Ryoji Okada Official Website

Diary

Facebook経由で(=ご来店なしで)ご注文いただいたコットンパンツ

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」4.13 Monまで開催中!

 

 

 

 

服飾業界は本当に遅れているなぁ、と実感。。。

昨日が新年度ということもあったのか、やっとのことで昨日複数のお取引先から「リモートワーク」「時短営業」「社員の隔日/交代勤務」のお知らせが届きました。

もちろん、告知せずにそうしているお取引先もあるでしょうけれど。。。

いや、リモートワークと時短営業は必ず告知があるはずだ!

ともあれ、我が業界はそういう状況、つまり、おとといまでは小売事業(小売店は既に時短営業や土日休業が増えてきています)を除いてほとんどの服飾業界が通常営業でした、ははは!!

まったくね〜〜〜!!!

とかいいつつ、自分の事業(LOUD GARDEN)もほぼほぼ通常営業という。。。

危機意識はあるのだけれど、行動が遅い。。。ですね。。。

でも、やっぱり、「状況を見て」だけれど、そろそろ時短営業、あるいは休業を考える時期にきたのかなぁ。。。

それか休業しつつの在店勤務(僕の場合は在店も在宅もほぼ同義だから*店に住んでいるという訳ではありません、念のため笑)というのはどうだろう。。。

いずれにしても休業となったら、皆さま。。。

いつも以上にe-mailやSNSやZoomでご注文をいただけますでしょうか。。。???

どのような状況になっても、元気に&前向きに頑張ってまいりますので、引き続きのご愛顧と応援を何卒よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

ところで。

「SNS」といえば。

今日はFacebookのメッセンジャーでご注文をいただいたコットンパンツをご紹介します!

浜松在住かつとてもお忙しい経営者でいらっしゃいますので、東京にご出張でいらしてもご来店なさるお時間がなかなかとれないこともあり、最近はFacebook経由でのご注文がメインになっているお得意様K様からのご注文品です。

SNSでもe-mailでも、そして、もちろんお電話でもそうなのですが「(基本的なサイズが分かっている場合における)ご来店なしでのご注文の一番の課題」は、素材感が分かりにくいことなのですが、K様は私の細かな(つまり長い)ご説明にもしっかりお付き合い下さってご判断なさるので、毎回ご満足いただいております😊

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です!

 

 

「ブリティッシュコットン」の代名詞的存在であるBrisbane Moss社のチノクロスコットンを使用してお作りしたモダンシルエットのコットンパンツです🇬🇧

僕の知る限り、K様のワードローブは「ネイヴィブルーやブルーの比率が圧倒的に多い」ので、このパンツも超がつくほどに大活躍すると思います😎

ちなみに、シルエットはいつものドレスパンツより少し裾幅を細くしつつ、より活動的にするためにヒップの上がり寸法と渡幅を少し大きくしました。

それ故にモダンなテイパードシルエットがより強調されたと思います!

また、ピスポケット(ヒップポケット)はコットンパンツらしく片玉縁にしました😉

片玉縁もいいものですね😉😉

 

 

 

前立はボタンフライにしました!

 

 

いいですよね〜〜〜!

もちろんファスナーの方が機能的ではあるのですが、この佇まいがいいですよね!!

 

 

 

以上です。

K様、いつも本当にありがとうございます。

次はシャツが仕上がりましたらお送りいたします!

そして!!

今年になって最新のスマートフォン(iPhone 11 Pro)に機種変更をしたため、写真もよりリアルに近くなっているはずですので、これからはもっともっとSNSやe-mail経由でのご注文を増やしていければと思っております!!!

よろしくお願いいたします!!!!

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

Pickup Man

JOE DIFFIE

 

今日はあちこち移動。。。はしないと思うけれど、買い出しとランニングには出たいし、息抜きに散歩もしたい。。。

ということで、「一枚」ではなく「一曲」を。

新型コロナウィルスによる肺炎で命を落としてしまってヴェテランカントリーシンガーJOE DIFFIEの名曲です!

合掌。。。

 

 

 

 

2nd. Apr. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and stylish stuffs for a very cool and stylish executive!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」4.13 Monまで開催中!

 

 

 

 

「不安と焦燥の3月」は、なんとか無事に88点くらいで乗り越えることが出来ました。

当たり前のことながらご来店はかなり少なかったですが、お電話やe-mailやSNSからのご注文が過去最高でした。

いつにも増して温かいご愛顧と熱い応援を下さったお得意様の皆さまに、この場を借りて改めまして心よりの御礼を申し上げます!

本当にありがとうございました!!

そして今日が、いまだかつてないほど「つまらない嘘をついてはいけないエイプリルフール」。。。ですかね。

なので、今日はくだらない冗談を書くのはやめておこう(笑)。

もっとも、最近は冗談なんてほとんど書いていないけれど。。。

それはともかくとして、飲食業界、アート業界、旅行/宿泊業界、音楽業界、イヴェント業界からは「補償を!」という声がそこここで上がっているようですね。

音楽業界はビッグネームなミュージシャンが音頭を取ったりもしているようです。

翻って我が服飾業界は。。。

坐して死を待っているのか、武士は食わねど高楊枝なのか、あるいは、現状ではさほど売上/利益が減っていないのか不明ですが、まとまった声が上がっていません。

*ちなみにいろいろ聞いている限り最後の理由だけは絶対にありませんね(笑)

飲食業界にはたくさんの友人、お得意様がいるので現下の厳しさは重々分かっているつもりですし、おとといの小池都知事の会見からするとカラオケ業界(?)は壊滅的な状態になっているのではないでしょうか、心配です。

でも、厳しいのはどの業界だって一緒というのも事実ですから、もしも国や地方自治体が補償/助成を行うのならば、業界で括るようなことはせず零細企業には一律でお願いしたいところですね。

飲食店でもお店によって差があるでしょうし、音楽業界でも例えば(それが過去の作品/努力に対するご褒美的な意味合いがあるとしても)印税が入ってくる人とそうでない人とは差があるでしょうし、服飾業界でも悪くないところと陥落寸前のところがあるはずな訳で。。。

今は大変ながらも、うちのような店は恩恵を受けたことがないインバウンド景気でかなり潤っていた業界、法人もある訳ですから。。。

それから、「アートは生命装置」「アートを殺してはいけない!」みたいな声が国内外で上がっているようですけれど、そして、「まったくもってその通り!」だと思いますけれど、僕らが産み出している作品だってある意味アートなはずです!

いずれにしても、「大変な飲食業界と旅行業界には手厚い助成を、他の業界はまずは自助努力に徹して下さい」というような方針だけは出さないで欲しいな。

基本は自力で何とかしたいけれど、もしも今後営業停止指示/命令が出たら、そして、それが数ヶ月に及んだら自助努力ではどうにもならないですから。。。

という訳で、こうなれば僕がこの業界のトップに立って旗を振り。。。

というスーパーつまらない冗談は書かないでおこう(笑)。

どうしたって一律は無理でしょうしね。。。

まあ一番いいのは、なんとか欧米のようにならずに収束することですので。。。

それを願いつつ、皆さん!

いろいろありますけれど、今日も元気にいきましょう!!

 

 

 

 

ところで。

「トップ」といえば。

今日は、CFOとして某巨大企業のトップの一角を担っていらっしゃるご新規のお客様O様からご注文いただいた最高にスタイリッシュなジャケット、ボトムス、シャツの3点セットをご紹介します!

ジャケットのウィンドウペーンとシンクロしたボトムスのカラーを筆頭に、様々なこだわりを封じ込めたオーダーメイドならではの一式です!!

では、早速ご紹介しましょう😊

 

 

 

 

グレイ&ブルーのカラーリングとヒッグサイズのチェックが極めてカッコいいジャケットです!

 

 

お引き渡し時に、3点セットすべてをご試着していただいたのですが、男性らしいガッチリとかっこいい体躯を誇る、そして、とってもハンサムなO様です、これだけ大きくてインパクトあふれるチェックにもまったく負けることなくスマートに爽やかにお似合いでした😊

もちろんこのジャケット、そこここに散りばめられたオーダーメイドならではのエキサイティングなギミックもポイントです!!

という訳で、そのギミックを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

カラークロス(上衿裏の生地)は表地に呼応させてグレイのチェックをセレクトしました😊

 

 

↓下↓でご紹介するライニングと呼応させたフラワーホール(衿穴)のサックスブルーも素敵なアクセントになっております😉

 

 

 

そのライニングです!

 

 

ファンシーなサックスブルーのドットにしました!

思わず「チラ見せ」したくなりますよね〜〜〜〜〜😉

 

 

 

クラシカルな「スランテッドポケット」&「アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付き」仕様。

 

 

当たり前のことですけれど。。。

フラップと身頃のチェックがきれいに合っているのが嬉しい限りです😊

う〜〜〜む。。。

思い起こしてみると、そして、こうしてじっくり見てみると。。。

ここ1年半くらいストライプと無地ばかり作っている私ですが、久し振りにチェックを作りたくなりました😊

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– バイカラー(表面:ブラック・裏面:サックスブルー)のナットボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– 色違いボタンホール

 

はい、もちろんアップチャージ不要のディテイルです😎

 

 

 

ボトムスです。

 

 

バンチブックを端から端までチェックして、ジャケットのウィンドウペーンに一番近いブルーをセレクトしました😉

きれいなブルーですよね😉😉

もちろん、素材感もジャケットとほぼ同じです😉😉😉

今回お作りいただいたジャケットと合わせれば最高のマッチング、そしてもちろん単品でも大活躍しそうですよね😉😉😉😉

 

 

 

シャツです。

 

 

シャツはライニングと呼応させたサックスブルーです!

ライニングのドットに少しだけ近いニュアンスのピンヘッド柄も、思わずニヤリとさせられますね😎

 

 

 

 

以上です。

O様、この度は当店をご利用下さいまして本当にありがとうございました。

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

金曜日でCHRIS ISAAK音源も終わり(あと数枚しか所有音源がありませんので。。。)にしましょう!

今日は7thアルバムSpeak Of The Devil(1998年作品)です。

昨日聴いた前作Baja Sessions(1996年作品)が企画色の強い(しかしながら、極上の)作品だったので、実質的には前々作Forever Blue(1995年作品)以来の完全新作という位置づけの作品ですね。

その極度にレイドバック&リラックスした前作の反動でしょうか、本作は今までで最も力強くR&Rした作品に仕上がっています。

アップテンポなロカビリー曲ありますし、(絶叫とまではいわないけれど)タイトルトラックや8. Wanderin’では(良い意味で)ややヒステリックなシャウトまで披露していますし、全体的にかなりビートも効いていますし、以前のような音の隙間も少なくなっています。

モダンなスーツスタイルでキメたジャケットのアートワークも今までとは一味違います。

そんな訳で初期の「コヤツは何者なの???」と思わせるような、妖艶で甘美な圧倒的個性は減退していますが、依然として極めてクールでセクシーな音を紡いでおります。

エネルギッシュなCHRIS ISAAKもかっこいいね!という作品かな??

良作です。

14曲も収録されているのに1曲も長尺曲なし&45分以内でスカッと終わるのもこの人らしくてよろしいです!

 

 

 

 

では、オープニングトラックPleaseのなかなか良く出来たミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

この人、本当にかっこいいですよね〜〜〜!

 

 

 

 

1st. Apr. 2020

Ryoji Okada

 

 

 



New leather collection for made-to-order belt!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」開催中!

 

 

 

 

「状況次第では観に行こう!」と決意していた、山口洋先輩の横浜公演が中止に。。。

あの人のことです、関わり合う様々な人のことを考えての辛い決断だったことでしょう。。。

久し振りにサムズアップに行けるかも!と楽しみにしていたのですが、こればっかりは仕方がないですよね。

山口さんにはまた(出来れば水曜日か木曜日に)リヴェンジの横浜公演を企画してもらって、僕は万全の心身でそのライヴに臨む!

そうなることを願ってやみません😌

公園があるはずだった来週の水曜日(4.8)は、HEATWAVEの最新作と山口さんのソロアルバムを浴びるほど聴こうっと!!!

 

 

 

 

ところで。

「楽しみにしていた」といえば。

昨日、とても楽しみにしていた新入荷がありました!

もちろん新入荷といえば「いつ何時でも楽しみ」なのですが、オーダーベルト用の新レザーの入荷はかなり久し振りなので、そして、以前に「3月末にこれお送りします!」と見せてもらった時に「とってもいいじゃない!」と思ったので、昨日の入荷はいつも以上に楽しみにしていました😊

という訳で早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です!

 

 

今までは、人気の小さな市松模様の「市松型押し」しかなかったアリゾナに「ボレロ型押し」が加わりました!

*「アリゾナ」とはトスカーナ州の名門タンナーLA BRETAGNA(ブリターニャ)社の製品名です。

市松よりも更に上品で洗練されたきめ細かなボレロ(シュリンク)の型押し、とても素敵ですよね😉

なだけでなく、市松にはない&トレンドを意識したブルー、カーキ、ベイジュの3色もとてもナイス!!

最近どうにも太ってしまい、今までのベルトが少々キツくなりつつある僕です(汗)、ぜひともブラックとブルーとベイジュで作りたいところですね!!!

 

 

 

異なるアングルから。

 

 

柄が均一の市松もモードな感じでいいけれど、ランダムなボレロは上述の通りより洗練されていますよね😉

価格は、¥14,000+税金。

もちろん他のベルト同様に「ベルトと同じレザーで作ったキーホルダー/ボトルホルダー/印鑑入れ」のどれかを無料でおつけすることが可能です!

そして、現在絶賛開催中の「オーダーシャツ¥3,000 offキャンペーン」と連動して、4.13 Monまでの期間中限定で¥2,000 off(つまり、¥12,000+税)になります!!

これはお得ではないですか!!!

ぜひともこの機会に新作レザーで、世界で1本だけのオリジナルベルトをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

*¥2,000 offは全レザーが対象です😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

CHRIS ROBINSONはやっぱりかっこよかった!

けれど、こっちのCHRISもかっこいいしセクシーだぞ!!

という訳で、CHRIS ISAAK音源を再開!!!

今日は6thアルバムBaja Sessions(1996年作品)です。

3曲目に収録されたROY ORBISONのOnly The Lonelyを筆頭にこの人が小さい頃から親しんできたであろう複数の名曲のカヴァーと自作の名曲のセルフカヴァーと新曲で構成されたとってもアコースティックで極度にリラックスした作品ですね。

CHRIS ISAAKの作品で一番好き!というアルバムではないのですが、人生で一番聴いたCHRIS ISAAKの作品は間違いなく本作ですね。

カヴァー曲の解釈もセルフカヴァー曲の新たなアプローチも最高に秀逸です!!

代表曲Wicked Gameを収録していない判断も正解ですね😊

夏の黄昏時のBGMにあまりにも最高な、古き佳きアメリカを思い起こさせる(知らないけれど笑)素敵な1枚です。

優しくて色っぽい囁くようなスモーキーヴォーカルも溜まりません。

 

 

 

では、そのOnly The Lonelyをライヴ動画でどうぞ。

 

 

素晴らしい!

名前入りのギターも本当にカッコいい!!

 

 

 

 

31st. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super exciting double breasted three piece suit!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」開催中!

 

 

 

 

「不要不急の外出は自粛!な週末」第一弾が終了しました。

2日目だった昨日は僕が書くまでもなく東京は雪❄️

しかも「ちらほら」とか「ぱらぱら」とかでなく、しっかりとした。。。

そんな小売店としては「完全アウト!」な日曜日を含む週末でしたが、どうしても仕上がり品のピックアップが必要でご来店下さったお得意様が新たなご注文を入れて下さったり、FBのメッセンジャー経由でご注文/お問い合わせを下さったり、お電話で明日以降のご予約をいただいたりと、本当にありがたいことに(先の3連休ほどではありませんけれど)存外のセールスを記録することが出来ました。

この場を借りて、改めまして心よりの御礼を申し上げます。

が、しかし。。。

今後はどうか。。。

あさってから始まる4月はどうなる/どうするのか。。。

真偽不明ながら、ネットでは「4.1 Wedに東京がロックダウンか?」という噂も流れていますよね。。。

もしもそうなったら、しばらく店頭でのセールスは「0」になります。

Spring/Summerシーズン商戦の最盛期である4月に「0」が続くのは相当な死活問題です。。。

とはいえ、このまま「自粛要請」がだらだらっと続くのも死活問題。。。

どっちの道も大変な茨の道だ。。。

でも、くよくよしても、不安を積み重ねても、この状況では仕方があるまい!

自らを奮い立たせて今出来ることに全力を注がねば!!

今出来ることとは。。。

「売掛金の回収」と「有事に備えての国や地方自治体の融資や助成金/補助金の研究」と「固定費の圧縮計画」ではなくて(笑)。

「LOUD GARDEN/RYOJI OKADAならではのエキサイティングアイテムの熱いご紹介」と「ご来店なしでのご注文方法の整備/拡充」と「新たなネタや商材の仕込み/開発」でしょうか!!

*注:熱い(≒ 長い)ご紹介が苦手な方もいらっしゃると思いますので、RYOJI OKADAのFacebook pageLOUD GARDENのInstagramでは淡々と紹介しております笑

いずれにしても、なんとか1ヶ月後に、半年後に、そして、1年後に「大変だった。。。」と、この場所で振り返ることが出来るように全力で猛烈に頑張りたいです!!

どうか皆さま、引き続きの温かいご愛顧と熱い応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

ところで。

「エキサイティングアイテム」といえば。

今日は1週間ほど前にお渡しした、仕上がりを見たときに僕もとっても興奮したスーパーエキサイティングなダブルブレステッドのスリーピーススーツをご紹介します!!

このタイプのダブルブレステッドスーツ、しかもスリーピーススーツは今まで作ったことがなかった、だけではなく、他のテイラーさんやデザイナーさんの作品でも見た記憶がなかったので、これはもしかしたら「LOUD GARDEN/RYOJI OKADAの新たな代名詞的なデザイン」になるかもしれない!と直感しました😎

まあ、他のテイラーさんの作品はですね、あまりチェックをしていないというのが正直なところなのですが(笑)。

という訳で、早速ご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

ラグジュアリーなファインウーステッドを使ったミリタリーデザインのスリーピーススーツ!

クラシカルながらもモダンであり、とっても新しいですよね!!

そして、何より素晴らしくかっこいいです!!!

今冬初めてLOUD GARDENで(シャツを2枚)ご注文下さったお客様N様からのご注文品なのですが、N様の強いこだわりと豊かな遊び心が見事に表現出来た渾身の1着に仕上がりました😊

いや、本当に😊😊

まったくもって手前味噌ではありますが😊😊😊

ジャケットは4つボタンの2つ掛け。

存在感あふれる4パッチ&フラップポケットが特徴です。

これに似たデザインのポケットを持つシングルブレステッドジャケットのサンプルが店頭にあるのですが、N様と諸々&様々な議論/会話を重ねる中でそのジャケットを参考にすることにしました。

N様はLOUD GARDENのOfficial websiteやこのDiaryをご覧になって下さっていた(何ともはや光栄至極です!)ので、議論/会話はとってもスムーズに進みました!

ボトムスは1プリーツ。

モダンなテイパードシルエット、このスーツのキイワードとなっている「フラップ」がピスポケット(ヒップポケット)についているのが

では、こだわり&遊び心に満ちたディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

横から見た「画」です。

 

 

ふむ、とてもかっこいい!

胸ポケットのフラップは「ボタン止めなし」、腰ポケットのポケットは「ボタン止めあり」にしたのは「敢えて」なのですが、さりげなくもとても印象深い「違い」になっていると思います😊

 

 

 

ライニングはHFW社のFlash Liningsより”Skulls & Roses”のブラウンをセレクトなさいました☠️

 

 

ライニングのデザインが最高にかっこいいのは見ての通りですが、カラーもすごくいいですよね!

表素材のダークグレイとライニングのブラウン/ベイジュとのコントラストがスーパーナイスです!!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– グレイのナットボタン

– リアルボタンホール(本開き切羽)

– スランテッドボタンホール

 

はい、もちろんアップチャージ不要のディテイルです😊

 

 

 

ヴェストです。

 

 

シングルブレステッドピークトラペル、4ポケット、胸ポケットのパッチ&フラップデザイン等々、こだわり満載&単品でもガンガン使いたくなるクールな逸品に仕上がりました!!

このデザインのヴェストも初めて作ったのですが、ミリタリータッチの素材で自分用に作りたいです😎

 

 

 

背表(背中の表側の素材)も表素材を使用しました。

 

 

僕だったらド派手な色柄の素材にしてしまうところですが、アンダーステイトメントも重んじるN様ですのでこうなさいました。

とても上品でいいですよね!

N様が嗜好なさっている(と想像出来る)、「抑制の効いたファンシーさ」や「派手さとシックさの融合」は大いに見習いたいです!

無理かな(笑)。

 

 

 

ライニングはド派手にキメていただきました😎

 

 

ジャケットのライニングとは同柄色違いというのがまた粋&ハイセンスですよね😉

さすがです!!

 

 

 

ボトムスの前立はクラシカルなボタンフライにしました。

 

 

もちろんこの仕様もアップチャージ不要です😉

 

 

 

最後に、N様が初めてLOUD GARDENでオーダーして下さったシャツ2枚もご紹介します!

 

 

 

どちらもひとひねり、いや、ふたひねり以上効いたシャツに仕上がりました😊

 

 

 

N様、この度は当店をご利用下さいまして本当にありがとうございました。

色々と勉強になりました😊

お召し具合等に気になる点がございましたらどうぞ何なりとお申し付け下さいませ。

そして、ヴェストのご注文もぜひともお願いいたします!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

THE BLACK CROWESは1日だけにして、CHRIS ISAAKのレイドバックした音楽に身を委ねようと思ったけれど「ガツン」とくるR&R音源をどうしても聴きたくなったのでもう1日だけTHE BLACK CROWES音源!

一部のファンからは酷評されている&本人たちもあまり気に入っていない(レコード会社の「売れるアルバムを!」という要請/意向が作風に色濃く反映されたようです)らしいけれど、とにかく「上がる」5thアルバムBy Your Side(1999年作品)を。

本人たちのやりたい路線とはかなり異なるレコード会社の意向を大きく汲んでも、「ゴキゲン」という一語に尽きる極上なハードロックアルバムを完成させてしまうのが彼らのすごいところです😊

結局セールスには恵まれなかった。。。というオチがつきますけれど。。。

それはともかく、1曲目のGo Fasterから11曲目のVirtue And Viceまで徹頭徹尾、濃厚で生々しくてセクシーなTHE BLACK CROWES流のハードロックが詰まっています!

久し振りに聴いたけれど本当に極上!

これで今日もまた全力で頑張れます!!

 

 

 

 

では、3曲目収録&本作の中では比較的に静かなタイトルトラックのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

名曲!

冒頭の2曲がぶっ放した後でこの曲がくるところが本作の最大のヤマ場であり「中毒性」 ですね😊

しかし、ジャケット同様のこのホワイトづくしの衣装もレコード会社の意向なんですかね。

彼らはあまり好きじゃないだろうな〜〜〜(笑)。

 

 

 

 

30th. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



不要となったジャケットをキャップにお仕立て直ししました! vol.2.

Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」開催中!

 

 

 

 

「不要不急の外出は自粛」な週末2日目。

今日も有要有急(←という文言はないと思いますが。。。)な作業がかなりあるので、そして、来週からお召しになる必要があるジャケットをピックアップにいらっしゃるお得意様がいらっしゃるので、そしてそして、今日受け取って検品を終えたらすぐに出荷すべき荷物が届くはずなので、僕とGorden君の2人体制で今日も通常営業します。

ただ、東京都民、いや、日本国民の健康のための「自粛要請」ですからね、今まで以上に換気と消毒(消毒関係の液体がまったく買えないので、現在は某TV番組が教えてくれたキッチンハイターを薄めて作った自作の消毒液を使用しています)をしっかりして、絶対に今日中にやらなくてはいけないワークがないスタッフには休んでもらって、Gorden君も今日中に仕上げる必要がある作業に要するであろう時間のみの出勤にしてもらって、「少しでも都知事の要請に応えられるような通常営業」を出来るよう強く心掛けます!!!

ちなみに1日目だった昨日ですが。。。

お得意様にとって完全に「不要不急ではない」ご来店が複数ありました。

そして、FBのメッセンジャー経由で、ブルゾンタイプのワークジャケット1着とシャツ1枚のご注文をが入りました!!!

ワークジャケットはいつもメッセンジャーでご注文を下さる&現在ボトムス1本とシャツ2枚を制作中のお得意様K様、シャツは大学時代のアルバイト関係の友人で和製CHIRS ROBINSONと呼ばれる秀才?天才?A君からのご注文でした。

K様はここ数日やり取りをしていたのですが、僕のいつもながらくどくどと長い説明文やたくさんのご提案にご辛抱いただいてのご注文。

A君は昨日このDiaryでご紹介したシャツを見てのご注文。

まったく異なる経緯だけれど、いずれも本当に、最高に、心底からありがたいです!!!

心より御礼を申し上げます!!!

 

 

 

 

ところで。

「2」といえば。

今日は、先日ご紹介した「諸般の事情で不要になったジャケットをキャップ/ハットに作り直す」リメイク紹介の第2弾をご紹介します😊

前回は8枚ハギのキャスケットタイプだったのですが、今回はハンティングタイプのキャップを作成しました!

着ることはなくなったけれど、捨てるのは忍びないアイテムに新たな息吹を与える。。。

とってもいいですよね!

たくさんのそういうアイテムを持っている僕もいつかやろうと思っております!!

では、早速ご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

 

とても素敵ですよね!

「天井」はジャケットを解体して取れる最大巾を勘案して3枚ハギにしたのですが、それが既製品とは違う感じがするとてもいいアクセントになっていると思います😊

もちろん、ライニングも残布を使いましたのでとってもエコフレンドリーであります😊😊

うん、僕もどこかのタイミングで着なくなったジャケットをキャップにしよう!!

 

 

 

ちなみに、解体後のジャケットは↓こんな↓です!

 

 

 

結構使っていますよね!

そして、このジャケットもなんかアヴァンギャルドで危険な香りがする。。。

ちょっと手直ししたら着れそう!!

という気がするのは僕だけでしょうか???

 

 

 

 

それはともかく。

O様、いつも本当にありがとうございます!

次はチノクロスパンツが仕上がりましたらまたご連絡いたします!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

ここ数日CHRIS ISAAKの音源を楽しんでいたのですが、同じCHRISでもROBINSONの話題が上で出ましたので、今日はTHE BLACK CROWESを!

10年前までならば、1stか2ndか5thを手に取っていたに違いないのですが、今日は何故か3rdのAmorica(1994年作品)をセレクトしました。

リアルタイムではあまりピンとこなかったんですけれど、LOUD GARDENをオープンした前後あたりから、本作はすごくお気に入りになっています😊

いわゆるチャートを駆け上がる、あるいは、ライヴの本編終わりやアンコールで披露されるようなキラーチューンに恵まれた作品ではないけれど、全編にわたって楽曲が素晴らしいし、バンドの演奏とサウンドプロダクションも極上です!!

THE BLACK CROWES史上最もクールな作品ではないでしょうか。

 

 

 

 

では、本作の個人的なハイライトチューンHigh Head Bluesをライヴ動画でどうぞ!

 

 

凄まじくかっこいい!!!

そして、A君が歌ってる〜〜〜〜(笑)。

 

 

 

 

29th. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.