Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Repair & Remake ] category.

「Hバックル」に合うベルトを2本お作りしました!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

8月は「水曜日・木曜日定休」に戻して営業します。

 

 

「8周年記念蜂Tシャツ」最新在庫情報!

 

 

「Abbey Roadシャツ(とマスクとバンダナ)」作りました!

 

 

Jean Michel Basquiat’s fabric/バスキアの素材入手しました!

 

 

 

 

昨日、8.17は私の誕生日でありました!

1年365日、どの日も同じかもしれませんが、8.17生まれの著名人ってなかなか悪くない感じなんですよね!!

ちょっと挙げてみましょうか😊

まずはRobert De NiroとSean Penn、僕も大好きな個性派&大俳優のふたりです!

ただただ同じ日に生まれたというだけですが、なんだか少し誇らしいです(笑)

Nelson Piquet(F-1)、Jim Courier(テニス)、Jorge Posada(野球)、Carlos Newton(MMA)、Thierry Henry(サッカー)、Dustin Luis Pedroia(野球)といった、通好みのアスリート(「カープ枠」は最後に!)も8.17生まれです!!

そして、日本人では蒼井優さんと戸田恵梨香さん、美しき若手演技派女優両巨頭(ですよね?)が8.17生まれです。

昨日まで知らなかったのですが、このおふたかたには急に親近感が湧いてきました、まったくもって現金な男であります(笑)。

が、しかし、「肝心の」ミュージシャンに8.17生まれはあまりいなくて、著名どころではEric JohnsonとBelinda Carlisleくらいになります。。。

あ、華原朋美さんもそうだ!

意外なところではかつて中華人民共和国のトップに君臨した政治家江沢民氏もそうなんですね!

まだ93歳でご存命のようです。

政治家といえば、松浪健太さんは生まれた年まで一緒です!

音楽好きなところまで共通しています😊

しかも、ご縁をいただいてスーツとシャツを何着も作っていただきました!!

最後に我が広島東洋カープ関連の8.17生まれの人物をふたり!!

まずは、我々カープファンが「安仁屋算」と呼ぶ超ポジティヴな机上の空論がトレードマークの元投手/コーチ/監督かつ現評論家/解説者の安仁屋 宗八翁、そして、今季遂に打撃開眼か!と思われたものの現在は極度の不調に陥っている堂林翔太選手です!!

その堂林選手ですが、ここ数試合は本当に状態が悪そうですね。。。

外に逃げる低めの球に手が出てしまう悪癖が出ているようですし自信も失いかけているように見えます。

明らかな失投をミスショットするシーンも目立ちます。

あれだけ打っていたので相手チームが研究したというのもあるでしょうし、(一度は送球難で諦めた)三塁手で先発→試合終盤では守備固めで一塁手という起用方法と定まらない打順等の影響で、打席に立つ以前の難しさや疲労があるのかもしれませんね。

とはいえ、それは首脳陣が「不動の打順&守備位置で起用するほどの信頼感」をまだ持っていないという自ら招いた背景がある訳ですから仕方がないですね。

ここはひとつ、なんとか持ち直して欲しいものです!

同じお誕生日の安仁屋翁を見習って、前日にめちゃくちゃにお酒を飲んで二日酔いで当日練習に参加するくらいの豪胆さを発揮するのも。。。なしですね(笑)。

いずれにしても、今日はお休みなのでじっくり休養して英気を養って欲しいものです!

 

 

 

 

ところで。

「広島東洋カープ」といえば。

今はCがトレードマーク(?)ですが、かつてはHでした!

という訳で今日は、先週お渡ししたばかりの「Hバックルのベルト」をご紹介します。

お得意様からの「過去に購入したベルトのレザー部分が劣化してしまったので、バックルは生かしてレザー部分だけ新たに作りたい」というご要望を受けて作ったベルトです。

天下のエルメスさん謹製のベルトなのですが、構造が少し特殊でしたのでベルト工房にいろいろと工夫してもらって作ってもらいました!

結果、とってもきれいに仕上がりました!!

これにて、恐らくまた10年くらいはガンガンお使いいただけると存じます😌

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓はお持ちいただいた「元の状態」です。

 

 

この画像では分かりにくいのですが、レザー部分がかなり経年劣化してしまっています。

でも、ご覧の通りにバックルは(小さな傷こそ入っていますけれど)かなり状態がいいです!

確かにレザー部分だけ新調出来たらなぁ。。。と思いますよね😊

だって、このバックル、とってもかっこいいですもん!!!!

だけでなく、とてもエレガントですもん!!!!

それはともかくレザーの最も傷んだ部分を「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

特に劣化が激しかったのは↓この辺り↓です。

 

 

ステッチを縫い直す応急処置的なリペアも可能でしたけれど、レザー自体がかなり傷んでいましたので根本治癒/新調する方向で承りました!

という訳で、出来上がった2本(ブラックとチョコ/ダークブラウン)をご紹介しましょう!!

 

 

 

まずはブラックです。

 

 

元々のエルメスさんのベルトはリヴァーシブル仕様だったのですが、バックルを2つお持ちなことと普段からリヴァーシブル使いをしていらっしゃらなかったことから、今回はブラックとダークブラウンをそれぞれ1本ずつつお作りしました😊

とはいえ、反転させてリヴァーシブル使いが出来るようには仕上げてはおります😎

左端に置いてあるのはベルトと同じレザーでお作りしたキイホルダーです!

オーダーメイドならではの「おまけ(無料)」です。

それはともかく、本当に素敵なベルトですよね!!

 

 

 

続いてチョコ/ダークブラウンです。

 

 

僕の撮り方がまずくこの写真ではかなり黒っぽく見えますがちゃんとブラウンです!

 

 

 

この「レザー部分を2枚通す箇所」の高さが低めだったので作成に少し苦労したようです。

 

 

具体的には、通常のベルトの厚みだと2枚通すことが出来ない高さだったため、芯地を薄くするなどの工夫を施して作成しています。

また、元々のエルメスさんのレザー部分はこれより更に薄かったのですが、そして、今回もエルメスさんと同じくらいの薄さにすることも可能だったのですが、「堅牢度」を考えてこの厚さでお仕上げしました!!

ちなみに、デザインはエルメスさんをほぼ「完コピ」です😎

これってもはや完全なるフルオーダーですね!?

 

 

 

 

以上です。

気に入ったもの/良質なものを購入してそれを長く使う。。。

とっても素敵なことですよね!

LOUD GARDENはかような「再生」オーダーも承っております。

ご体型の変化や経年劣化等で、現状では着用が難しいものの処分してしまうには残念な愛着品がありましたらぜひともお気軽にお問い合わせ下さい。

技術的に出来る再生でしたら絶対にお断りしません!!

 

F様、いつも本当にありがとうございます。

また諸々仕上がりましたらご連絡いたしますのでもうしばらくの間だけお待ち下さいませ。

そして、猛烈な暑さが続いております、どうぞご自愛下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のLOS LOBOS音源はオフィシャル音源としては初めてリリースされたライヴアルバムLive At The Fillmore(2005年作品)です。

音楽業界ではしばしば見かける「叩き上げのライヴバンド」という表現が最も似合うLOS LOBOSのライヴ盤ですかね、悪かろうはずがありません!

選曲もバッチリですし!!

もしも敢えて難癖をつけるとすれば「尺」でしょうか。

きっと実際のライヴはもっと長いのでしょう。。。

なので、ぜひともいつか丸々ライヴ一本がコンパイルされた2枚組、あるいは、ライヴのBox Set等をリリースして欲しいですね!!

というか、生ライヴが観たいです。。。

本作を聴けば聴くほどその想いは強くなります。。。

いつか必ず!!!!

 

 

 

 

では、本作のエンディングトラックいして唯一のカヴァー曲What’s Going Onをスタジオライヴ動画でどうぞ。

 

 

DAVID HIDALGOの歌の素晴らしさよ!

 

 

 

 

18th. Aug. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



不要となったジャケットをキャップにお仕立て直ししました! vol.2.

Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 “♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能でございます!!

 

 

4月の水曜は14:00-20:00で営業いたします

 

 

「オーダーシャツ ¥3,000 off キャンペーン」開催中!

 

 

 

 

「不要不急の外出は自粛」な週末2日目。

今日も有要有急(←という文言はないと思いますが。。。)な作業がかなりあるので、そして、来週からお召しになる必要があるジャケットをピックアップにいらっしゃるお得意様がいらっしゃるので、そしてそして、今日受け取って検品を終えたらすぐに出荷すべき荷物が届くはずなので、僕とGorden君の2人体制で今日も通常営業します。

ただ、東京都民、いや、日本国民の健康のための「自粛要請」ですからね、今まで以上に換気と消毒(消毒関係の液体がまったく買えないので、現在は某TV番組が教えてくれたキッチンハイターを薄めて作った自作の消毒液を使用しています)をしっかりして、絶対に今日中にやらなくてはいけないワークがないスタッフには休んでもらって、Gorden君も今日中に仕上げる必要がある作業に要するであろう時間のみの出勤にしてもらって、「少しでも都知事の要請に応えられるような通常営業」を出来るよう強く心掛けます!!!

ちなみに1日目だった昨日ですが。。。

お得意様にとって完全に「不要不急ではない」ご来店が複数ありました。

そして、FBのメッセンジャー経由で、ブルゾンタイプのワークジャケット1着とシャツ1枚のご注文をが入りました!!!

ワークジャケットはいつもメッセンジャーでご注文を下さる&現在ボトムス1本とシャツ2枚を制作中のお得意様K様、シャツは大学時代のアルバイト関係の友人で和製CHIRS ROBINSONと呼ばれる秀才?天才?A君からのご注文でした。

K様はここ数日やり取りをしていたのですが、僕のいつもながらくどくどと長い説明文やたくさんのご提案にご辛抱いただいてのご注文。

A君は昨日このDiaryでご紹介したシャツを見てのご注文。

まったく異なる経緯だけれど、いずれも本当に、最高に、心底からありがたいです!!!

心より御礼を申し上げます!!!

 

 

 

 

ところで。

「2」といえば。

今日は、先日ご紹介した「諸般の事情で不要になったジャケットをキャップ/ハットに作り直す」リメイク紹介の第2弾をご紹介します😊

前回は8枚ハギのキャスケットタイプだったのですが、今回はハンティングタイプのキャップを作成しました!

着ることはなくなったけれど、捨てるのは忍びないアイテムに新たな息吹を与える。。。

とってもいいですよね!

たくさんのそういうアイテムを持っている僕もいつかやろうと思っております!!

では、早速ご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

 

とても素敵ですよね!

「天井」はジャケットを解体して取れる最大巾を勘案して3枚ハギにしたのですが、それが既製品とは違う感じがするとてもいいアクセントになっていると思います😊

もちろん、ライニングも残布を使いましたのでとってもエコフレンドリーであります😊😊

うん、僕もどこかのタイミングで着なくなったジャケットをキャップにしよう!!

 

 

 

ちなみに、解体後のジャケットは↓こんな↓です!

 

 

 

結構使っていますよね!

そして、このジャケットもなんかアヴァンギャルドで危険な香りがする。。。

ちょっと手直ししたら着れそう!!

という気がするのは僕だけでしょうか???

 

 

 

 

それはともかく。

O様、いつも本当にありがとうございます!

次はチノクロスパンツが仕上がりましたらまたご連絡いたします!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

ここ数日CHRIS ISAAKの音源を楽しんでいたのですが、同じCHRISでもROBINSONの話題が上で出ましたので、今日はTHE BLACK CROWESを!

10年前までならば、1stか2ndか5thを手に取っていたに違いないのですが、今日は何故か3rdのAmorica(1994年作品)をセレクトしました。

リアルタイムではあまりピンとこなかったんですけれど、LOUD GARDENをオープンした前後あたりから、本作はすごくお気に入りになっています😊

いわゆるチャートを駆け上がる、あるいは、ライヴの本編終わりやアンコールで披露されるようなキラーチューンに恵まれた作品ではないけれど、全編にわたって楽曲が素晴らしいし、バンドの演奏とサウンドプロダクションも極上です!!

THE BLACK CROWES史上最もクールな作品ではないでしょうか。

 

 

 

 

では、本作の個人的なハイライトチューンHigh Head Bluesをライヴ動画でどうぞ!

 

 

凄まじくかっこいい!!!

そして、A君が歌ってる〜〜〜〜(笑)。

 

 

 

 

29th. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



ネクタイの「糸引き」のリペア

Loud Garden / NBA / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

7月の水曜日は13:00-20:00で営業いたします

 

 

“♡ Camo” socks just arrived!

 

 

7.22 Sunまで開催中!<オーダーシャツ×2枚=¥16,000+tax~>キャンペーン

 

 

俺の極上新作スリーピーススーツ!

 

 

俺の極上新作ブルーグラデーションセットアップ!

 

 

 

 

昨晩はクロアチアの応援に燃えたぜ!

結果は残念だったけれど、今大会2回目かな?白赤の市松模様ユニフォームが見れてよかったです!!

しかし、これでもうW杯も終わりか〜〜〜!!!

ウインブルドンも終わったし、あとは野球に専念するしかないね(笑)。

カープ!カープ!!カーーーーーープ!!!

 

さて、オフシーズン中のNBAですが、相次ぐ大怪我に悩まされたドラフト2位プレイヤーJ.ParkerのCHI移籍が決定しました。

何の見返りもなく出ていかれるのは少々残念です(昨シーズンの内のトレードを模索していたようですが決められなかったようです)けれど、そもそもエースのG.Antetokounmpoおよびチームの精神的支柱K.Middletonとかぶる部分が多い等々そこまでチームにフィットしていなかったのも事実ですし、HCも変わりました(≒ 戦術もかなり変わるっぽい)し、ルーキー契約が終わり高額になることは目に見えていましたし、MILにとってもJ.Parkerにとってもよい変化だったと思うようにしましょう!

とはいえ、新戦力が優秀なHCとB.Lopezとルーキーだけでは心許ないのも事実です。

ここはひとつ、うまいトレードで戦力を整えたい、具体的には優秀なウィングプレイヤーを獲得したいところです。

来シーズンの東ならちょっとしたことで頂点を狙えるかもしれませんしね!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「高額」といえば。

今日は最近やらせてもらったリペアワークのご紹介を。

「廃番でもう二度と買えない大切なネクタイの糸が飛んでしまったのですがどうしても直したい」というご依頼を受けてのワークでした。

このリメイクはかなりの職人技が必要なため、高額。。。とまではいわないまでも、まあまあ金額がしてしまいます(糸引きの長さ、生地の状態によって異なります)が、上記のような特別なご事情なら試してみる価値があるのではないでしょうか。

「愛着のあるモノを大切に生きる」って、ある意味で最高におしゃれですもの(^_-)

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

リペア前です。

 

 

残念なことに最も目立つ位置に糸引きのキズが入ってしまいました。

特別にお気に入りだったとのことですから、さぞかしショックだったことでしょう。。。

お気持ちお察しします。

 

 

 

リペア後です。

 

 

わずかに直し跡は残っておりますがとてもキレイ、かなり新品に近い状態に戻りました

実は、今までの長い洋服屋人生でもこのリペアワークは一度も承ったことがなかったので「正直直せるか分かりませんが、まずはあらゆる伝手を使ってリサーチいたします!」とお約束してから約1ヶ月、このようにミッションを完遂することが出来ました!

手前味噌ながら素晴らしい!!

 

T様、当店を頼っていただき大変に光栄でした。

何とかキレイに直せてホッとしております。

あ、ちなみに、糸を切らずに残しておいて下さったのが幸いしました!!!

 

以上です。

愛着のあるモノは大切にしましょうね!

洋服周りのリペア/リメイクでしたらお気軽にご相談下さい!!

 

*リペア/リメイクのご相談/お見積もりは無料で承っております。

*リペア/リメイクは当店以外の商品でも承ることが可能です。

*お電話やe-mailでのお見積もりは出来ませんので必ず現物をご持参下さい。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もHEATWAVEのMaxiシングルを!

1996年にリリースされたポリドール移籍第一弾シングルですね。

新天地に移籍して、この名曲を作り上げ、Maxiシングルをリリースして。。。

何で大ヒットとならなかったのか。。。

本当に謎です。。。

それくらいに素晴らしい曲です!!

この曲を聴いて力が湧き出てこないことはありません!!!!

色々と絶好調な時に、そして、ここ数日のような晴れ渡った天気の日にこの曲を聴くと、ビルの天井までダッシュで駆け上がり青空に向かって「ボヘミアンブルー!!!!!!!!」と全力で叫びたくなります(笑)。

 

 

 

 

では、そのボヘミアンブルー。。。は、動画が落ちていないので時期も曲調も違うのですがこれまた名曲フリージアをミュージックヴィデオでどうぞ。

 

 

ボヘミアンブルーは。。。

本当にすご~~~~~い名曲なのでぜひとも聴きに来て下さい!

今日は終日3曲入りのMaxiシングルをかけ続けます(^_-)

ちなみに、カップリングされている2曲(Tokyo City Hierarchy、Mr. Songwriter)も秀逸です!!

 

 

 

 

16th. Jul. 2018

Ryoji Okada

 

 

 



The latest repair work : Le Rouge et le Noir

Hiroshima Carp / Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

10月の水曜日は13:00-20:00で営業致します。

 

 

オーダーメイドのデニムパンツ/ジーンズ始めます。

 

 

要注目!「暗闇でキラリ!と反射する」極上アーバンツィードNEON by W.Bill

 

 

10.19 Thuから10.26 Thuの一週間だけSan Franciscoに滞在します。

 

 

 

 

昨日のCSファーストステージは雨天中止となりました。

今日も中止になると日程もあって、Tのファイナルステージ進出が決まります。

カープファントしてはねぇ、両チームが、特に中継ぎ陣が消耗してくれれば、どちらが来てもいいのですが。。。今日はどうでしょうか。。。

ちなみにパリーグはEがファーストステージを突破したんですね〜〜〜〜。

初戦をチラッと見た感じではLだと思ったのですが。。。

こうなったら、日本シリーズは赤 vs 赤でもいいかな????

友達&お得意様のOちゃんとのガチンコ対決(笑)。

いや、でも、そんな妄想よりその前にCSファイナルステージ!

絶対に勝つ🔥

Go! CARP!

 

 

 

ところで。

「赤」といえば。

本日は最新のリペア/リメイク事例をご紹介します。

若い頃にお母様からプレゼントされた想い出のライダースジャケット。

もう20年以上愛用なさっているのでキルティングのライニングが所々切れてしまったり破れてしまったり。。。

という訳で、ブラックのキルティングライニングを情熱あふれる真っ赤なキルティングライニングに交換しました!

だけでなく、内ポケットの玉縁にスカルプリントのライニングを部分使用することで更なるロック魂を注入しました🎸

 

 

 

 

具体的には⇩これ⇩であります!!!!!!!

 

 

こ、これは。。。

かっこいい!!!!!

でも、この画像だと元からこうなのかな?と思いますよね???

 

 

 

という訳で「Before画像」を、元々は⇩こう⇩でした。

 

 

大切にお召しになられていたのは一見して分かるものの20年以上の歳月ですからね、画像では分かりにくいのですが、色々な箇所が傷んできていました。

特に袖裏のダメージはかなりでした。

それにしても。。。

まったくもって手前味噌ながら。。。

とってもきれいに裏地交換が出来たものです!

良かったです😊

 

そして。

「一生着続けたい」というお得意様のお気持ちをお母様はきっと大変にお喜びかと存じます。

やりがいのある仕事でした!

 

N様、この度はとても大切なジャケットのリペア/リメイクを当店に任せていただきまして本当にありがとうございました。

この場を借りて心よりの御礼を申し上げます。

 

かようにLOUD GARDENでは、当店でお買い求めいただいた服でなくてもリペア/リメイクを承っております。

お手元のお洋服で困ったことがございましたらどうぞお気軽にご相談下さいませ。

ご相談・お見積もりはもちろん無料です!

私が不在中(10.19 Thuから10.26 Thu)のご相談・お見積もりももちろん可能です!!

*お見積もりにはお時間をいただく場合がございます。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日のVAN MORRISONは2005年作品Magic Timeです。

本作は一貫したテーマは存在しておらず、色々なタイプの楽曲が収録されているVAN MORRISONの見本市的?幕の内弁当的?な側面を持ったアルバムです。

ドゥワップ、アイリッシュ、ブルース、ソウル、ジャズ、R&B。。。

様々なVAN MORRISONが愉しめる聴きやすい作品に仕上がっています。

ヴォーカルも若々しく、いつも以上に声に張りがあるように感じるのもいいですね!

本作が遺作となるギターのFOGGY LYTTLEのよく唄うギターを筆頭にしたバックバンドの演奏も極上です。

「2000年代のベスト作!」という感じのアルバムではありませんが、僕はこの感触がとても好きです。

 

 

 

 

では、タイトルトラックとともに個人的な本作のハイライトである12曲目収録のThey Sold Me Upと2曲目収録のCeltic New Yearが披露されているライヴ動画を。

 

 

素晴らしい演奏!

後者はなんとも「らしい」美曲、前者は端正でありながらにしてまろやかな佳曲ですよね〜〜〜。

いずれも大好きな曲です!

後者はですね、こういった曲がアルバムの地味な位置にさりげな〜〜〜く収録されているあたり。。。

VAN MORRISONの凄いところです!!

 

 

 

17th. Oct. 2017

Ryoji Okada

 

 



The latest remake works vol.2: 赤いコートの上衿をポルカドットに変えてみる。

Hiroshima Carp / Loud Garden / Repair & Remake / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

9月の水曜日は13:00-20:00で営業致します。

 

 

オーダーメイドのデニムパンツ/ジーンズ始めます。

 

 

ミュージカル「ヤングフランケンシュタイン」:主演の小栗旬様のスーツとシャツをお作りしました。

 

 

必見!LBD社の極上ライニングコレクションリニュアルしました!

 

 

 

 

NPBのペナントレースは両リーグともに「いつ胴上げか?」が最大関心事になってきました。

もちろんセ・リーグはCS争い、パ・リーグは2位・3位争いも熱いのですが。

そして、そのすべての趨勢は今週中にも決すると思われます。

マジック5の我がカープは、Tの動向は気にせずひたすら勝利を積み重ねるのみ!

さあカウントダウンウィークが始まるぜ!!

と思った昨日の試合。。。

西岡選手のエラー(識者や鈴木選手によれば打撃は「天才」らしいですが、守備はまあお粗末ですよね〜〜〜〜!)から始まった無死満塁のピンチを乗り切れず2回にいきなり3失点。

押し出し死球と安部選手が強襲安打を後ろに逸らしたのもよろしくなかったです。。。

そのあとは何とかこらえたものの、昨日の野村投手は選球が定まらなかったです。。。

この時期ですから勝った負けたという結果はまだいいのですが、内容ですよね〜〜〜。

2登板連続で5回交代のエースには困ったものです。

あの内容と球数では変えざるをないですもんね。

まあ仕方がない、恐らく後2回は登板があるはずなので、次回はピシッと抑えて2年連続の2桁勝利をマーク、CSに向けて状態を出来るだけ上げて欲しいものです!

今日は中村祐選手が先発です。

昨日はTが引き分けたので現状のマジックは4です!

今日も持ち前のハートの強さを武器に7回くらいまで投げ切って、マジック減らしに貢献して欲しいものです!

Go! YUTA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「変える」といえば。

赤いコートの上衿を大きなポルカドット素材に変えてみました!

はい、今日も昨日に続きリメイクネタです

 

ロックでアヴァンギャルドでクリエイティヴで誠実で。。。

LOUD GARDENが大事にしている個性/ キーワードって色々あるのですが、実はサステイナブルという言葉もとても大切にしています。

気に入った服を、色々手を入れながら永く着続ける。。。

これってとても粋ですよね。

テイラーとしての背景や技術と、ファッション業界の最前線で勉強してきた僕の知識や経験を活かして今までにない発想のリペアやリメイクもやっていきたい!

そんな風に思っております。

という訳で早速ご紹介します。

 

 

 

 

こちらです。

 

 

Oh! Very fancy and stylish!

ですよね?

これ、もしかしたらこの冬また着れるかも。。。

 

 

 

というのも15年くらい前でしょうか、いや、多分もっと前だな。。。

マッキントッシュがまだダボっとしたサイズしかなかった頃に某セレクトショップで購入したこのコート、頻繁に着ていたので上衿が「このザマ」になっていたのです。。。

 

 

汚れはクリーニングで綺麗になるかもしれませんけれど、破れはどうしようもないですもんね。

という訳でこのどうしようもない上衿を交換したのであります。

そして、生まれ変わりました!

でも、よくよくチェックしてみたら、あちこち傷んでいるので、この冬数回着たらさすがに処分しようかな?

10年くらい前、大阪にいた時は、このコートを着て会食に行く時に限って深酒して道に転がったりしていたからな〜〜〜〜、傷む訳ですね(笑)。

 

 

 

 

以上です。

マッキントッシュのゴム引き素材とか、クリーニングに出せないコートもあるじゃないですか。

でも、上衿は傷むし汚れるんですよね。

そんな時には上衿交換のリメイクも「アリ」ではないでしょうか!

交換する素材を店頭にある残布からセレクトいただければ、素材代が無料になります(加工代金だけいただきます)から、割とリーズナブルにやらせていただけます!!

そろそろ衣替えの時期です!

衣替えの際には一度ワードローブをチェックしてみて下さい。

そして、「ああ、これじゃ着れないなぁ」とか「ここ直したい!」という箇所があるアイテムがありましたらどうぞお気軽にご相談下さいませ!

もちろんご相談とお見積もりは無料です!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もVAN MORRISON音源なのですが、久し振りに1977年リリースの9thアルバムA Period Of Transitionを。

本作の最大のポイントは間違いなくDR. JOHNことMAC REBENNACKの全面参加でしょう。

1960年代後半のほぼ同時期にソロデビューして、今現在までコンスタントに豊かな音楽活動を続けている偉大な音楽家の二人が顔を揃えたこのアルバム、アイルランドの音楽もニューオーリンズの音楽も大好きな僕のような人間はブックレットに書かれた両雄の名前を見ただけでも思わず涎が。。。というような位置付けの作品です

とはいえ、そんなに聴くことはないんですよね〜〜〜〜。。。

やっぱりね、VAN MORRISONの音楽で衿を正したければ他の作品の方が向いているし、DR. JOHNのグルーヴに身を委ねたいならこれまた他の作品の方が堪能出来ますから、かな?

でも、もちろんこの2人が組んだ作品が悪かろうはずがなく、いつになくアーシーでファンキーなバンドに乗って、伸びやかに軽快に歌うVAN MORRISONは最高です!

二人が組んだ成果は、1曲目、2曲目、5曲目、あたりに顕著でしょうか。

ゆるくて深いファンクネスに思わず腰が動いてしまいます。

また、いかにもVAN MORRISONらしい3曲目と5曲目もかなりの名曲ではないでしょうか。

 

 

 

 

では、本作収録曲の動画がほとんどなかったもので、VAN MORRISONとDR. JOHNが同じステージに立って名曲Moondanceを披露している動画を!

 

埋め込みが出来ないのでこちらからどうぞ。

 

なんちゅ〜〜〜〜すんごいメンバー!!!

彼らのナイスなプレイに触発されてか、主役のVAN MORRISONも素晴らしい歌いっぷりです!!!

 

 

 

 

13th. Sep. 2017

Ryoji Okada

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.