Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ NBA ] category.

NYCに旅行をしているO君のご注文品 その1

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

“♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

現在「ご来店なしでのご注文いただける方法」を整えております!

 

 

3月の水曜は14:00-20:00で営業いたします!

 

 

 

 

昨日ちらっとネットのニュースで見たのですが、NBAが無観客試合の検討を始めたとか。。。

もちろん新型コロナウィルスの影響です。

中止よりはいいけれど、やっぱり無観客だと盛り上がりに欠けますよね。。。

でも、感染が広がることを考えたら。。。

あと10日ほどで開幕となるNPBもどうなることやらですね。。。

新型コロナウィルスのバカやろー!!

あ、そういえば、大学時代の友人で最高にいかしたモッズ野郎にして、現在に家族旅行でNYCに行っているO君もNBAのゲーム観に行くって言っていたなぁ。。。

もし無観客試合になるとしても、O君が観に行くゲームのあとになりますように🏀

 

 

 

 

ところで、

「O君」といえば。

今日明日の2日間は最近O君がオーダーしてくれたブツをご紹介します!

初日の今日はチノクロスパンツです。

きれいなカーキグリーンとブラックを作ってくれました😊

最近なかなか痩せられずサイズ的にちょっと苦しんでいるO君と僕ですが。。。

一緒にダイエット頑張りましょう!!!

ではご紹介します。

 

 

 

 

まずはこちら。

 

 

 

 

 

本当にきれいなカラーです!

僕も1本作りたくなってきました😊

O君ならきっとハードなライダースジャケットなんかをかっこよく合わせるんだろうな〜〜〜!!

 

 

 

もう1本はこちらです。

 

 

 

 

 

上品な光沢に恵まれたこれまたきれいなブラックのチノクロスです!

うん、かっこいい!!!

これはあれでしょ、大学時代に愛用していたスカジャンと合わせるんでしょ😎

スカジャン、懐かしいな〜〜〜〜!!

僕は今まで一度も着た/買ったことがないのですが、結構憧れていたなぁ。。。

ちなみにですが、この2本のチノクロスパンツ同じサイズで仕上げてもらったのですがブラックの方がかなりタイトなようです。

やはり、素材によって「横伸び」が異なってくるからでしょうね😊

NYCで食べ過ぎないよーにして下さい😉

 

 

 

以上です。

O君、いつも本当にありがとうございます!

引き続き良き旅を!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

McCOY TYNERが亡くなったと。。。

JOHN COLTRANEがフリージャズに傾倒する前に彼の音楽を支えた素晴らしいピアニストでしたね。

僕はそんなには聴き込んだことはありませんでしたが、ソロ名義の作品も多数リリースしている巨人のひとりです。

McCOY TYNERといえば。。

JOHN COLTRANEのKulu Sé Mama(1965年録音)、B面2曲目のバラードWelcomeが良かったんじゃないかのお?と思い、今日はそちらを。

昨日までのKEEL祭からいきなりJOHN COLTRANEとはなかなか粋ではなかろうか?笑

これ、改めて聴いてみると、かなり実験的なELVIN JONESとのデュエット(つまり、テナーサックスとドラムのみの演奏)のVIgilもすごいエモーショナルですね!

そして、それを受けて始まるWelcome、そして、叙情性豊かなMcCOY TYNERのピアノはやっぱり素晴らしかったです😊

どうぞ安らかに!

 

 

 

 

では、McCOY TYNERがJOHN COLTRANEのGiant Stepsをソロピアノで披露しているライヴ動画をどうぞ。

 

 

これは素晴らしい!

 

 

 

 

8th. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



New shirting collection, Mar. 2020, vol.3.

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

“♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

現在「ご来店なしでのご注文いただける方法」を整えております!

 

 

3月の水曜は14:00-20:00で営業いたします!

 

 

 

 

昨日ご近所の飲食店のオーナーさんや女将(でいいのかな?)と少し話したのですが、新型コロナウィルスのあれこれでやっぱり(特にディナーは)相当のダメージを受けているようです。。。

2月の百貨店売上もかなりのマイナスでしたもんね。。。

百貨店さんは3月はもっと厳しいでしょうねぇ。。。

そういえば、時々お邪魔するカラオケが歌えるゴキゲンなRockバー@西麻布も大変なのではないかな???

オーナーが数々の修羅場をサヴァイブしてきたタフな御仁だから「コロナウィルスどこ吹く風」という感じで繁盛しているのかもしれないけれど、ハートが滅法弱い(笑)僕はまったくそうはいきません。

数日前に書いた「いったい全体このあとどうなっちゃうんだろう。。。」という不安が、日増しに嵩高を増してきています。。。

急ぎ心の堤防を補強しないと一気に瓦解して糸が切れてしまうかも。。。

そうならないように、明日は定休日なので、そして、ジムもライヴハウスもカラオケも映画館も「控えて欲しい」ということ(すべて僕の大好きな場所であります泣)なので、自転車で思いっ切りどこかに出掛けて息抜きでもしようかな???

あるいは久し振りに趣味のゾンビ映画でも見直そうかしら???

感染症とゾンビって結構通じるものがあるんですよね😊

あ、それとも明日はMILもDALもゲームがあるから、久し振りにNBAをじっくりチェックしようかしら???

DALはNOP戦なのでZ.Williamsonが見れますもんね!!

いずれにても気分転換が必要なようです😊

という感じで、毎日冒頭で新型コロナウィルスについて触れていたら皆さんも僕も気が滅入りますね!

明日からはよっぽどのことがない限り別の話題から入ろう!!

とにもかくにも、いろいろありますけれど、今日も佳き1日にいたしましょう!!

 

 

 

 

ところで。

「チェック」といえば。

オーダーシャツ用新作素材ご紹介の3日目は国産の柄物(と定番無地の追加分)です😊

具体的にはBasicという定番素材(最低でも数年に渡って継続予定の品番)用のバンチブックとBook Ⅱという楽しい国産素材用のバンチブックの新作です。

今までほとんど取り扱いがなかったマドラスチェックが4マークも投入されるなど、とっても新鮮かつナイスな新作たちであります!!

そして、内容も良好ですが、BasicsとBook Ⅱは比較的価格がこなれているというのも嬉しい限りなんですよね😉

という訳で、ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい。

 

—–

この話は繰り返しになりますが。。。

皆さまご承知のとおり、新型コロナウィルスの問題が日増しに大きくなっております。

LOUD GARDENではご来店なさらなくてもご注文いただける方法を複数考えております。

これまでも、お電話、e-mail、SNSのメッセージアプリ等でたくさんのご注文をいただいておりますし、現在はweb会議アプリのZoomを利用した受注も考えております。

このDiaryやLOUD GARDENのwebsite/Facebook page等で「あ、この生地で作ってみたいけれど出掛けるのはちょっと。。。」という方がいらっしゃいましたら、どうぞ気軽にお問い合わせ/ご相談下さいませ。

どうぞ何卒よろしくお願いいたします!

—–

 

では、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

Basicの新作です。

 

 

左上から2番目と3番目のネイヴィブルーとブラックのシャンブレイはしばらく欠品していましたし、今回多く入荷した「白場が大きめのストライプ」も「補強ポイント」だったので、この入荷は全マーク嬉しい限りです!

仕入担当のFさん、さすがのGood Jobです!!

では、この中から特に気になる素材を「寄り画像」でご紹介しましょう!!!

 

 

 

Basics その①

 

 

複数のお得意様から「ないの?」とのご指摘をいただいていたブラック&ホワイトのギンガムチェックも遂に追加されました!

よかったよかった!!

とっても使い勝手のよさそうな大きさのチェックもナイスです😉

 

オーダー価格:¥12,000+tax~

 

 

 

Basics その②

 

パープルのストライプ2種です。

こちらは2マークとも別布(カラー&カフス)オプションにも使るので、例えば「身頃&スリーヴを右下のワイドストライプにしてカラー&カフスを左上のナロウストライプ」のコンビネーションにしてもとっても素敵だと思います😊

 

オーダー価格:¥12,000+tax~

 

 

 

Book Ⅱの新作です!

 

 

パッと見ると右側の「マドラスチェック軍団」が目を惹きますが、なかなかどうして左柄の優しくて春らしいマルチストライプもとっても素敵です🌸

と書きつつも、僕はマドラスチェックで作りたいのですが。。。

では、おすすめ素材を「寄り画像」で見ていきましょう!!!

 

 

 

Book Ⅱ その①

 

 

とってもきれいで繊細なサックスブルーとベイジュのマルチストライプ素材です!

トレンドのブラウン系のスーツやジャケットスタイルのインナーにベストマッチするシャツが仕上がることと思いま😊

もちろん、ネイヴィブルー系のスーツやジャケットスタイルにも映えます!

この素材はとても洗練されたダンディなシャツに仕上がるでしょうね〜〜〜〜😉

 

オーダー価格:¥13,000+tax~

 

 

 

Book Ⅱ その②〜⑤:マドラスチェック軍団を全マークご紹介します!

 

 

 

 

 

いずれも上品なカラーリングがとてもモダンなマドラスチェックですよね😉

そして、いずれもサファリジャケットやシャツワンピースにも絶対にいいはずです😉😉

ちなみに、2020年春の僕が一番好きなカラーリングは一番上のベイジュでしょうか???

この素材でカチッとしたドレス仕様のシャツを作りたいです😊

今作っているブラウンのジャケットと合わせたいですね!!

その場合、ネクタイではなくボウタイがいいかな??

いずれにしてもまたまた「作りたい素材」が増えてしまいました(汗)

選択と集中(ジャック・ウェルチさん、どうぞ安らかに)をしなければ!!

 

オーダー価格:¥13,000+tax~

 

 

 

 

以上です。

 

オーダーシャツ用の新作素材ご紹介は3日で終わるはずでしたが、手違いがありましたので明日に続きます!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

超久し振りに聴いたKEELの3rdアルバムThe Final Frontier(1986年作品)は本当に良かった!

CDは一度も入手したことがなかった音源だから、恐らく25年以上は聴いていない(YouTube等では聴きましたが。。。)と思うのですが、しっかり全曲覚えていました😊

それだけ楽曲の質も優秀だということでしょう!!

で、今日は5thアルバムLager Than Live(1989年作品)を。

4thは確かThe Final Frontierを待ち侘びている時にフューチャーしましたからね😉

さて、本作ですが、G.SIMMONSと袂を分かち、大飛躍を狙い大物プロデューサーMICHAEL WAGENERと外部ソングライターを招聘して作成したきらびやかな4thの商業的失敗(少々散漫ではあるものの力作だったのに。。。)によりメジャーのディールを失い、ツインリードギター二人ともが離脱、バンドの存続が危ぶまれる中でリリースされました。

LPでいうA面6曲がスタジオでの新録曲(カヴァーが1曲)、B面6曲がライヴ録音(カヴァーが1曲という変則的な形態です。

プロデュースはRON KEELが務めています。

まあ、そういう作品ですから、かなり中途半端な仕上がりですね。

ライヴ録音のB面にも新曲が2曲収録されているので、あと3曲くらいきっちりと作り込んで全曲スタジオ録音したアルバムをリリースした方が良かったような気がします。

A面、B面の書き下ろし曲7曲は、(練られていない部分が散見されますが)基本的には悪くない曲ばかりですしね〜〜。

ただ、ちょっと楽曲が定型化しているかな〜〜〜??

3rdと4thはMARC FERRARIが書いた曲で変化がついていたことを考えるとやっぱり彼の存在は大きかったのかも??

それと予算が少なかったせいかサウンドプロダクションもあまりよろしくないし、ヴォーカルもキレが悪いかな??

でも、まあいろいろ大人の事情があったのでこれが当時の限界だったのでしょう!

いずれにしても。

1989年といえば、JAKE E. LEE率いるBADLANDSが強烈なデビューアルバムをリリースした年ですからね、これではなかなかね。。。

という作品ですが、KEELファンとしてはですね、貴重な新曲が聴けますし、Rock And Roll Animalのライヴヴァージョンも聴けるし必携の1枚です😊

 

 

 

 

では、B面の4曲目(10曲目)に収録されているROSE TATTOのカヴァー曲Rock’n Roll Outlawのミュージックヴィデオを。

 

 

これは某映画のサウンドトラックに提供した楽曲(カヴァーですけど)ですね!

ライヴヴァージョンでもこの曲が聴けるのも本作の収穫のひとつかな??

 

 

 

 

4th. Mar. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Introducing new collection for “made-to-order necktie”, 2020 Spring/Summer season vol.2!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

“♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

2月は「水曜・木曜定休」に戻して営業いたします!

 

 

 

 

昨日、RS再開後の初陣を完勝で飾ったMIL!

フランチャイズ史上歴史的な快進撃がまだまだ続きそうです🏀

今日は僕が応援しているもうひとつのチームDALが初陣です!

ロードのB2Bの初戦とはいえ、相手は格下のORLとATLですからね、ここはビシッと連勝をして欲しいですね😊

Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

「昨日」「今日」といえば。

今日は、昨日に引き続いてオーダーネクタイ用の新作素材のご紹介を!!

初日の昨日はイタリア製素材でしたので今日は国産素材をご紹介します🇯🇵

いつもなら。。。

「うん、国産も悪くないけれどやっぱりイタリア製の方がいいな〜〜〜」と思うのですが、今回は国産もかな〜〜〜〜りよろしいです!!

新型コロナウィルス騒ぎや花粉でなかなか外出する感じではないかもしれません(泣)が、ご来店の際にはぜひともチェックしてみて下さい😊

では、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

まずはストライプを!

 

 

素敵っっ!!

「真面目」な上段もいいですけれど、僕はやっぱり下段が好きかな〜〜〜〜???

 

 

 

特にこの2マーク!!

 

 

国産素材は大剣と小剣を異なる素材で仕立てる「バイカラー仕様」が出来る(イタリア製素材は生地巾の問題でバイカラー仕様が「不可」です)のですが、この2マークをバイカラーで作ったらかっこいいでしょうね〜〜〜〜!!!!

僕なら上に置いてあるサックスブルーを大剣にするけれど、逆でもいいですよね😉

 

 

 

 

続いて小紋柄を!

 

 

 

これまたどれも素敵ですね〜〜〜!

下段右端のピンクもとっても綺麗ですし、下段中央のカラーリングも見事です!!

 

 

 

僕が最も作りたいと思ったのは↓こちら↓です!

 

 

今日やっと「仕込み」が終わる(はずの)ブラウンのジャケットに合わせたいのであります!!!

もしこの素材で作ったら、小紋柄のネクタイを新調するのは多分10年以上振り(つまり、LOUD GARDENを立ち上げて以降は初)だと思います!(◎_◎;)

どうしようかしら???

 

 

 

最後にペイズリーを!

 

 

僕的な『今回の「本命」』は上段の2マークかな???

カラーリングもペイズリーのデザインも抜群にいいですよね!!

もちろん涼しげで爽やかな下段も素敵ですが。。。

 

 

 

作るならやはりバイカラーがいいですね!

 

 

どちらもいい!!!

ので、大剣と小剣をそれぞれ「テレコ」にしたバイカラーネクタイを2本作りたいです!!!

うん、そうしよう!!!

 

 

 

 

以上です。

国産素材は¥13,000+tax~、バイカラーオプションは¥2,000のアップチャージがかかります!

バイカラーにした際にノット(結び目)に出てくるのは大剣の素材になります!!

なので、少しずらして「チラ見せ」をしないと小剣の素材は見えません。

オーダーメイドならではの遊び心ですよね😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日の午後に「今日あたりに着くんじゃないかな〜〜〜?RATTも終わりかな?」と思っていたKEELの3rdアルバムThe Final Frontier(1986年作品)ですが、amazonさんの注文履歴をチェックしてみたら「2月24日までにお届け予定」となっていました。。。

前回は「2月19日から2月24日までにお届け」だったので淡い期待を抱いたのですが、このパターンで早くつくことはほぼ皆無なのでもう少し気長に待たねばなりませんね。。。

予定より遅れることもままあるので、連休中に着けば御の字かな???

という訳で今日もまたRATTを!!

昨日聴いた3rdアルバムDancing Undercover(1986年作品)あたりから漂い始め、4thアルバムReach For The Skyで決定的になった閉塞感を打開するために、1stからずっとプロデュースをしてきたBEAU HILLと袂を分かちDESMOND CHILDを迎えて作成された5thアルバムDetonater(1990年作品)です。

この頃には初期の主要メンバーKINGことROBIN CROSBYはドラッグの問題でほとんど曲作りには参加していません。

その関係でよりWARREN DeMARTINIの嗜好が強く。。。はなっていないかな???

外部のソングライターを招いたり、JON BON JOVIをゲストで呼んだりと話題性も高かったし、揃えた楽曲も悪くないんですけれどねぇ。。。

良くいえばヴァリエーションが豊富なのですが、悪くいえば散漫なんですよね。。。

RATTがやる必要がない曲が散見出来るというか。。。

力作ではありますけれど、やっぱり1stと2ndには遠く及ばないかな??

ハイライトであるはずの2. Shame Shame Shameと3. Lovin’ You’s A Dirty Jobがあと少しだけ飛び抜けた良曲だったらなぁ。。。という気もしますね。

でも、本作よりはるかにひどい作品を作ったバンドはたくさんいる訳ですからね、このアルバムが低い評価を受けるということはRATTがすごいバンドであることを証明しているのかもしれませんね!

 

 

 

 

では、そのShame Shame Shameのミュージックヴィデオを!

 

 

ゴキゲンな曲なんですけれどね、アルバムの核に据えるには少し弱いかな?と僕は思います。

 

 

 

 

22nd. Feb. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Introducing new collection for “made-to-order necktie”, 2020 Spring/Summer season vol.1!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

“♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

 

 

2月は「水曜・木曜定休」に戻して営業いたします!

 

 

 

 

いよいよRSが再開したNBA🏀

トレードデッドライン前後の動きで最も気になったチームはLACでしょうか?

トレードでM.Morris,Sr.を獲得、DETとバイアウト合意したR.Jacksonを獲得、そして、ロスター枠をもうひとつ余らせています。

最後のひと枠はE.Turnerに使う噂もあるとか。。。

最近DETの試合はほとんど見ていなかったので、R.Jacksonがどれだけやれるのかは把握していませんが、R.Jackson、L.Williams、J.Green、M.Harrell(プラスE.Turner)がベンチから出てくる布陣はかなり強力のような気がします。

MILがThe Finalsまで進出した場合、相手になる可能性があるチームだけに気になります。。。

でもまあ、MILもM.Williamsを獲得していますしね!!

さてさて、今日は後半戦の初戦、相手はC.Wood、T.Snell、T.Makerといった、1シーズン前、2シーズン前にMILのベンチメンバーだったプレイヤーが先発を務めている、まるでMILの二軍のようなDET(ファンの方、申し訳ありません!)です。

ロードゲームとはいえ、圧倒的な力の差を見せつけて勝利をして欲しいです!!

Go! BUCKS!

 

 

 

 

ところで。

「強力な布陣」といえば。

今日と明日の2日間に渡って、先週末に入荷したばかりの「オーダーメイドネクタイ用の新作素材」をご紹介します😊

ご覧いただければお分かりの通り、今までになく「強力な布陣」です!

ご来店の際にはぜひともじっくりチェックしてみて下さい😊

初日の今日はmade in Italyの新作をご紹介します🇮🇹

ではいきましょう!!!!

 

 

 

 

まずはストライプです!

 

 

いずれもとっても素敵なカラーリングですよね!

トレンドカラーのブラウン、グリーン、イエローが見事に取り入れられているのが素晴らしいです!!

特に下段の3マークが最高にいいですね😉

いずれも作りたいです!!!

 

 

 

では、その下段から僕が最高に気に入った2マークを「寄り画像」でご紹介しましょう!!!

 

 

 

上は、まさに今作ろうとしているブラウンのジャケットとの相性が抜群に良さそうです😉

シルクシャンタンならではの「横に入った不規則な節(ネクタイはバイアスに裁断するので斜めに入っています)」もいい感じです!

下は、グリーンがスーパー綺麗ですよね!!

コットンブレンド(65% Silk + 35% Cotton)ならではのカジュアル感もナイスです!!!

 

 

 

次はフラワーモチーフ柄です。

 

 

ふむふむ、春夏らしい爽やかなカラーがとってもいい!!

このレンジもですね〜〜〜、どれも作りたくなります!

困ります(笑)。

 

 

 

中でも僕が好きなのはこの2マークです!

 

 

 

上はブルーの濃度、そして、ブルーとイエローの絶妙なコンビネーションが大好きです!

セヴンホールドで作ってみたいですねぇ!!

下はとにかくカラーですね!

カラーが抜群にいいです😊😊

ネイヴィブルーやグレイのスーツにはもちろんのこと、ブラック、そして、トレンドカラーのブラウンのスーツにもバッチリ合いそうです!!

 

 

 

続いて小紋柄、ならぬ中紋柄(?)です!

 

 

少し大きめの柄の人気が復活気味の昨今です、まさに「旬」なレンジですね😊

特に上段の2マークが白眉です😊😊

いや、下段の2マークもカラーリングがとってもいい😊😊😊

 

 

 

中紋柄の4マークの中で僕のイチオシは↓こちら↓でしょうか?

 

 

これも作りたいです!!

 

 

 

そしてペイズリー!

 

 

このレンジは。。。

上段の3マークをすべて作りたい、いや、作らねば!!

そして、ペイズリーマニアのあの方、ペイズリーラヴァーのあの方にも猛烈におすすめしたいです!!

超最高ですよね〜〜〜〜〜😎

 

 

 

中でも1本を選ぶとすれば↓これ↓かな?

 

 

素晴らしい!!

 

 

 

最後にフレスコタイプのストライプとプリントです!

 

 

涼しげで爽やかなフレスコも素敵ですが、この7マークの中ではやっぱりプリントがいいですね〜〜〜〜!!!

これくらいに大胆な「ザ・プリント」な柄は堪りません!!

 

 

 

僕が作りたいのはこの↓2柄↓!

 

 

 

クラシックモダンなプリトンが最高にかっこいいです!!

 

 

 

以上です。

もちろん今日ご紹介した新作コレクション以外にも、定番コレクションや以前に入荷したコレクションもあります😊

明日は、国産素材をご紹介します😊😊

ちなみに、イタリア素材のネクタイは¥17,000+tax~です😊😊😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日もRATTをいってみましょう!

3rdアルバムDancing Undercover(1986年作品)です。

LP時代のA面に相当する冒頭の5曲は1st、2ndに匹敵するクオリティなのですが、後半の5曲が少し弱いんですよね。。。

と思って聴き直してみたら、後半5曲もなかなかでした!

特に7. 7th Avenue、9. Taka A ChanceあたりはRATTらしいグルーヴに満ちた佳曲でした😊

1stと2ndには及びませんがかなりの好作品ですね!

 

 

 

 

では、RATT史上最高のファストチューン&5曲目収録のBody Talkのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

いつ聴いてもかっこいい!!

 

 

 

 

21st. Feb. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



“♡ Camo” silkの新色サンプル仕上がりました!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

極上マフラーをマークダウンしました!

 

 

2月は「水曜・木曜定休」に戻して営業いたします!

 

 

 

 

NBA All Star Weekend 2020も昨日が最終日でした🏀

今年はあまりじっくり見なかったけれど、やっぱりお祭りはいいものですね!!

残りそう長くはないであろう人生、NFL Super Bowl、NBA All Star Weekend、日本シリーズの広島東洋カープ優勝試合のどれかは見たいな〜〜〜!と思っています😊

なかなか難しいかもしれませんが!

でも、そう考えてみると、お得意様の温かいお心遣いで「広島東洋カープ25年振りのセ・リーグ制覇試合」を現地観戦出来たのは超幸運でした!!

そして、MLBのWorld Seriesもねぇ、数年前LAに滞在した時に現地生観戦出来るチャンスがあったんですれど、当日入手出来るチケットが高価過ぎたのと体調が万全でなかったためヘタレてレストラン観戦にしてしまったんですよね。。。

めちゃくちゃ劇的な試合だった(あ、今考えれば、サイン盗み問題で揉めているHOUとのシリーズだったのかな?)ので、行っておけばよかったと今更ながら。。。

 

 

 

ところで。

「なかなか難しい」といえば。

毎年春先に2色の新色(あるいは復刻色)をリリースしている “♡ Camo” silkの新色ですが、2020年の新色も着々と進行しております!!

具体的には、先週金曜日に枡見本と呼ばれる1stサンプルが仕上がりました😊

いずれもとてもイイ感じです!

が、ブラックの方はもう少しトーンを落とした枡見本を再依頼いたしました。

今週末には再依頼した枡見本が仕上がる予定です!

原反完成まであと1ヶ月ちょっとくらいでしょうか?

このDiaryでも進捗を随時ご報告しますので、どうぞ乞うご期待下さい😉

例年通り、スーツやジャケット等のライニング使用の他、ネクタイ・ボウタイ・ポケットスクウェア(チーフ)の既製品も生産予定です!

ちなみに今年の2色は、以前にもこのDiaryでご紹介した通り2色とも新色にしました!

もうかれこれ6回目?(=12色?)のリリースなので、ナイスな新色を考えるのは「なかなか難しいかな?」と思っていたのですが、今回は割合すんなりと決まりました😎

では、早速完成ホヤホヤの枡見本をご紹介します!

 

 

 

とあるアートワークをデザインソースに可憐な花束をイメージしたマルチカラーです!

 

 

これはかなり完成度が高い&今までにないイメージなので大川女史にアプルーヴァルを取った上でOKなら進行したいと思っています😎

*写真は下の方眼紙が透けてしまっていますね。。。汗

 

 

 

1色が華やかなカラーリングなので「もう1色はシック&硬派に!」とかなりブラック無地に近いカラーリングをイメージしていたのですが、ハンドプリント職人さんに意図がうまく伝わらなかったのか以前にも展開したグレイに似てしまいました。。。

 

 

なので、枡見本を再依頼しております!

もちろんこれはこれで悪くないのですが。。。

次回の枡見本が楽しみです😊

 

 

 

こちらのPantoneと口頭で指図をしました。

 

 

マルチカラーは、私どもの意図がかなり正確に表現されていると思うのですがいかがでしょうか?

 

 

 

 

以上です!

来週また続報をお届けいたします😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

もう1日(あるいは2日)RATTを!

そうこうしているうちにKEELのThe Final Frontier(1986年作品)が、(今度こそ)届くはずなので😎

という訳で今日はRATTの2ndアルバムInvasion Of Your Privacy(1985年作品)を。

3rdで少しパワーダウンの兆しが現れて、4tと5thでは(悪くはないながらも)かなりの迷いが露呈してセールスも低迷、結局空中分解してしまう訳ですが、「デビューミニアルバムRatt(1983年作品)→1stアルバムOut Of The Cellar(1984年作品)→本作(1985年)」という時代の快進撃は凄まじいものがありました!!

本作も1stほどは研ぎ澄まされていない感じがしますし、いまひとつな楽曲が数曲あるのですが、それでも2ndアルバムとしては極めて高水準です😊

当時のアメリカのHR/HMシーンの1985年といえば、MöTLEY CRüEが3rdアルバムTheatre Of Painをリリースした年だし、BON JOVIがまだ世界的な成功を果たす3rdアルバムSlippery When Wet(1986年作品)をリリースする前だし、METALLICAが時代を変えた傑作3rdアルバムMaster Of Puppets(1986年作品)をリリースする前だし、RUGH CUTTやKEELがやっとメジャーデビューを果たした年だし。。。

そう考えてみると、RATTってデビュー時点で完成度が相当高かったんだなぁ!としみじみ思いますね。

あ、でも、DOKKENは傑作3rdアルバムUnder Lock And Keyという傑作を1985年にリリースしていますね。

「DOKKENはRATTに遅れをとっていた」というイメージがあるけれどそうでもなかったんですね!!

一度、当時のシーンの年表みたいなものを作ってみたいな(笑)。

 

 

 

 

では、本作のハイライト&RATTの代表曲&3曲目収録のLay It Downのミュージックヴィデオを。

 

 

これまたひどい動画(失礼!)なれど最高の楽曲であります!!

 

 

 

 

18th. Feb. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.