Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ NBA ] category.

Brand new shirting collection, Sep. 2020, vol.6!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

昨日行われたECFのGame 3はBOSが完勝しました🏀

G.Haywardも戦列に戻ってきたんですね。

2017年のBOS移籍後すぐに大怪我をして以来、なかなか思うようなキャリアを送れていない彼が躍動するのはなかなかグッとくるものがありますね!

Game 4は少し時間が空いて日本時間の木曜日9:30ティップオフです。

もしBOSが取れればシリーズの行方はまったく分からなくなりますね、楽しみです!!

今日はWCFのGame 2が8:30ティップオフです。

「不屈のDEN」が巻き返すのに期待したいです!

そして、Week 2の日曜日を迎えているNFL、今日(日本時間の月曜日)は興味深い対戦が目白押しです🏈

個人的な最注目は9:20キックオフのNE@SEAかな?

エアロバイクでハードに追い込みながら観戦予定です💪

その5分前に始まるLV@NOも見たいけどな〜〜〜!

あ、ちなみにですが、今シーズンもDAZNはNFL中継をしております。

少し前に「今シーズンはNFL中継ないのか!?なかったらもう契約やめようかな?」などと書きましたが、開幕前日にアナウンスされ、無事に楽しんでおります。

応援するチームが固定されている方やディープなNFLファンの方は全ゲーム視聴可能なGame Passなんでしょうけれど、僕のような特に応援しているチームを持っていないライトなファン(といっても選手年鑑を買ったりはしていますけれど笑)はDAZNで充分かもしれませんね!

いろいろなチームのゲームを楽しめますから😊

来年は広島東洋カープのホーム試合も放映して欲しいけれど!

 

 

 

ところで。

「昨日」といえば。

昨日に引き続いて「オーダーシャツ用の新作素材」をご紹介します!

今日は国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean CottonとBook Ⅱというバンチブック収録用の新作です🇯🇵

見ると欲しくなる危険な(笑)素材ばかりです!!

ご来店の際にはぜひともゆっくり&じっくりチェックしてみて下さい。

もちろん、気になる素材の高解像度画像をe-mailでお送りすることも可能ですので、「なかなか青山へは出られないけれどシャツ新調したいな!」という方がいらっしゃいましたらぜひともお申し付け下さい!!

すぐに画像を添付送付いたします✉︎

お問い合わせ等は「寄り画像」左上のFMで始まる品番でお願いいたします。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

まずはThe Royal Caribbean Cottonを。

 

 

今回入荷したのはこちらの3マークです。

The Royal Caribbean Cottonコレクションには「100番手双糸(ソウシ)が基本のSilver Line」と「120番手双糸(ソウシ)が基本のGold Line」の2冊のバンチブックがある(更に細番手のPlatinum LineもGold Lineに包含されています)のですが、今回入荷した3マークは後者Gold Lineです。

上品でキメの細かいミニダイヤ柄が極めてエレガントな素材です。

 

 

 

具体的には↓このような表面感↓を持った素材です。

 

 

とても美しいですよね!

上品な光沢も本当にエレガントです!!

エレガントでありながらも変化のある表面感、「オックスフォードやヘリンボンもいいけれどやっぱりちょっとカジュアルっぽんだよね。でも、完全にフラットに見えるブロード/ポプリンやマイクロツイルも味気ないかな?」という方にぜひともオススメしたい素材です。

では、全マークを「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

FM85584/585/586

 

 

 

 

上からホワイト、サックスブルー、グレイです。

ホワイトとサックスはもちろん「間違いない」のですが、一番下のグレイがとってもいい濃度なんですよね!

超エレガントなライトグレイのドレスシャツ、作ってみたいです。

 

オーダーシャツ¥16,000+tax~

 

 

 

続いてBook Ⅱの新作です。

 

 

Book Ⅱは「ジャージー素材と高機能素材用のBook Ⅰ」と「ジャカードの無地素材とリネン系素材用のBook Ⅲ」以外の国産素材が収録されているバンチブックです✌️

今回は以下の3グループが入荷しました3️⃣

1. ライトウェイトのフランネル無地:左4マーク

2. サテン組織のストライプ:真ん中3マーク

3. オックスフォード組織の柄物:右3マーク

以上です。

いずれもとってもナイスな素材ですので、これまた全マークを「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

FM12698/699/700/701

 

 

 

 

 

上から、ホワイト、ライトグレイ、ネイヴィブルー、カーキグリーンです。

フランネルではあるのですが、いわゆる「ネルシャツ」のようなモコモコっとした素材ではないので、温かみを持ちながらもスッキリと着られるシャツが仕上がるはずです。

上品なカラーリングも魅力ですね!

カーキグリーンの素材はこのソフトフランネルと昨日ご紹介したLeggiounoのジャカートしか現状のコレクションには存在しない、つまり完全に無地なカーキグリーンはこのソフトフランネルだけですのでとても貴重です!!

いずれのカラーもモダンなカジュアルシャツはもちろん(モダンではないカントリータッチのカジュアルシャツももちろん!)、ジャケット代わりに着用可能なオーヴァーシャツやサファリジャケットもいいでしょうね!

シャツワンピースにも「間違いない」素材です!

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

オーヴァーシャツ:¥13,000+tax~

サファリジャケット:¥30,000+tax~

シャツワンピース:¥25,000+tax~

 

 

 

FM12702/703/704

 

 

 

 

サテン組織のストライプコレクションです!

サテンならではの美しい光沢と豊かなドレープが魅了です。

また、経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに120番手双糸(ソウシ)を使用しているのですが、細番手素材ならではの滑らかな肌触りも素晴らしい素材です!!

この細番手素材が¥13,000+tax~とはなかなかお値打ちですよね。

色柄にピンときましたらぜひとも作って下さい。

個人的には、超クラシカルな一番上のピンストライプに惹かれています!!

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

 

 

FM12705/706/707

 

 

 

 

緯糸(ヨコイト)に40番手の三子糸を使用したオックスフォードコレクションです。

「40番手の三子糸」とは、40番手の糸を3本撚り合わせて形成した糸のことです。

いわゆるウール素材でいうところの3 Plyですね3️⃣

三子糸を使用することでより丈夫にハードタッチに仕上がると同時に独特の豊かな膨らみを持った素材に仕上がります。

実際に素材を触っていただくと、ヴィンテージタッチのハードさと見事なハリがすぐにお分かりになると思います!

*経糸(タテイト)は60番手双糸(ソウシ)、つまり2 Ply糸を使用しています。

というクオリティが最大の特徴な素材ですが、色柄もとってもいいですよね!

個人的には真ん中のとってもきれいなグリーンがいいかな?

グリーンとホワイト、そして、ピンドットのサックスブルーの相性が抜群過ぎます!

敢えて超クラシカルデザインの(ラウンドカラー + フレンチカフスかな?)のドレスシャツを作ってサックスブルーのネクタイでキメたいです!

レッド、ホワイト、ブルーのトリコロールチェックもすごく好きです!!

この素材なら、両胸にカジュアルなデザインのポケットが付いたバンドカラーシャツを作ってみたいですね〜!!

 

オーダーシャツ:¥13,000+tax~

 

以上です。

明日は最終日、他の国産素材をご紹介します。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日に引き続きBRUCE SPRINGSTEENの傑作2枚組The River(1980年作品)、今日はDisc 2を!

1枚組でのリリース計画されていた時点でのタイトルトラックThe Ties That Bindも、代表曲中の代表曲Hungry Heartも、深みのあるタイトルトラックThe Riverも収録されていない(Disc 1収録)けれど、ややしっとり落ち着いたこのDisc 2にも5. Stolen Car、8. Drive All Night、9. Wreck On The Highwayといった名曲が収録されていて聴きどころ盛り沢山です!!

疾走するDisc 1に通じる2. Cadillac Launchや6. RamrodあたりのR&Rも痛快そのものです!

やっぱりこうして聴いてみると、軽快でハッピーなR&Rアルバムを!という計画を変更して2枚組にした判断は大正解でしたね。

しっとりとした曲やダークな曲の存在が本作を極めて懐深い名作にしているのが改めて分かりました。

まあ、もちろん、それとて、綺羅星のように並んだ軽快でゴキゲンなR&Rソングがいずれも名曲ばかりという前提があってでしょうけれど。

いや、本当にすごいアルバムですね!

 

 

 

 

21st. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Brand new shirting collection, Sep. 2020, vol.4!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

昨日行われたECF: MIA-BOSのGame 2はまたも熱戦でした🏀

Game 1同様にリードする時間はBOSの方が長かったんですけどねぇ…

現状のMIAが持っている「ここぞ!」の時の勝負強さと勢いを考えたら、BOSがここからカムバックするのは少々難しいでしょうか?

意地を見せて欲しいけれど。

そして今日からWCF: DEN-LALが始まります。

いきなりDENが勝利したら面白いのですがどうでしょうか?

楽しみです!!

ちなみに、昨日から行われているセ・リーグの最下位争い@神宮球場3連戦の初戦は。。。

床田投手はどうしてああなってしまったのでしょうか。。。

球速は出ないし、キレもなさそうだし、変化球は高めに浮くし、集中力も続かないようだし。。。

先発投手の頭数が絶対的に足りないですし、もう一度投げさせるでしょうけれど今季中の修正はまず難しそうですね。。。

何度も書きますけれど、今季はもう勝ち負けはどうでもいいので来季に光明を見つけて欲しいのですが。

でもね、今日に限っては森下投手先発試合だから絶対に負けてはいかんのです!!!

今季のカープは森下投手の新人王を獲らせてあげないと絶対にいかんのであります!!

Go! MORISITA!

Go! CARP!

 

 

 

ところで。

「今季」といえば。

昨日、早くも今季(というか今月!)2度目となる「オーダーシャツ用新作素材の入荷」がありました!

1月に2回とは素晴らしいですよね👏

という訳で、今日から数日に分けて詳しくご紹介します!

初日の今日はLibertyなのですが、今回の新作、すご〜〜〜くいいです😊

ので、ご来店の際にはぜひともゆっくり&じっくりチェックしてみて下さい。

もちろん、気になる素材の高解像度画像をe-mailでお送りすることも可能ですので、「なかなか青山へは出られないけれどシャツ新調したいな!」という方がいらっしゃいましたらぜひともお申し付け下さい!!

すぐに画像を添付送付いたします✉︎

お問い合わせ等は「寄り画像」左上のFMで始まる品番でお願いいたします。

ではいきましょう!!

 

 

 

 

今回は↓こちらの4マーク↓が入荷しました。

 

 

硬軟うまく織り交ぜたいずれもとってもナイスな4マークですよね!

どれも作ってみたくなります(汗)。

敢えて1マーク選ぶ。。。のは難しいので2マーク選ぶとすれば。。。

右2マーク、あるいは、手前2マーク、それか、左上と右下の2マークでしょうか???

あ、これだと結局全マーク入っていますね(笑)。

でも、上記の「3パターン」すべてに入っているのが右下のキノコ柄なので、一番作りたいのはキノコ柄なのかもしれません!

僕のことはともかくとして、全マークを「寄り画像」で見ていきましょう!!

左上からいきます!!

 

 

 

FM78211:Strawberry Thief Spring

 

 

William Morrisが1883年にデザインしたStrawberry Thief。

Libertyがこのデザインを初めて採用したのは1979年のこと、インテリアファブリック用でした。

その後、(Libertyのシャツ用素材の代名詞的クオリティ)タナローンのために縮小されてベストセラーを記録、以来様々なカラーや品質(100% Linen等)で展開をしております。

そのStrawberry Thiefを新しく解釈したのがこのStrawberry Thief Springです。

具体的には背景色をモダンなライトカラーにしました。

それにより「主役」の苺がよりはっきりと存在感を発揮する構図が完成しております🍓

いろいろなカラーのStrawberry Thiefを見てきた僕ですが、この配色はとっても新鮮でした!

カラーとカフスをサックスブルーにしたクラシカルデザインのシャツが作りたいです!!

やっぱりこれが第一候補かな(笑)。

 

 

 

FM78212:Montgomery

 

 

とっても上品なボタニカル柄です。

実はこの素材にもWillam Morrisが関わっています!

 

—–

William Morrisは自宅の庭にある植物や田舎道で見た野生の花や木をベースにデザインを描いていました。

1881年に彼が行った講演で、最も理想的な柄には「庭園や野原をはっきりと連想させるもの」がなくてはならないと語りました。

この信念を元に、様式化されながらも自然主義的に柳を描いたMorrisのWilloBoughsをインスピレーション源にして、葉をシンプルに美しく描きました。

ファインライナー・ペンで細部まで描かれたデザインを単色でプリントしています。

—–

 

ということです。

なるほど、Morrisの最高傑作とも評されるWilloBoughsにインスパイアされているんですね、そうするとますます欲しくなりますね!!

ドレスシャツはもちろん、ふわっと羽織る感じのロングシャツを作っても良さそうです!!

やっぱりこれが第1候補かな(笑)。

 

 

 

FM78213:Autumn Fall

 

 

Libertyは「ギリシャ建築や彫刻に見られる落ち葉のようなデザイン」という意図を持っているようですが、僕には「落ち葉とカモフラージュ柄をミックスさせたポップデザイン」にしか見えません(笑)。

どちらにしてもインパクトあふれるナイスな柄ですよね!

少しブラウン掛かったモノトーンのカラーリングもとってもクールです。

もうすぐ仕上がるグレイチョークストライプのスリーピーススーツ用にカチッとしたドレス仕様のシャツを作ろうかしら???

オーヴァーシャツを作っても良さそうですね。

やっぱりこれが第1候補かな(笑)

 

 

 

FM78214:Magic

 

 

スーパーポップ&サイケデリックなキノコ、大胆なカラーリング、上へ上へと伸びていくイメージのポジティヴな構図、すべてがとってもナイスな僕のイチオシ素材です!

これは敢えてカチッと作りたいですよね!

でも、意外やサファリジャケットもいいかもしれません。

きっといい具合に怪しげなサファリジャケットが仕上がりますよね〜〜〜!!

それから、不良淑女の皆さまには可憐かつスーパーポップなシャツワンピースをオススメしたいです😎

やっぱりこれが第1候補かな(笑)。

↑こればっかり!!

 

 

 

ちなみにですが、FM78212:Montgomery(上)とFM78213:Autumn Fall(中)はシャツになるとこんな感じになります。

 

 

シャツファクトリーのショウルームで激写してきました📷

一番下は。。。

来月入荷しますので気になる方はぜひともご予約をお願いいたします!

 

以上です。

 

Libery素材はすべて¥18,000+tax~です😊

入荷早々、今日(9.19 Sat)からスタートする「¥3,000 offキャンペーン」の対象素材となります!

つまり、今日からしばらく¥15,000+tax~となります!!

ぜひともよろしくお願いいたします!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日のBRUCE SPRINGSTEEN音源は。。。

この4連休はなんとしても頑張らなくてはいかん!!!

ということで、気合を入れるためにBorn To Run(1975年作品)にします!!!

45年間も走り続けているBOSSを見習って、そして、一時的に1㌢だけでも差を縮めるためにもこの4連休は猛烈に頑張ります!!!

皆さまもぜひとも激励にいらして下さい😌

 

 

 

 

では、Born To Runを!

 

 

僕が観たBOSSのライヴはソロだったので、いつかTHE E STREET BANDとのライヴを観に行ってこの曲を熱唱したいです🔥

 

 

 

 

19th. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



We have cool and wild pythonidae fabric for shirt, jacket and trousers!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

やっぱりNBAもサイコーですね🏀

昨日行われた2ゲームはともに超熱かったです!

ECF Game 1: MIA-BOSは両チームともにタイトなDを披露、一歩もひかないタフなゲーム展開の中でOTに突入、最終的には優位に立っていた時間帯が多かったBOSがMIAに敗れました。

う〜〜〜ん、MIAは勢いがあるなあ。。。

WCSF Game 7: DEN-LACは「流石に力尽きるのでは?」と思えたDENが勝利しました。

Round 1でUTAとの死闘を演じた2日後に始まったシリーズで1-3からのカムバック、最高に素晴らしい!

こうなれば、LALも撃破して欲しいけれど、さすがにDEN-MIAのThe Finalsはちょっと地味かしら???

LAL-BOSの伝統&因縁あるチーム対決の方が、こういった特別なシーズンにはいいのかもしれません。

それはともかく今日のNBAはゲームなし、明日はECFのGame 2が8:00ティップオフ予定です!

MIAが連勝して一気に流れを手繰り寄せるか、BOSが形勢を逆転に向けて勝利をものにするか、注目です👀

ちなみに、明日は9:20キックオフでTNF: CIN@CLEもありますね🏈

「まずはNBAを見て、その内容次第(いいゲームなら最後まで見てから、ワンサイドゲームなら途中で)でNFLに移動」かな?

ちなみに今日は何もない。。。

いや、火曜日から行われてるDとの3連戦@マツダスタジアムの第3戦があるか⚾️

目下2連勝中で久し振りの同一カード3連勝のチャンス、しかも、ここ2試合は投打とにナイスゲーム!!

まあ正直今季はCSもないしもはや勝ち負けはどうでもいいのですが、今日は森下投手先発試合ですからね!

雨天中止でなければ。。。

絶対に勝つ、いや、絶対に勝て!

Go! MORISHITA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「地味」といえば。

2020-2012 Autumn/WinterシーズンのLOUD GARDENは、通常のバンチブックに収録されていない/出来ない特殊素材の収集にもこれまでになく力を入れています💪

例えば、こんな地味な、いや、派手なが正解でした。。。クールでワイルドでセクシーでロックなパイソン柄プリント素材の見本も取り寄せています😊

 

 

 

 

↓こちら↓です!

 

 

かなりリアルなプリントですよね、すごくかっこいい🐍

とあるあアヴァンギャルドなお得意様E様が「最近パイソン柄に凝っていまして、シャツとイージーパンツのセットアップ作りたいんですよね。可能ですか?」というご依頼を下さって探した素材です😊

「はい、もちんです!では、すぐに探します!」とお答えしたのですが、セットアップということはシャツとボトムスで同じプリントでなければいけませんし、シャツとボトムスを同クオリティの素材でお作りする訳にもいきません(同じ素材でお仕立てすると「シャツが厚すぎる」か「ボトムスの堅牢度が低い」か、どちらかの問題が必ず生じます)、つまり、同プリントのシャツ用素材とボトムス用素材をそれぞれ見つける必要があったのですぐに叶うかどうか少しだけ不安がありました。

そもそも様々な素材展開をしている特殊柄プリントってそんなには多くないですし、仮にあっても「P下(プリントする素材)」のクオリティによってプリントの「顔」って変わってくることが多いですから。。。

でも、運良く、「こだわりの塊」であるE様もきっとご満足なさるであろうリアルな表現のパイソンプリント素材が見つかりました!

それが↑この2種↑です!

もうすぐシャツとイージーパンツのセットアップが仕上がる予定、僕もとっても楽しみです🐍

では、それぞれを「寄り画像」で見てみましょう!

 

 

 

シャツ地です。

 

 

かっこいいですよね!

プリントの一部がスカル風に見れるのもより一層ロックでいいですね💀

サテン組織なので、エレガントな光沢に恵まれているのもポイントです!

 

 

 

ボトムス用です。

 

 

シャツ用とまったく同じプリント!!

1週間ですぐに見つかるとは思いませんでした!!

さすがは、多様多彩なツテを持つLOUD GARDEN/RYOJI OKADAであります😎😎

こちらはPolyurethan混紡なのでストレッチ性に恵まれているのも嬉しい限りです!!

*シャツ用は100% Cottonです。

*シャツ用・ボトムス用も全5色展開、色違いもあります!

 

以上です。

 

E様、いつも本当にありがとうございます!

セットアップが仕上がりましたらまたご連絡申し上げます☺️

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

We Shall Overcome

BRUCE SPRINGSTEEN

 

今日は1週間振りのお休み!

なれど、9:00からトレーナーさんと約束があるので、いつものセルフトレーニングの時よりも早く出動しなければなりませぬ汗

トレーナーさんに見てもらってのウェイトトレーニングの後は有酸素運動で追い込みたいので、午前中はそれで終了かな?

その後ちょっと商談と食料の買い出しに出かけてから、(定休日だというのに)遅くとも夕方には戻って雑務をこなしたいです。

貧乏暇なしよ!笑

という感じで、今週も木曜日は店にほとんどいないので「一枚」ではなく「一曲」を。

 

We Shall Overcome!

イエス!!

新型コロナウィルスに勝つ!!!

弱い自分にも勝つ!!!!

カープも勝つ!!!!!

 

 

 

 

17th. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Funky, elegant and exciting jacket and shirt!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

昨日のMNFはなかなか面白かったです🏈

B.Roethlisbergerの肘の状態が万全に近いところまで回復しているようなので、今シーズンのPITはそこそこ闘えるのではないでしょうか。

KC、BALにつぐAFCの3番手争いに喰い込むこともあり得るかもしれませんね。

まあ、まだ1ゲームしか終わっていないし、昨日の相手はNYGでしたけどね(笑)。

次は、日本時間金曜日午前中のTNF: CIN@CLEです!

注目はもちろんCINがドラフト全体1位指名したルーキーJ.Burrowですね🐅

昨シーズンだけで60TDを記録、ハイズマントロフィーを受賞、LSU(ルイジアナ州立大学)の全勝での全米制覇を牽引等々、あまりにも華やかな経歴を持ったドラフト1位QB、しかも男前という。。。

注目せざるを得ません!!

Week 1のLAC@CINは見れなかったのでかなり楽しみです!

でもその前に。。。

今日はNBAであります🏀

7:30ティップオフ予定のECF: MIA-BOSのGame 1と、10:00ティップオフ予定のWCSF: DEN-LACのGame 7が行われます!!

注目は遂に死闘に終止符が打たれる後者でしょう!

個人的には「スーパースターがいない&生え抜きの選手が多い&下馬評が低い」DENに肩入れしたくなりますけれどどうなるでしょうか🔥

Go! NUGGETS!

 

 

 

 

ところで。

「華やか」といえば。

今日は、素晴らしくダンディでスタイリッシュな建築家のS様がご注文下さったファンキーにしてエレガント、そしてとっても華やかなジャケットとシャツをご紹介します🌹

S様は2ヶ月ほど前にふらりとご来店下さったご新規のお客様なのですが、いきになりこのデザイン/ディテイルでオーダーを入れるとは相当の強者であります!

僕も少々緊張しました😎

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

とっても凝った「2色使い&フラワーモチーフ」のカットジャカード素材、カッタウェイフロントやダブルエルボウパッチ(下で「寄り画像」でご紹介します!)といった大胆なデザイン、素材違いのアウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)やバイカラーのボタン&ボタンホールといったオーダーメイドならではのディテイル等々、こだわりと遊び心に溢れた、そしてクリエイティビティに富んだ1着に仕上がりました!

Tシャツ&ダメージ加工のデニムパンツに合わせて「ワイルドなカジュアルスタイルをセクシーにグレードアップ」させてよし、ホワイトシャツに真っ赤なボウタイを合わせてパーティに列席してよし(その場合のボトムスはレッドあるいはブルーの無地がベストマッチでしょうか!?)、一緒に作っていただいたシャツ(最後にご紹介します!)を合わせてスマートカジュアルでキメてよし、広い振り幅を持つ逸品でもあります😉

いやはや本当にかっこいいですよね!!

僕もこの素材でロックなジャケットを作りたいです!!

では、こだわりと遊び心を「寄り画像」で見てみましょう。

 

 

 

ラペル&胸ポケットです。

 

 

フラワーホール(衿穴)はレッド糸を使用、それに合わせて「チーフ代わりに引っ張り出せる胸ポケットの袋地」は “♡ Camo” silk c/#redの残布を使用しました!

フラワーモチーフのレッドとの相性も抜群、完璧な三位一体ですよね😉

 

 

 

フロントボタンです。

 

 

第1ボタンホールはレッド糸、第2ボタンホールはネイヴィブルー糸を使用しました!

この「バイカラーボタンホール」は、最近僕も頻繁にやっているのですがとてもいいですよ😉

 

 

 

上述したアウトサイドチケットポケットです。

 

 

100% LinenのStrawberry Thief(Liberty素材)を使用しました!

ナイスアクセントになっていますよね😉

なだけでなく、この素材でシャツも作っていますから「ナイスストーリー」にもなっています😉😉

 

 

 

ダブルエルボウパッチです!

 

 

文字通りダブル(二重)になったエルボウパッチ、これまたナイスアクセントです!

しかも、下側のエルボウパッチはフランネルを使用しています!!

アウトサイドチケットポケットは春夏素材のリネン、(下側の)エルボウパッチは秋冬素材のフランネル、そして、ジャケット本体のカットジャカード素材はオールシーズンタイプ(日本では盛夏を除くオールシーズン)。。。

この絶妙にして反骨心たっぷりのハーモニーよ、う〜〜〜〜ん最高です😎

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

– 20㍉ボタン

– バイカラー(ブラック&レッド)ナットボタン

– リアボタンホール(本開き切羽)

– スランテッドボタンホール

– レッドボタンホール

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

 

 

 

ライニングです!

 

 

美しいジャカードペイズリーです!

敢えて「完璧なブルーのグラデーション」や「コンセプチャルにヴィヴィットなレッド系」にしなかったのが「大人の余裕」を感じさせますよね😊

表素材とのコントラストがとっても上品で素敵です!!

 

 

 

最後にシャツをご紹介します。

 

 

アウトサイドチケットポケットとのストーリーが本当に素敵!!

でも、このシャツ1枚でお召しになっても本当に素敵!!

一粒で二度美味しいシャツであります😊

 

 

 

 

以上です。

S様、この度は当店をご利用下さいまして本当にありがとうございました。

心より御礼を申し上げます。

新たにご注文いただいたボトムスもカッコよく仕上げますのでどうぞご期待下さいませ!

そして、今週のご来店も心よりお待ち申し上げております😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日は予告通りにBRUCE SPRINGSTEENのWe Shall Overcome: The Seeger Sessions(2006年作品)です!

伝説的なフォークシンガーPETE SEEGERがレパートリーにしていた曲をフューチャーした「自作曲なし」の企画色が強い作品なのですが、これがまた最高なんですよね😊

フォークにはあまり詳しくない僕ですが、この音源を聴いたら思わずPETE SEEGERの音源を集めたくなってしまいますね。

なんだかとっても懐かしい感じがするし、なんともはやリラックス出来るんですよね。

「(僕がまったく信じていない)前世」がもし仮にあるとしても僕はアメリカ人ではないはずなのですが、なんだかすごく郷愁を覚えるんですよね。

なだけでなく、めちゃくちゃ楽しくなる/踊りたくなる楽曲も収録されているのもいい!

そして、BRUCE SPRINGSTEENのシンガーとしての魅力が満喫出来るのも、バンドの楽しげな空気が伝わってくるのもナイスな!!

時々思い出したように聴きたくなる良作です。

そして、タイトルトラックのWe Shall Overcome。。。

元々は賛美歌をルーツに持つ平等や平和を歌ったプロテストソングらしいですが、コロナ禍にある僕やあなたやみんな、そして、この地球が必要としている歌ですよね、きっと!

 

—–

We shall overcome
We shall overcome
We shall overcome some day
Here in my heart, I do believe
We shall overcome some day

We’ll walk hand in hand
We’ll walk hand in hand
We’ll walk hand in hand some day
Here in my heart, I do believe
We’ll walk hand in hand some day

*歌詞一部抜粋

—–

 

コロナに勝利しよう!

コロナに打ち克とう!!

 

 

 

 

では、数多くの音楽家に愛されカヴァーされてきた10曲目収録のShenandoahのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

素晴らしい!!

 

 

 

 

16th. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and dandy shirts!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

「サンデー毎日」9.20号でRYOJI OKADAがフューチャーされています!

 

 

The Loudest Voice vol.26 in store now!

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

 

 

やっぱりNFLは最高にエキサイティングですね〜〜〜🏈

昨日(9.14 Mon)も深夜の2:00からはしごして見てしまいました(笑)。

おかげで若干の寝不足でした。。。

今日はMNFダブルヘッダー!!

ですが、PIT@NYGが8:10キックオフ予定、TEN@DENが11:20キックオフ予定と寝不足にならないですみそうな時間に行われます、ナイス!!

注目は昨シーズンは肘の故障で2ゲームのみの出場だったPITのB.Roethlisbergerでしょうか??

彼が万全ならばPITはAFC Northの2位にはなれそうですよね。

そして、明日はNBA🏀

ECF: MIA-BOSのGame 1が7:30ティップオフ予定、WCSF: DEN-LACのGame 7が10:00ティップオフ予定です!!

後者は恐らく激熱なゲームになるでしょうからね、見逃せません🔥

しかしまあ、NHLのPOも佳境(というか大佳境)を迎えている上にMLBもやっている(「4大スポーツ全てがやっている」というのは通常の年はありえない椿事であります!)だけではなく、テニスの全米オープンが終わったばかりでゴルフの全米オープンが間もなく開幕、MLSもシーズン中というUSA🇺🇸

スポーツラヴァーたちはめちゃくちゃ大変、寝る間もないんじゃないですかね???

まあ、USAほどではないものの、我が国もNPB、Jリーグ、大相撲が開催中、トップリーグも4月以来初めて練習が再開される等々かなり盛り沢山な訳ですが🇯🇵

という訳で僕も、仕事に影響が出ない程度にNBA、NFL、NPB、そして、大相撲を満喫する日々を過ごしたいと思います😊

 

 

 

 

ところで。

「4」といえば。

今日は最近お渡ししたばかりのとってもクール&ダンディな4枚のシャツをご紹介いたします😊

セクシーかつシックなOff用の2枚とクラシックかつエレガントなOn用の2枚です!

前者はLibertyで、後者はThomas Masonでお作りしました😊

お近くで会食をなさったお帰り(あるいはこれからお食事)だったのでしょうか、土曜日の晩にLibertyの1枚をお召しになってふらりとご来店下さったのですがとっても素敵にお似合いでした!!

「お作りした服が生活の中で確かに活躍している」ことを目の当たりにするのは本当に嬉しいものです😌

「これ、すごく気に入りました!ありがとう」というお言葉も大変に光栄でした!!

昨日も書きました通り、この土日はご来店にまったく恵まれなかったため少し悲しい思いをしていたのですが、諸々な意味で極めてありがたく最高に救われたご来店でした!!

では、そのありがたい気持ちを思い起こすためにも早速ご紹介しましょう。

 

 

 

↓こちら↓の4枚です。

 

 

 

いずれもとっても素敵ですですよね😉

では、それぞれを単体の「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

今春入荷したLibertyの人気素材 London Fieldsでお仕立てした1枚です!

 

 

土曜日にお召しになられていたのはこのシャツです🇬🇧

この素材、London Fieldsと理解して見るとなるほど「ロンドンの地図」なのですが、「予期せぬ状態(先の土曜日がまさにそうでした!)」で見ると上品なカモフラージュ風に見えたりもするんですよね!

とってもドラマのあるナイス素材です!!

合わせやすいカラーもとってもいいですよね。

 

 

 

同じくLiberty、Avaという素材でお仕立てした1枚です!

 

 

いかにもLibertyな色柄、上品かつ可憐なお花がとってもキレイですよね!

こちらのシャツもお披露目にいらして欲しいです!!

 

 

 

Thomas Masonの美しいサックスブルーのヘリンボンでお仕立てした1枚です!

 

 

経糸(タテイト)、緯糸(ヨコイト)ともに140番手双糸(ソウシ)を使用したスーパーファイン素材、極上シルクのような滑らかな肌触りと高貴な光沢が素晴らしい素材です!!

淡〜〜〜いサックスブルーもとってもエレガントですよね😉

 

 

 

同じくThomas Mason、高貴なパープルのストライプ素材でお仕立てした1枚です!

 

 

ワイドスプレッド系のカラー、フレンチフロント(ダブルカフス)、薄めの白蝶貝ボタン等々、ヴェリーイングリッシュな1枚に仕上がりました!

とってもカッコいいですよね😉

 

 

 

 

以上です。

いつもはそれこそ「クール&ダンディ」に淡々とご注文下さるお得意様なのですが、この4枚をご注文いただいた時は「デパートでも作るんだけれど、やっぱり岡田さんのお店で作るのが一番楽しいんだよね」「コロナ禍でアパレル産業も大変だと思うけれど頑張ってもらわないとね!特にこういう店はなくしてはいけないよね」「そういう訳でまた作りますよ」等々、本当に嬉しく心温まるお言葉をたくさんいただきました😌

T様、いつも本当にありがとうございます。

このような混迷のご時世でございますが、なんとか頑張って火を灯し続ける決意でおります!

どうか今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日はTOOTS HIBBERTを追悼(合掌🙏)したのでお休みしましたが、今日は再びBRUCE SPRINGSTEEN音源に戻りましょう。

おととい(Working On A Dreamの日)に あれこれ書いたMagic(2007年作品)です。

結論から書けば、僕はやっぱり(おととい長々と書いた思い入れがあるため)次作Working On A Dream(2009年作品)の方が好きですけれど、本作の分厚くタイトなBOSS流のロックスタイルもかっこいいですよね😊

全編に渡って熱気が漲るとってもフィジカルなアルバム(でも、リリックはもちろん深い)。

これは僕サイドの問題ですが、もしリリースが2007年でなければ僕も熱狂したに違いない良作ですね!

明日は前作にあたるWe Shall Overcome: The Seeger Sessions(2006年作品)を聴き直してみようかな?

 

 

 

 

1曲目に収録されたヒリヒリする感触が堪らない緊張感溢れるこの曲Radio Nowhereもすごくかっこいい!

 

 

ライヴで聴いてみたいですね!

 

 

 

 

15th. Sep. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.