Ryoji Okada Official Website

Diary

Cool and modern long shirt!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月・4月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

Loro Piana謹製の100% Cotton素材のパターンオーダーカジュアルパンツが¥25,000+tax~です!

 

 

The Loudest Voice vol.20 in store now!

 

 

“♡ Camo” silkの新色作成中です!

 

 

 

 

 

大型トレードでDALに移籍してきたK.Porzingisが遂に5 on 5、実戦形式の練習を始めたそうです。

先に行われた3 on 3の練習でのパフォーマンスは、HCのR.Carlisle曰く”Spectacular!” だったようです。

既にアナウンスされている通り、今シーズンはオフィシャルなゲームではプレイしない/させない方針のようですが、これはいいニュース、オフシーズン、そして、来シーズンの楽しみが増えました!!

そのDALですが、「今オフのFA市場におけるトップターゲットはK.Walker」との報道が出ていました。

個人的には「チームメイトに恵まれてこなかったせいか過小評価されているのでは?」と思っている、そして、とても好きな選手なので、K.Walker + L.Donicic + K.Porzingisのビッグ3にはかなり興奮出来ます!

が、その一方で、本来ならK.Porzingisと相性が良さそうなインサイドに強いビッグマンの補強が優先なような気もします。

ビッグマンは比較的安価で獲得出来そうなヴェテランを狙う方針なのかな?

噂に上がっていたN.Vucevicもねぇ、いい選手ではあるものの年齢を含め色々とやや微妙なので、それなら選手としてよりベターなK.Walkerを!ということなのかもしれません。

だとすれば僕は大賛成!!

いずれにしても、L.DoncicとK.Walkerが並ぶバックコートは夢があります!

ぜひとも実現させて欲しいです!!

そして、もし実現したら長くコンビを組んで欲しいものです!!!

Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

「長い」といえば。

今日は、最近お作りしたイカしたロングシャツをご紹介します!

 

 

 

 

こちらです!

 

 

ロング丈。

ゆったりサイズ。

ローポジションのポケット。

ラウンドトップカラー。

そして、やや肉厚&バルキーな100% Linen。

 

このかなりのレイドバック感がなんとも魅力的な一枚に仕上がりました!

例えば短丈のライダースジャケット等とレイヤードして着ても間違いなく素敵ですし、もう少し暖かくなった時季にアウターとして着てもいいですよね😊

僕もロングシャツ作りたいです😊😊

 

 

 

畳んだ状態だとこういう感じです。

 

 

ラウンドトップカラー、いいな!

 

 

 

 

以上です。

 

G様、いつも本当にありがとうございます。

今シーズンはTと優勝争いでしょうか?

新人二人がいいようですし楽しみですね😊

今後との当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

吾妻光良最高!

という訳で今日は、その吾妻光良さんが客演もしているコージー大内の1stアルバム角打ブルース(2008年作品)を。

かつて購読していたBues & Soul Recordsの誌面で吾妻光良さんがベタ誉めしていた記事を読んで購入したのですが、これがまた濃厚な名作でして!!

LIGHTNIN’ HOPKINSマナーのカントリーブルースを大分県の日田弁で唄うのですが、その日田弁がめちゃくちゃいい具合なんですよね。

僕が知る限りでは日本人最高のブルースマンです😊

 

 

 

 

では、タイトルトラックを弾き語り動画でどうぞ。

 

 

最高!

この人の生ライヴはまだ観たことがないのでいつか観てみたいですね〜〜〜!

 

 

 

 

15th. Mar. 2019

Ryoji Okada

 

 

 

 



ポップ&ファンシーなポルカドットのリネン混紡ソックスが間も無く入荷します!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月・4月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

Loro Piana謹製の100% Cotton素材のパターンオーダーカジュアルパンツが¥25,000+tax~です!

 

 

The Loudest Voice vol.20 in store now!

 

 

“♡ Camo” silkの新色作成中です!

 

 

 

 

 

やはり野球は投手じゃの!

昨日のオープン戦で再認識!!

昨日は投手陣がひどかったおととい(坂倉選手がマスクをかぶった影響ももしかしたらあったのかな?)から一転、野村投手が4回81球5被安打1奪三振1与四球1失点と試合を作った後は中村恭投手、ヘルウェグ投手、菊池保投手、フランスア投手、レグナルト投手が零封でつなぎ、5-1の快勝に貢献しました。

 

特に後ろの2人は状態がかなり良さそうです。

助っ人は恐らく「投手3人 + 野手1人」の4人になると思うのですが、投手の3人目はレグナルト投手が有力ですね。

昨日の三者連続三振なんて、なかなか圧巻でしたもんね〜〜〜!!

もちろん、フランスア投手かレグナルト投手のどちらかが調子を落とした時にはヘルウェグ投手が、先発ローテーションに問題が起きた時にはローレンス投手が上がるようなこともあるでしょうけれど、現時点ではレグナルト投手を二軍に置いておく理由がまったく見つかりませんもんね!!

さてさて、今日はBとの試合が予定されています。

ぜひとも今日も投手陣の奮起に期待したいものです!!!

しっかし開幕が待ち遠しいなぁ。。。

Go! CARP!

 

 

 

ところで。

「待ち遠しい」といえば。

例えば、やっと作り始めたスーツの仕上がりとか、ちょっと前に仕込んだシャツの仕上がりとか、明日の宴席とか待ち遠しいことが山ほどある今日この頃なのですが、「待ち遠しいリスト」に新しいネタが補充されましたのでご紹介します😊

はい、このソックスの入荷であります!!

 

 

 

 

とってもポップでファンシーなポルカドット柄のリネン混紡ソックス!

 

 

これは絶対に欲しい!!

最近人気の某ブランドのコレクションも素晴らしいけれど、「信頼の日本製」&「絶妙にポップ&ファンシーさと上品さが融合した色柄」が最高なこのソックスの勝ち!!だと僕は思っております。

2019 Spring/Summerシーズン限定品なので複数う買う予定でおります😊

 

お値段は¥1,000+taxです!

 

入荷予定は3.23 Satです!

あ〜〜〜〜〜、待ち遠しい!!!

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

最後まで楽しもう

吾妻光良 & THE SWINGING BOPPERS

 

今日は午後イチでお得意様にお届けモノがあるので出かけてきます。

その後は仕入れ先に立ち寄って商談予定です。

という訳で、父親に会いには行けません、ごめんやで。

というあちこち移動デイなので「一枚」ではなく「一曲」を。

昨日おとといと愉しんだ吾妻光良 & THE SWINGING BOPPERSで「最後まで楽しもう」を!

超名曲であります😊

 

 

 

 

14th. Mar. 2019

Ryoji Okada

 

 

 



とってもモダンでスタイリッシュなイタリアンメッシュのベルトもオーダー出来ます!

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月・4月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

Loro Piana謹製の100% Cotton素材のパターンオーダーカジュアルパンツが¥25,000+tax~です!

 

 

The Loudest Voice vol.20 in store now!

 

 

“♡ Camo” silkの新色作成中です!

 

 

 

 

 

THE WATERBOYSの新譜リリースが遂にオフィシャル発表されました!

この前MIKE SCOTT先輩と会食した時に新譜の話は聞いていたのですが実際にアナウンスされるとやっぱり上がりますね〜〜〜!!

タイトルはWhere The Action Is、リリースは5.24 Fri、今回もLimited Editionありです!!

もちろん僕はLimited Editionを買います!!

ここからプレオーダー出来ますよ〜〜〜〜😊

新譜も出るし、ぜひともFuji Rock以外にワンマンショーを東京でやって欲しいんだけれど、先日の話では無理っぽいんだよな〜〜〜。

こうなったら、ヨーロッパツアーを観に行こうかな?

色々あって「もしかしたらミラノに行くタイミング?」と思っていたのでちょうどいいかもしれません。

ヨーロッパツアーでイタリア、そして、ミラノが外れることはないでしょうしね。

THE WATERBOYSだけでなく、VAN MORRISON、JOHN HIATT、NICK CAVEあたりのツアーもチェックしてみようっと( ̄▽ ̄)

あ、でも、その前にAntonioともうちょっとやり取りしなきゃ!

 

 

 

 

ところで。

「イタリア」といえば。

オーダーメイドベルトのマテリアルにとってもナイスなイタリアンメッシュが加わりました!

 

 

 

 

こちらです。

 

 

 

100年以上の歴史を誇る、そして「あらゆる素材を編み込むこと」で世界に名を馳せている名門Domodossola/ドモドッソラ社のイタリアンメッシュです。

高級感あふれる美しい編み目が特徴のこのベルト。。。

どう考えても、シーンを問わずにご愛用いただける逸品であります✌️

ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい。

 

イタリアンメッシュベルト(オーダー価格):¥14,000+tax~

 

*ベルト自体の生産は日本(made in Japan)になります。

*無地タイプの3色はテキスタイルを編み込んだメッシュになります。

*バイカラータイプの3色はレザーとテキスタイルを交互に配して編み込んだメッシュになります。

 

そして、実が現在オーダーベルト用にコードヴァンの取り扱いも準備しております。

需給バランスがかなり崩れてしまってなかなか確保が出来ないコードヴァンですが、恐らくGW前後には受注会が出来ると思いますので乞うご期待下さい!

あ、でも、コードヴァンよりも今はイタリアンメッシュをよろしくお願いします😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日に引き続き吾妻光良 & THE SWINGING BOPPERSの珠玉の名盤、今日は2006年作品Seven & Bi-decadeを。

結成27周年という意味を込めた(というかそのままの)タイトルの本作は僕が一番好きなアルバムです。

本当に最高!!

もちろんどの作品もゴキゲンなんですどね〜〜〜〜!!

 

 

 

では、特に僕が好きな数曲のうちの1曲「150~300」をライヴ動画でどうぞ。

 

 

また生ライヴが観たいな〜〜〜〜!

 

 

 

 

13th. Mar. 2019

Ryoji Okada

 

 

 

 



やっぱり麻を着よう!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月・4月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

Loro Piana謹製の100% Cotton素材のパターンオーダーカジュアルパンツが¥25,000+tax~です!

 

 

The Loudest Voice vol.20 in store now!

 

 

“♡ Camo” silkの新色作成中です!

 

 

 

 

 

音楽ってやっぱりいいものですね。

昨日、イタリア人のお得意様A.V様と音楽の話をしました。

曰く「OZZY OSBOURNEとGENE SIMMONSが好き。バンドとしてはMETALLICAが一番好きで、SLAYER、TESTAMENT、EXODUSが好き」「最初はMOTÖRHEADとSAXONから始まったね!」「この先のビアンキの店(今はもうなくなってしまいました)に行く途中でLOUD GARDENを見つけたんだ。好きな音楽の香りがしたてよ」

趣味が良過ぎ!!

そして、超嬉しいエピソード!!

フランクな方なので以前からいろいろと話はしていましたけれど、音楽の話はグッと距離を縮めてくれます。

土曜日にはこんなことが。

「岡田さんがBlogで紹介していたTHE PRODIGYがめちゃくちゃかっこよかったので早速ダウンロードしました」。

あ、もしかしたらダウンロードではなくて「ストリーミングでお気に入りにした」とかだったかも。。。

僕は今だにダウンロードもストリーミングをやっていないので(汗)。。。

それはともかく、グッドミュージックを広めるのはライフワーク的なものなので、このような反応は理想的、なんとも嬉しい限りです!

A.V様もT様も本当にありがとうございます😊

 

 

 

 

ところで。

「やっぱり」といえば。

まだ春が本格化していないのに夏の話をするのも気が早いようですが。。。

数ヶ月後に訪れる夏。

クールビズの完全定着やカジュアル化の進行、威力を増すばかりの猛暑等々でスーツやジャケットを着る機会が少なくなってきている昨今の夏。。。

そして、シワっぽさ(←それが魅力ではあるのですが!)や初秋でシーズン終了といった理由からか10年前に比べたらかなり需要が減っているように思えるリネン。。。

それでも、いや、だからこそ、夏は「やっぱり麻を着よう!」と強く思います!

だって、スタイリッシュですもん( ̄▽ ̄)

という訳で今日は、「2019 Spring/Summerシーズン最初の麻」をご紹介します!!

 

 

 

 

こちらです!

 

 

名門中の名門マーチャントHarrisons Of Edinburghの銘品Mersolairのグレンチェックでお仕立てしたジャケットです。

「This is 英国紳士!」的なデザイン、ディテイル、そして、佇まいが最高にスタイリッシュな一着です。

大学教授をなさっているお得意様からのご注文品なのですが、このジャケットをお召しになって教鞭を執る教授。。。

ダンディ過ぎます!!!

 

 

 

ライニングも同系色でまとめました。

 

 

当然夏でもフルライニング(総裏)仕様!

さすがは英国マナーがよくよく分かっていらっしゃるS様です🇬🇧

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– Made in Englandのリアルホーン(本水牛)ボタン
– リアルボタンホール(本開き切羽)
– スランテッドボタンホール
– 色違いボタンホール

 

はい、もちろんアップチャージなしのディテイルです!

 

 

 

以上です。

最高にスタイリッシュでダンディなリネンジャケットですよね!

S様、いつも本当にありがとうございます!!

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます😊

 

という訳で。。。

 

やっぱり麻を着よう!!!

 

 

 

僕も早く↓下に見えているこのブラウンベースにゴールドのポルカドットプリントというコンビネーションがとにかくクールなリネン↓でスリーピーススーツを作らなければ!!!

 

 

この夏も。。。

 

やっぱり麻を着よう!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のタイトル「やつぱり麻を着よう」は、吾妻光良 & THE SWINGING BOPPERSの名曲「やっぱり肉を喰おう」を捩りました。

という訳で、今日はやっぱり肉を喰おうが冒頭に収録されているSqueezin’ & Blowin’(2002年作品)を。

やっぱりこの音源は最高過ぎますね!!

THE PRODIGYやFATBOY SLIMもすごくカッコ良いですけれど、僕はこっちの方がやっぱり好きだな〜〜〜〜!!

全世界で1,000万枚売れても不思議じゃないんですけどね(笑)。

 

 

 

では、「やっぱり肉を喰おう」を音だけですが!

 

 

最高です!

今夜は、やっぱり肉を喰おう!!

夏は、やっぱり麻を着よう!!!

 

 

 

 

12th. Mar. 2019

Ryoji Okada

 

 

 



3.11に襟を正す。

Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

3月・4月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします。

 

 

Loro Piana謹製の100% Cotton素材のパターンオーダーカジュアルパンツが¥25,000+tax~です!

 

 

The Loudest Voice vol.20 in store now!

 

 

“♡ Camo” silkの新色作成中です!

 

 

 

 

先週はアルコールをほとんど飲みませんでした。

体調が悪いとかではなく、巡り合わせでそうなりました。

なので、夜は色々と思索に耽ることが出来ました。

 

広島東洋カープの今シーズンの投手運用について。

NBAのMVP争いとMILがいかにすれば頂点に立てるかについて。

「借りたものを着払いで返す」という離れ業を平気でやってのける人物の思考回路について。

20世紀末の音楽シーンの変遷について。

LOUD GARDENの今後について。

とある人物の困ったわがままについて。

 

エトセトラ。

 

でも、やっぱりこの時期になると東日本大震災について思うことが多くなります。

というのも、僕が某中堅(←と書いたら怒られるかな?)メンズアパレル企業と一緒にやっていたA WORKROOMを解散、完全インディペンデントになってLOUD GARDENを立ち上げたのには様々な理由があるのですが、その大きなひとつが東日本大震災だったからです。

報道等であまりにも甚大な被害を目の当たりにして言葉を失った3.11の数日後に、現地にいるとある人物からの依頼で宮古市近辺の避難所情報を僕のBlog(このDiaryではなく以前にやっていたA WORKROOM diaryというBlog)にアップし始めました。

(まだ見ることは出来るはずだけれど)もう見ることはないので詳細は思い出せませんが、肉親やご友人の無事を確認したい方々や避難所を回っている方々にコメント欄等を利用してもらうことで、僕のBlogは少しだけパブリックな情報交換の場として機能しました。

それが縁となって、たったの2回だけでしたがヴォランティアとして現地に入りました。

初回は宮古市で、2回目は陸前高田市だったと記憶しています。

 

宮古市では、津波で運ばれた泥や流木や諸々を民家から運び出す作業をしました。

僕ら3人が編入されたチームが担当したのはとても大きな庭がある民家だったので、そして、すごい量の諸々が庭を占拠していたので「これは絶対に人力では無理。。。」と思いました。

実際に午前中は、やれどもやれども先が見えない状況だったと記憶しています。

が、しかし、合計で10名くらいのチームだったでしょうか、全国から集まった見ず知らずの方々と力を合わせて作業をした結果、作業終了時間までにはかなりきれいになりました。

まったくもって今更だけれど「ひとりでは無力でも皆の力を結集すれば出来ないことはない」ことを痛感しました。

そんな初日の解散時に、ご自身も被災した僕らのチームのリーダー(確か被災前はロックな飲食店をやられていたと仰っていました)がかけてくれた言葉が今でも時々胸に去来します。

確か僕が「何の役にも立てず。。。すみません」みたいな発言をしたんですよね。

すると彼が「そんなしみったれた顔しないでよ。こうやってわざわざ来てくれて、誰か(ここでは民家のご主人を指しています)が救われて、この後盛岡への途中(僕らは盛岡を拠点にしていました)にある居酒屋あたりでお金を落としてくれる、それで十二分じゃない。どう考えてもすごく役に立ってるでしょ、ほんとにありがとう。でも、運転する人はお酒飲んじゃダメだよ〜〜〜!」みたいな言葉を返して握手をしてくれたんですよね。

「東京に戻っても今まで以上に頑張って、稼いで、またお金落としに来てよ!」とも。

こんなやり取り、その頃の彼はきっと毎日のようにしていたんでしょうけれど、彼の眼と言葉と握手の力強さから定型的なものは微塵も感じられず、僕たちは強く心を打たれました。

*その後の盛岡まで戻る道中のエピソードは「本日の一枚」で触れます。

 

一度東京に戻って数ヶ月後に入った陸前高田で目にした光景はより一層衝撃的でした。

まるで映画のセットか何かのように前後左右何もない一面の荒野。。。

今でも忘れられない、いや、鮮明に覚えています。

作業は宮古に比べて軽作業だった記憶があります。

そういえば、作業をしていた場所からちょっと離れた高台(だったかな?)に神社があって、そこで昼食をとったのですが、その神社を仮住まいにしている方の話も強烈だったなぁ。

 

—–

後悔しない日々を生きよう。

あのリーダーに恥ずかしくない己でいよう。

ひとりは無力だからこそひとりで始めよう。

正しさより楽しさ。

時間を無駄にするな!

失敗や喪失や後退を恐れるな!

—–

 

あの体験を通してこんなことを思いました。

そして、かような想いは「A WORKROOMからLOUD GARDENへの移行/成長」を強く後押しすることになります。

もしかしたら時系列等が大きく間違っているかもしれませんが、東日本大震災にまつわる2019年時点での僕の記憶です。

 

本当は毎日思い出すべきなのかもしれないけれど、3.11を迎える頃になると毎年あの時のことを思い出します。

でも、かといって、毎年こんなことを書いている訳ではありません。

ではなぜ今年は書いているのか?

「あの時の想いが今はどうなっているのか?」という自問自答の必要性を感じているのかもしれません。

身体は錆付き始めていても、脳味噌の回転数は落ち始めていても、当初の想いだけは汚してはいけない。。。

どころかますますブラッシュアップさせているべきですもんね!

こんなタイミングでミラノの大切な友人Antonioから嬉しい情報と提案をもらえたのも、敬愛してやまない音楽家の新譜のジャケットに嬉しい発見をしたのも「そういうこと」かもしれません。

さあ、もうすぐ7周年!

初心を省みて、未来を見据えて、襟を正して、新たな路を切り拓いていこう!!!

 

という感じで目覚めた今朝、今年の3.11はより未来志向で迎えられたような気がします。

いつかまた、いや、近いうちにまた、現地を訪れてお金を落としたいです。

あのロングヘアーがよく似合うリーダーもきっとまた店を再開して流行らせているでしょうしね!!

 

でも、まだ2,533人もの方の行方が分からず、52,000人もの方々が避難生活を強いられているのも事実。

ひとりでも多くの方が、1日でも早く平静な日々を取り戻せますように願わずにいられません。

そして、そんな方々に少しでも貢献出来るように、僕らは僕らの日々を懸命に生きるしかないと改めて思いました。

取ってつけたようになってしまいましたが、心からそう思います。

 

 

 

 

「襟」というワードが出たので、今日はカラーとカフスにファンシーな素材を使用したホワイトシャツをご紹介します。

 

 

 

いずれもとても素敵ですよね😊

O様、いつも本当にありがとうございます!

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

宮古市から盛岡まで帰る道中、僕らはほとんど無言でした。

その時は大阪から入った先輩、東京からの僕、盛岡在住の後輩の3人だったのですが、それぞれが思うところがあったせいでしょう。

ですが、AMOS LEEのMission Bell(2011年作品)というアルバムを流し始めてから(なぜ僕が本作を持っていたのか、なぜ僕が本作を流したのかは記憶にありません)空気が変わりました。

先輩の「何この曲、すばらしいじゃん!」という一声とAMOS LEEの歌が3人のほっとさせたのか、急に肩の力が抜けた感じがして、その日にあった/思ったことをそれぞれがぽつぽつと口にし始め、盛岡に着いた頃には「俺たちこそもっともっと頑張らなきゃね」と結論づけることが出来ました。

笑顔とともに。

ポジティヴヴァイブスとともに。

そして、AMOS LEEの歌のような柔らかさとともに。

もちろん、それまでの道中がネガティヴだったという訳では決してありませんが、被害の大きさ、自分たちの無力さ、被災された人に励まされるという情けなさ等々の色々がショッキング過ぎて「ヘッドライトに照らされた前方に広がる暗闇を睨みつけるしかない」といった感じの重い空気が漂っていたのも事実。

でも、その空気をAMOS LEEが塗り替えてくれました。

音楽って本当に素晴らしいですね!

という訳で、今日は(正確には昨夜から)そのMission Bellを丁寧に聴き直しています。

いつ聴いても本当に素晴らしい作品です。

 

LEONARD COHEN、VAN MORRISON、THE WATERBOYS、BRUCE SPRINGSTEEN、JOHN HIATT、HOTHOUSE FLOWERS、HEATWAVE、エトセトラ。

「心底から好きなバンド/ミュージシャンリスト」にAMOS LEEが入ることは今のところないのですが(←とはいえ、相当に好きですけれど。。。)、本作はきっと死ぬまで「人生で最も忘れられない一枚」であり続けると思います。

 

 

 

 

では、珠玉のオープニングチューンEl Caminoを弾き語り動画でどうぞ。

 

 

心洗われる名曲。

 

 

 

 

そして、先輩が心を動かされ「素晴らしい!」と評したBehind Me Now。

 

 

素晴らしい!

いつかこの人の生ライヴも観てみたいです。

 

 

 

 

11th. Mar. 2019

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.