんどいない予定なので「一枚」ではなく「一曲」を。

昨日に引き続いてPAUL WELLER、新譜On Sunsetに収録されているVillageです。

昨日のOn Sunsetも良曲でしたがこの曲もいいですよね😊

やっぱり新譜買おうかしら??

 

 

 

 

6th. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Our recommendation! <オーダーシャツ×2枚=¥16,000+tax~>キャンペーンのおすすめ着分をご紹介します!第3回!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

8月は「水曜日・木曜日定休」に戻して営業します。

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

「オーダーシャツ×2枚=¥16,000」キャンペーン開催中!

 

 

「クールでロックなベルト ¥11,000 +tax」8.7 Fri までオーダー受付中です!

 

 

 

 

リーグ再開後2ゲーム連続で惜敗、なんとも勝ち切れないDALですが、日本時間の今日早朝3:30からSACとゲームがありました。

結果は勝利🏀

相手がSACとはいえ、今日負けたら4連敗、いや、5連敗はかなり濃厚だったので良かったです😊

DALのゲームの1時間前にBKNとのゲームがあったMILは、2日前にHOUに足元をすくわれたのに続いて負け。。。

BKNに負けか〜〜〜。。。と思ったら、G.AntetokounmpoとK.Middletonが16分しか出場しなかったのを筆頭にスターター全員のPTが20分以下にコントロールされていたのですね。

スターターの休養なのかベンチメンバーにPTを与えるためなのか目的は不明ですが、勝敗よりもPTコントロールを優先したゲームだったようですね。

E.Bledsoeも戦列復帰しましたし、これからまた連勝街道に乗ることでしょう!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「4」といえば。

昨日も書きました通り、8月は「水曜日・木曜日定休」に戻しております。

そして、現在絶賛開催中の「オーダーシャツ2枚=¥16,000+tax~」キャンペーンは8.10 Monで終了予定です。

つまり、残り会期は「金土日月」の4営業日のみとなりました!!

「いつまでだっけ?」とか「行こうかなと思っているんだけれどなかなか」とか「もう既に注文したけれど追加でオーダーしたいかも」とお思いの方がいらっしゃいましたら、ぜひともこの機会をご利用下さいませ☺️

もちろんこのようなご時世です、「あまり外苑前まで遠征はしたくないなあ」とお思いの方もいらっしゃると思います。

という訳で今日は、最新の「おすすめ着分」をご紹介します!!

会期初日にご紹介した「おすすめ着分」の多くが、そして、1週間ほど前にご紹介した「おすすめ着分」の半分ほどが既に売れてしまったので「情報をアップデートしよう!」という目論見もあります😎

もしご紹介した着分の中に「これ良さそう」という色柄がありましたら、「ご来店なし」でのご注文や「この着分をもうちょっと大きめの画像で見たい」といったご依頼も可能ですので、ぜひともお気軽にお電話、e-mail、SNS等でご連絡をお願いいたします!!

もちろんご来店いただき実際に見ていただくのも大歓迎です!!

*今日と明日(8.5 Wed/8.6 Thu)は定休日のため誰も店頭にはおりませんが、e-mailやSNSは逐一チェックしているのでお電話以外でのご注文・ご依頼・お問い合わせ大歓迎です!

では、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

まずは無地から!

 

 

ホワイト、グレイ、サックスブルー、ピンク、イエロー、オレンジ、パープル等々、ご覧の通り無地素材もまだまだ掘り出し物が多数残っています!

一番上のシャドウストライプのホワイト無地は前回ご紹介したホワイト無地で唯一残っている着分、上から4番目のツイル(綾織)組織のピンク無地は初回ご紹介した無地のおすすめで唯一残っている着分です!!

というのも、実はこの2マークは着分が複数入荷したんですよね。

なので、売れはしたのですが「ラスト1着分が残っている」という訳です。

一番下のOxfordのパープル、とてもきれいです!!!

 

 

 

続いてストライプを!

 

 

一番上:ホワイト部分がポプリン/ブロード(平織)組織でピンク部分がサテン(朱子織)組織のストライプです。この「組織違い」が独特の立体感と深みのある光沢を生んでいるかな〜〜〜りラグジュアリーな素材です。ペールトーンのピンクもいいですよね!

上から二番目:意外性のあるカラーリングが目を惹くマルチストライプ素材です!目は惹くけれどそんなに派手ではない珍しいマルチストライプですよね!僕なら超クラシックなデザインのドレスシャツを作りたいです😊

上から三番目:力強くも高貴なネイヴィブルーとパープルのマルチカラーストライプです。今回のストライプ4マークの中ではこれが僕のイチオシです!だって、絶対にかっこいいシャツが仕上がるし、ブルー系のスーツにもグレイ系のスーツにもブラウン系のスーツにもうまく合わせられそうですもんね !ちろんブラックスーツにもバッチリです!!

一番下:トレンドカラーのブラウンとオレンジのマルチカラーストライプです。カラー&カフスにフラワーモチーフ素材を使って超ファンシーなシャツに仕上げてよし、正統派シャツに仕上げてよしな色柄ですね!今、ブラウン系のスーツを作っているのでそれように作りたいです!!

 

 

 

次にチェックを!

 

 

一番上:鮮やか&爽やかなカラーリングのハウンズトゥースです!カラー&カフスをホワイトにしてクラシカルなドレスシャツを作ってよし、ゆったりサイズのプルオーヴァーシャツを作ってもよしな色々と想像が広がるとても洗練された色柄の素材です!

上から二番目:クラシカルなタータンチェックです!これは料理のしがいがある色柄ですよね🍳 僕ならバンドカラーのロングシャツを作るかな〜〜〜〜?真逆の方向性で、ラウンドピンホールカラー&フレンチカフス(ダブルカフス)のクラシカルなドレスシャツを作るのもいいかもしれません!とっても作ってみたいですね!!

上から三番目:細番手のツイル組織ゆえの美しい光沢が特徴のグラフチェックです。鮮やかなグリーンもとってもきれいですね。これくらいきれいなグリーンのシャツって作ったことがないのでかなり惹かれます!爽やかとは縁遠い僕もこのシャツを着れば少しは爽やかになりそうですからっ!って、それは無理か(笑)。

一番下:当キャンペーンは「仕上がりが2ヶ月〜2.5ヶ月後」なので、かような起毛素材で「季節先取り注文」をしておくのもアリだと思います。きれいなブルーグラデーションですよね!シャツはもちろんジャケット風に見えるオーヴァーシャツを作ってもいいかもしれません!!

 

 

 

最後にインポート素材(ということは、今までの着分はすべて国産です!)を!

 

 

一番上:上品なコードレーン風のシャドウストライプがとても洗練されたサックスブルーの無地素材です。イタリアの名門Monti社の素材です🇮🇹 インポート素材のサックスブルー無地はこの着分のみとなりました!早い者勝ちでお願いします!!

上から二番目:かなりパンチが効いたマルチカラーのオルタネイトストライプです!こういう素材こそクラシックなデザインでキメたいですね!イタリアを代表するミルCanclini社の素材です。この着分は2着分在庫がありますのでご身長が高い方もご注文いただけます!

上から三番目:最近では珍しくなったタッタソールです!数多くのカラーを使ったウィンドウペーンチェックがなんともきれいな素材ですよね。ベースカラーがイエローというのもナイスです!ユニークなコレクションに定評があるLeggiuno社(イタリア)ならではの逸品です!

一番下:現存する数少ない「made in Englandなミル」Acorn社のフラワーモチーフ柄です🇬🇧 カラーとカフスをホワイトにしてクラシカルなシャツを作って欲しいですね〜〜〜!というか、僕も作りたいですっ!

 

 

 

以上です。

こうして見ると。。。

まだまだまだまだ、掘り出し物がたくさん眠っていますね!!

という訳で、ぜひとも残り会期4日間、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度お知らせします!!

 

—–

 

– ファクトリーの閑散期利用
– 国内有力シャツ地商社の協力
– みなさまのご注文を一定量集めてからの一斉裁断

 

上記の条件が揃って初めて実現するスペシャルプライスです。諸般の事情でいつ開催が出来なくなるか/いつ値段を上げざるを得なくなるか分からないキャンペーンですのでぜひともこの機会をご利用下さいませ。今回も着分の品揃えにはとてもこだわっております!

 

キャンペーンプライス(オーダーシャツ2枚) ▶︎▶︎▶︎ ¥16,000 ~

 

*3枚目以降は奇数枚でのご注文も可能です。
*当キャンペーン専用素材を約500着分(国産素材約400着分 + インポート素材約100着分)、店頭にご用意いたします。
*インポート素材(主にイタリア製です)は「2枚で¥26,000 ~」となります。
*Women’sシャツも対象となります(申し訳ございません、Women’sは1枚につき上記価格 + ¥1,000となりますことをご了承下さいませ)。
*当キャンペーンに限りましてお出来上がりまで2ヶ月から2ヶ月半の期間をいただいております(キャンペーン期間中も「通常品の納期」は変わらず約4週間です)。
*遠方の方・期間中のご来店が難しい方からの「お任せオーダー」も承っております(詳細はお電話、E-mail等でお問い合わせ下さいませ)。
*一部の着分は「共地マスクオプション(¥1,500)」をお受け出来ない場合がございます。

 

—–

 

どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

On Sunset

PAUL WELLER

 

今月は久し振りの「週休2日生活」。

という訳で、みっちりとトレーニングをした前後は、生活物資の買い出しと野球観戦等を楽しみたいので「一枚」ではなく「一曲」を。

PAUL WELLERが最近リリースした新譜On Sunsetのタイトルトラックです。

なかなかの良曲、そして、良動画ですよね☺️

音源買おうかな?と思ってYouTubeで他の曲を聴いてみたのですがちょっと悩んでいます。。。

昔は音源を買うのに悩むことなんてなかったのに(笑)。

 

 

 

 

5th. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



8月の営業につきまして

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

8周年記念 “♡ Camo” マスク完売間近です!

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

「オーダーシャツ×2枚=¥16,000」キャンペーン開催中!

 

 

「クールでロックなベルト ¥11,000 +tax」8.7 Fri までオーダーいただけます!

 

 

 

 

日々新型コロナウィルスの新規感染者が増えているような状況、東京都は今週から(酒類の提供を行う)飲食店とカラオケ店に今月中の22:00閉店要請を出しました。

要請に応じたお店は(わずかではありますが)¥200,000がいただけるとか。

前回の「協力金」は2ヶ月で¥1,000,000だったので、飲食店さんとカラオケ屋さんは合計で¥1,200,000がいただける(*いずれも単店舗の場合の計算)訳ですね。

利益ベースでの¥1,200,000ですから、(一般的な飲食店の粗利構造がどうなっているのかはよく知りませんが)セールスに置き換えるとざっと¥2,500,000程度になるのかな。

上記プラス、要件を満たしていれば、国がやっている持続化給付金(法人なら¥2,000,000で個人事業主なら¥1,000,000)や家賃補助等があるので、法人の場合ならどうでしょうか、利益ベースで¥4,000,000から¥5,000,000(あくまでイメージですが、セールス換算すると¥8,000,000から¥10,000,000くらい?)が補償される訳ですね。

ちなみに、冒頭で触れた「東京都が給付/支給する¥1,200,000」について、衣料品店は一切いただけません。

「無い袖は振れない」「予算には限りがある」のは分かりますが、東京都の「衣料品店完全無視」の姿勢にはやっぱり憤りを禁じ得ません。

もちろん「衣料品店に自粛要請はしていませんよ!」「普段から22:00以降も営業している衣料品店ってかなり少ないでしょ?」といったごもっともな理屈は分かりますけれど、緊急事態宣言下のセールスが90%減になったテイラーを知っています(そこに勤務している先輩から直接聞いたので先輩が大袈裟に表現していない限りは事実です)し、国内外の報道から世界中の多くの衣料品店/アパレル企業が「超」がつくほど苦しんでいるのは明白です。

今回だってです。

このような新規感染者が増加傾向にある状況では街に出る人もまたかなり減るでしょうし、出歩く機会が少なくなれば「装う」機会も少なくなるでしょうし、(多くの飲食店が閉店時間を前倒しする影響で)衣料品店の閉店時間前(多くの店は20:00前後閉店です)の来店が少なくなるかもしれません。

つまり、衣料品店だってより一層苦しくなるはずなのです。

それが証拠に、昨日のLOUD GARDENはzoomでのご注文、e-mailでのご注文、お電話でのご注文こそ入った(本当にありがたいです!)ものの、ご来店は2名様だけでした。。。

加えて、例えば普段から22:30クローズという飲食店もあるでしょうし、普段は20:00オープンというバーだってないことはないでしょう。。。

同じ飲食店でも「22:00閉店要請」が与えるインパクトは全然違う、前者には軽微で後者には甚大なはずです。

「たった」の¥200,000ではありますけれど、¥200,000の利益を出すのが「どれだけ大変か!」というのも真理な中で、またしても職種で区別/差別をするという東京都のやり方にはやっぱり納得がいきません。

なので、LOUD GARDENは8月は、閉店時間を嫌がらせのように22:01に延長。。。はしませんし。。。一時期の元横綱稀勢の里のように全休。。。もしません(笑)。

今まで以上に前向きに、情熱的に、元気に頑張るだけです🔥

つきましては、引き続きの温かいご愛顧と熱い応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

ちなみに、「じゃあ、あんたはどうしたらいいと思ってるの?」という問いかけに対する明確な答えは持ち合わせていないのですが、少なくとも①職種しばりの助成はやめるべき②「広く薄く」よりも失業なさった方や廃業を強いられた事業者等にお金を注ぐ方が「再チャレンジ」も考えたら有益なのではないかと考えています。

飲食店を経営している友人・知人に聞いたりネットや報道による情報を確認したところ「今回の要請には応じない」という飲食店も少なくないようで、「広く薄く」では効果も限定的だと思うのです。

「狭く厚く」路線も課題や問題はあるでしょうけれど、同じお金をかけるならばそちらの方がいいような気がしてなりません、現段階においては。

とにもかくにも、衣料品店やアパレル業界が軽んじられているのが哀しくて悔しくあるのであります😢

不特定多数が目にする可能性があるSNSではかようなことは書かないようにしていますが、このDiaryはSNSとは違うので書かせてもらいました、お目汚し失礼しました(汗)。

 

 

 

 

ところで。

「8月」「営業」といえば。

2020年8月は以下の通りに営業いたします。

 

—–

Mon : 12:00 – 20:00
Tue : 12:00 – 20:00
Wed : Closed
Thu : Closed
Fri : 12:00 – 20:00
Sat : 11:00 – 20:00
Sun : 11:00 – 20:00

尚、8.11 Tueもお休みをいただきます。
ご不便をお掛けいたしますがどうかご了承下さいませ。

—–

 

以上です。

9周年、そして、区切りの10周年を目指して、死にものぐるいで、しかしながら、楽しくエキサイティングな諸々を発信していきますので、どうぞ引き続きのご愛顧と応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のLOD LOBOS音源はレジェンドチカーノシンガーLALO GUERREROをフューチャーした子供向け音源Papa’s Dream(1995年作品)です。

リスナー(子供)向けのナレーションが入ったり、子供の声が入ったりと明確な主旨を持った企画アルバムですね😊

僕はいい大人ですが、愉しめます(笑)。

傑作Kiko(1992年作品)や実験的なバンドLATIN PLYABOYSの1stアルバム(1994年作品)の後に子供向け音源を作って、その翌年に前衛的な音を取り入れた快作Colossal Head(1996年)をリリースするという時系列から読み取れる「意味」が極めて興味深いですね!

ちなみにこの頃のLOS LOBOSは上記以外にも、未発表音源を多く含む2枚組の素晴らしいベスト盤Just Another Band From East L.A. – A Collection(1993年作品)のリリースやサウンドトラックやトリュビュートアルバムなどへの楽曲提供も数多くこなしています。

まさに絶頂期ですよね!

そんな時期に子供向け音源を作ってしまうLOS LOBOS、好きだな〜〜〜〜〜😊

 

 

 

 

では、LALO GUERREROのライヴ音源をどうぞ。

 

 

素晴らしいですよね😉

 

 

 

 

4th. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Absolute blue! Cute and elegant blue linen shirt, mask and stole!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

8周年記念 “♡ Camo” マスク完売間近です!

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

「オーダーシャツ×2枚=¥16,000」キャンペーン開催中!

 

 

「クールでロックなベルト ¥11,000 +tax」8.7 Fri までオーダーいただけます!

 

 

 

 

まったくもってありがたいことに、引き続き猛烈に忙しい日々を過ごしていて野球などチェックしている暇はまったくないのですが、昨日は大勝したようですね。。。

おとといもその前日も無残な負けをしたようですが、一矢報いたというべきか辛うじて帳尻を合わせたというべきか。。。

一番の好材料は最も大炎上が心配されていた遠藤投手がプロ初完投勝利を飾ったことですね⚾️

今季まったくいいところがない床田投手は登録抹消となりましたが、素晴らしい初完投勝利を飾った遠藤投手、勝利こそつかなかったけれど好投した九里投手、戦列復帰初先発で粘投したK.ジョンソン投手、一軍昇格後は圧巻の投球を披露している野村投手、前評判通りの即戦力ドラフト1位ルーキー森下投手、復帰間近いエース大瀬良投手の6人で回せるので、ようやく先発は本来の層の厚さを発揮出来そうです。

でもな〜〜〜〜、もうこれだけゲーム差が離れてしまうと優勝は無理だろうからな〜〜〜〜。。。

いやいや、何があるか分からないのがスポーツです。

そして、カープはとにかく勝ち続けないとどうにもならないのが実情です。

という訳で、ひとまず今週は無敗でいってもらいましょう!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「おととい」といえば。

おとといはホワイト昨日はブラックの「100% Pure Linenのニュースリーピース」をご紹介しました!

手前味噌ではありますが、とっても素敵でした!!

「ファッションの基本色」ともいえる、ホワイトとブラックはやっぱりね〜〜〜、キマリますよね😉

が、でも、しかし、実は、やっぱり、いうまでもなく、ブルーも最高に素敵です!!

という訳で今日は、ブルーヴァージョンをご紹介します!!

昨日おとといのニュースリーピースをご注文下さったダンディな紳士とは異なるお得意様、とても上品でお美しい淑女からご注文いただいたニュースリーピースです💕

ピックアップはご主人様がなさったので、お召しになったお姿は確認出来ておりませんが、きっととってもお似合いだと思います!!

では、早速ご紹介しましょう😊

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

とてもエレガントにして可憐、そして、美しいスリーピースに仕上がりました!

間違いなく素敵に着こなしていらっしゃることでしょう😊

それにしても。。。

「スタンドカラー + マザーオブパール(白蝶貝)ボタン + カラー&カフスの内側にLibery素材使用」のリネンシャツだけでもオーダーメイドならではなのに、シャツと共地のマスク&ストールがついているという。。。

これは完全にオーダーメイド以外に不可能なスリーピースですよね😉

では、それぞれのアイテムを「寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

シャツです。

 

 

 

今までたくさんのシャツを作って下さっているお客様なのですが、今回はリネン + スタンドカラーということで、いつもよりゆったりしたシルエットにしてリラックス感を出しました😊

その辺の塩梅を絶妙に調整出来るのもオーダーメイドの嬉しいところですよね😉

それはともかくとして、シャツ単品でも本当に素敵です!

ブルーリネンとカラー&カフスの内側で使用したLiberty素材との相性も超抜群です!!

 

 

 

マスクです。

 

 

昨日おとといも書きましたけれど、単品でも活躍すること間違いなしですよね!

これまら昨日おとといも書きましたけれど、そして、オーダーメイドですから当たり前のことかもしれませんけれど、シャツと同様のマザーオブパールボタンがついているのも嬉しい限りです!!

 

 

 

ストールです。

 

 

今までご紹介したニュースリーピースは「シャツ + マスク + ポケットスクウェア(チーフ)」が多かった(僕はポケットスクウェアの代わりにバンダナにしました😎)のですが、今回は(ポケットスクウェアではなく)ストールにしました!

オーダーシャツには「Men’s限定」のオプションが少なくないのですが、このストールオプションは淑女のみに許される特権、「Women’s限定」です!!

衿元にシュッと巻いていただくとより可憐になりますね💕

とっても素敵でしょうね〜〜〜!!

こちらももちろん単品、あるいは、マスクとセットのツーピース、シャツとセットのツーピースでも活躍すること間違いなしです!!

 

 

 

以上です。

O様、いつも本当にありがとうございます!

今後とも当店を何卒よろしくお願いいたします。

そして、ご家族皆さまでどうぞ佳き夏をお過ごし下さいませ🌻

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のLOS LOBOS音源は、LOS LOBOSのメンバー2人(DAVID HIDALGOとLOUIE PéREZ)と昨日聴いた傑作Kiko(1992年作品)でプロデューサーとして初めて全面参加したMITCHELL FROOMとその朋友TCHAD BLAKEが作ったプロジェクト/バンドLATIN PLAYBOYSのセルフタイトルの1stアルバム(1994年昨日作品)です。

今回の「LOS LOBOS音源の聴き直しの旅」は、彼らの音楽性をより深く理解することを目的に時系列を重視しているので、メンバーのサイドプロジェクトやソロアルバムもリリース順に聴き直していこうと思っています☺️

そうすれば、「KikoとColossal Head(1996年作品)の間に本作が製作された必然性」といった妄想が楽しめますからね!

ちなみに本作収録の2曲、5. Manifold de Amourと15. Forever Night Shade Maryは映画Desperadoのオリジナルサウンドトラックで使用されています。

そうか、だから先日シェアしたLa Bambaのライヴ動画でステージにROBERT RODORIGUEZがいたのか〜〜〜!!

それはともかく本作ですが、プロデューサーチーム2人の「色」が強目で、かなり実験的な作風に仕上がっています。

恐らくLOS LOBOSチームの2人が、Kiko制作の過程でMITCHELL FROOMに絶大な信頼を抱き、その先に続く地平を見たくなったのではないでしょうか。

そして、その地平は。。。

心地よいノイズ(と書いたら怒られるかな笑)と妖艶で中毒性の高いグルーヴに満ちたまったく新しい世界でした!!

(ファッションはアヴァンギャルドも大好物だけれど)音楽はあまりアヴァンギャルドな方面を知らないせいか、当時はめっちゃくちゃ新鮮に感じましたね〜〜〜。

いや、今改めてもかなり新鮮か(笑)。

LOS LOBOSの方が断然に好きだけれど、KikoとColossal Headと異質にして地続きな本作も相当好きです😎

ところどころで披露されるオリエンタルなフレーズと展開も日本人の琴線に触れやすいのではないでしょうか??

う〜〜〜〜ん。。。

蒸し暑い夜に水タバコでもやりながらリラックスして聴きたいな〜〜〜。

ここ7年くらいやっていないけれど。

 

 

 

 

では、DAVID HIDALGOとLOUIE PéREZによる本作2曲目収録Ten Believersのライヴパフォーマンスをどうぞ。

 

 

なんというか味わい深いギターですよね、ふたりとも!

こんなライヴも観てみたいなぁ。。。

ちなみにこの曲、本作収録ヴァージョンの方がより一層妖艶です。

 

 

 

3rd. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Absolute black! Sharp and sexy black linen shirt, mask and pocket square!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

8周年記念 “♡ Camo” マスク完売間近です!

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」の既製品入荷しました!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

「オーダーシャツ×2枚=¥16,000」キャンペーン開催中!

 

 

「クールでロックなベルト ¥11,000 +tax」8.7 Fri までオーダーいただけます!

 

 

 

 

日本時間のおとといから再開したNBA🏀

昨日は僕が応援する2チームが再開後の初ゲームに臨みました。

MILは同カンファレンスのライヴァルチームBOSに快勝、DALは同じく同カンファレンスのライヴァルチームHOUにOTの末惜敗しました。

まずMILですが、新型コロナウィルス感染症で正PGを欠く中でフルメンバーのBOS相手にほぼ危なげなく勝ち切りました。

このまま一気に頂点に登り詰めるかどうかは分かりませんが、少なくともRSにおける強さは圧巻ですね!!

素晴らしい!!!!

一方のDALは、4Q終盤で追いつかれてOTに持ち込まれた上での負け。。。

やはり「ここぞ!」の時に勝ち切る力がまだ足りないようです。

かなりの確率で勝てるゲームを落としたことは残念ではありますが、2シーズン前のMILも「勝ち切れないなあ」というゲームがたくさんありましたからね、DALの強さが本格化するとすれば来シーズン以降になるでしょうし、今シーズンは昨日のような惜敗を糧にして欲しいですね〜〜。

今日は両チームともゲームなしで、明日はMILがHOU、DALがPHXと対戦します。

MILはHOUの2大巨頭のどちらか(あるいはふたりとも)が大爆発しない限り大丈夫でしょうから、注目はDALかな?

相手は、危険なロスターが整いつつあるとはいえ下位のPHXですからね、なんとか再開後の初勝利を飾って欲しいものです🏀

Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

今日は、昨日に引き続いて「シャツとマスクとポケットスクウェア(チーフ)のニュースリーピーススタイル」の「スーパースタイリッシュなPure Linenヴァージョン」をご紹介します!

初日の昨日はMonti社の優しいふくらみに富んだ上質なホワイトリネンでお作りしたスリーピースをご紹介しましたが、今日はパリッとした肌触りが極めて心地よい極上国産Hermans Linenのブラックでお作りしたスリーピースです🇯🇵

涼しげで爽やか、そして、シャープ&セクシーなスリーピースに仕上がりました!

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ホワイトもいいですけれど。。。

ブラックもめちゃくちゃかっこいいですよね!!!

男らしいクールな佇まいを力強く演出する本質を持つブラックですが、(ある意味で)とても可愛らしい共地のマスク(とポケットスクウェア)がついていると、少々柔らかく、優しく感じられますよね。

共地マスクパワー恐るべし(笑)。

では、それぞれのアイテムを「寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

シャツです。

 

 

やっぱりシャツ単品になると柔らかさが消え、かなりクール&シャープになりますね!

それはともかくとして、このブラックシャツ。。。

カジュアルスタイルにはもちろんのことスーツ/ジャケット&ボトムススタイルのドレスダウンにも大活躍してくれそうですね!!

とてもかっこいいです!!

ブラックリネンのシャツはかなり昔に一度しか作ったことがないので、久し振りにまた作りたくなりました😊

カラーは昨日ご紹介したホワイトと同じ、既存には存在しないO様別注「ホリゾンタルワイドスプレッドのイタリアンカラー」です。

 

 

 

マスクです。

 

 

昨日のホワイト同様に、単品でも活躍すること間違いなしの逸品ですよね!

これも昨日のホワイト同様に、そして、オーダーメイドですから当たり前のことかもしれませんけれど、シャツと同様の黒蝶貝ボタンがついているのも嬉しい限りです!!

 

 

 

ポケットスクウェア(チーフ)です。

 

 

ブラックのポケットスクウェア(チーフ)って、あまり既製品ではなさそうですので重宝しそうですね!!

前に僕も1枚入手したけれど。。。どこにあるのだろうか(笑)。

ポケットスクウェアとボウタイを打ち込んでいるボックスの中かしら???

後でランチの時にでも探してみよう😊

 

 

 

 

以上です。

 

昨日ご紹介したホワイトもいいですけれど今日のブラックもやっぱりいいですよね!!

男らしいクールさがね、堪らなくセクシーです!!

そして、もう少しで仕上がってくる予定のイエローも素晴らしいに違いありません!!

 

O様、いつも本当にありがとうございます。

イエローが仕上がりましたらまたご連絡をいたします☺️

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のLOS LOBOS音源は、1990年代にリリースされたベストなアメリカンルーツロックアルバムとの誉高いKiko(1992年作品)です。

本作から全面的にプロデュースに参加したMITCHELL FROOMの功績も大きいのでしょう、昨日聴いた前作The Neighborhood(1990年作品)で少しだけ垣間見えた「実験精神」が全面的に押し出された傑作に仕上がっています。

もちろん「実験精神」といっても、彼らの本来的な魅力である「テックスメックス風味のアメリカンロック」というイディオムはしっかりて底流に流れていて、実験的な試みがそれをスポイルしているようなことはまったくありません。

奇跡的な見事なバランスが成立していますよね!

まあ、僕はより本来の側面が色濃い前作の方が実は好きだったりしますけれど(笑)。

いずれにしても、本作を「モノに出来た」というのは彼らにとってもかなり大きいのではないでしょうか?

本作こどが、彼らを素晴らしいバンドから偉大なバンドへと脱皮させたと僕は思います😊

全編再現ライヴをやって、その音源を正式リリースするくらいですからね、彼ら自身もそれは感じているのではないでしょうか。

自分たち自身で「俺たちは偉大だろ?」と思っているかどうかは別として(笑)。

また、THE NEVILLE BROTHERSの名盤Yellow Moonと似た位置付けの作品だと僕は思っているのですが、Yellow Moonは色々秀逸な中で少し弱い楽曲があるのも事実です。

が、しかし、本作は16曲もの楽曲が収録されているのに駄曲なし、全曲が収まるべく場所(曲順)に収まっています!

もちろん、演奏も最高です!!

 

 

 

 

では、5曲目に収録されているKiko And The Lavender Moonのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

いいですよね〜〜〜〜!!!!

そして、この少し幻想的な空気感が全編を包んでいるんですよね。

本当にいいアルバムです!

 

 

 

 

2nd. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.