Ryoji Okada Official Website

Diary

New bunch books for Spring/Summer 2018, vol.7

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の水曜日は13:00-20:00で営業致します。

 

 

2.18 Sunまで<THOMAS MASON Fair>を再開催中です!

 

 

“♡ Camo”シャツ素材の新色追加投入が決定しました!!*来春の予定です。

 

 

♡プロポーズをするならRYOJI OKADAのジャケットで♡

 

 

オーダーメイドのスーツやジャケットはスペシャルなギフトにも喜ばれております!

 

 

 

 

平昌オリンピックが盛り上がってきている今日この頃ですが、実は今週末はNBAのAll-Star Weekendでありますっ!

そして、金曜日と土曜日に会食を入れておりますっっ!!

そしてそして、金曜日は厚井さんDayだし、この土日はまだ2つだけれどアポイントメントをいただいているし、絶対に頑張り抜いて3連勝したい気分でおりますっっっ!!!

あ、All-Starの本戦は日本時間の月曜日だから、目指すなら4連勝だ。。。

それにしても。。。

滅多にない「オリンピック + NBA All-Star Weekend + 会食 + 仕事」ですからねぇ、とにかく体調を万全にして頑張り抜かねばっっっっ!!!!

Go! RYOJI!

 

 

 

 

ところで。

「盛り上がってきている」といえば。

今週末はまた寒〜〜〜くなるようですが、店頭には続々と2018 Spring/Summerシーズンの新作バンチブックが入荷してきておりまして、徐々にではありますが熱〜〜〜く盛り上がってきております!

という訳で、本日も新作バンチブックをご紹介します。

 

 

 

 

こちらです!

 

 

超老舗マーチャントScabal/スキャバル社の新作Golden Ribbonです!

「マーチャント」とはいえ、このコレクションはハダースフィールド(懐かしい!またいつか訪れたいです!!)にある自社工場で織っているので実質ミルみたいなものですね。

それはともかくこのGolden Ribbon、今後末長くScabalのベストセラーコレクションになるのではないか?と思わせる程の見事な完成度を誇っております。

まずはその品質ですが、100% Super 120’s Wool(240g)のPrunelle-weave(2/1の綾組織)という、どうでしょうヨーロッパでならオールシーズン提案されるであろう品質で、強撚糸使いによりシワになりにくい特性を持っています。

もちろんそれだけではなく、(原毛の品質の高さを含めた)超高品質の素材でないと産まれ得ない、深みのある上品な光沢や豊かでしっとりとした手触りにも恵まれています。

この美しい光沢は、原料だけではなく高精度の最終整理/プレス工程の影響もあるはずですね。

もちろん「時流よりもScabal流にこだわった」色気のあるシックな色柄も極めて秀逸で、他のバンチブックでは見ることがないような素材が多数収録されております。

という能書きはこのくらいにして早速中身をご紹介します!

 

 

 

冒頭から「むむむっ!」というような色柄が飛び出してきます!

 

 

一番上に見えているブルーベースにピンクのウィンドウペーンなんて、最高にシックかつセクシーですよね!

その下の2マークもかなり珍しい色目ですよね。

この2マーク、次々にご注文が入る色目ではありませんけれど、なんとも魅惑的です。

特に下側(上から3番目)のグレイジュはいつか作ってみたいなぁ。。。

 

 

 

このマイクロパターンもと〜〜ってもスタイリッシュです!

 

 

ミニダイアゴナル柄とこの色目、しかも5マークも!

さすがのScabalさんです。

個人的には、上から2番目に見えているグレイッシュなブラウンを特に気に入りました!!

この素材でクラシカルなスリーピーススーツを作りたいです。

 

 

 

ユニークなミニチェックもあります。

 

 

どれも素敵ですよね!

これくらい小さめのチェックも悪くないな〜〜〜〜。

一番下のネイヴィでシックなダブルブレステッドのスーツを作ってみたいです!!

あるいは、上2枚のセットアップを作ってみたいです!!

その場合はやっぱりネイヴィがジャケットでグレイがボトムスでしょうね。

 

 

 

かようにクリエイティヴな幾何学模様もありましたっ!

 

 

これはエロい(笑)。

一番下のブラックでパーティ用のスーツを作ってもいいし、上から二番目のネイヴィでジャケットを作ってもいいし、一番上のブルーでスーツあるいはボトムスを作ってもいいし。。。色々考えられますね!

何はともあれ、いずれの場合もエロく作りたいです(笑)

 

 

 

再びマイクロパターン!

 

 

軽い気持ちで見たら見逃してしまいそうな素材もありますけれど、いずれも超ナイスな素材です!

下から三番目に見えているパープルはU様におすすめしたいなぁ。。。

U様でしたらこの素材のスーツでもきれいに着こなすことでしょう!!

 

 

 

僅かにあるストライプもとても繊細な「顔」を持っています。

 

 

きめの細かい端正な素材ですよね。

間違いなくハンサムにしてエレガントなスーツが仕上がることでしょう!

 

 

 

 

以上、Scabalの極上コレクションGolden Ribbonでした。

もちろん、無地も充実しています!

完全にプレーンな素材だけでも19マークもあります。

しかも、そのプレーンレンジはチャコールグレイやダークネイヴィ、ブラック以外はいずれもひとひねり効いた色目に仕上がっています!!

素晴らしい!!!

 

しかし、Prunelle-weaveってかなりイタリア的なのですが、そんな素材をイギリスはハダースフィールドにある自社工場でベルギーはブリュッセルに本拠地を持つマーチャントが織らせる。。。

色々ユニークですよね!

でも、そのこだわり?ひねり?がここまでユニークなコレクションを産むのでしょう。

そんなことを思いながら1マーク1マークめくりながらじっくり見ていくとなんだか少し感慨深いです!

皆さまもご来店の際にはじっくり&ゆっくりチェックしてみて下さい!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

最近何故か頭の中で鳴り止むことがないMad About You(笑)。

昨日ライヴ盤で聴いてみたところ「やっぱりオリジナルも聴いたいね!」と思ったので今日はThe Soul Cages(1991年作品)を。

今更ながらですが、Nothing Like The Sun(1987年作品)とTen Summoner’s Tales(1993年作品)という傑作に挟まれているのと、内容そのものとでかなり地味な印象の作品ですよね。

でも、それでも素晴らしい!というか、それが素晴らしい!というか。。。

内容は最高ですね!

一昨年リリースした57th & 9thも素晴らしかったけれど、やっぱりこの頃の音源の方がより聴き応えがありますね。

 

 

 

 

では、3曲目収録のMad About Youは今日はライヴ動画でどうぞ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=2vAQx1y1CcE

 

若いな〜〜〜〜!

この人の生ライヴも観ているはずなんですけれど、かなり昔だから記憶が飛んでいます。

また観てみたいな!!

 

 

 

 

14th. Feb. 2018

Ryoji Okada

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.