Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ NBA ] category.

「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーン用のオススメ着分⑭:Domestic vol.9 Oxford

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン(1.17 Monまで開催中!)用のオススメ素材ご紹介

① スワッチコレクション全マーク

② Thomas Mason

③ Albini

④ Canclini

⑤ Monti / Somelos

⑥ Soktas / S.I.C.Tess. / Acorn / Getzner

⑦ 国産着分 vol.1 Solid 2-1

⑧ 国産着分 vol.2 Solid 2-2

⑨ 国産着分 vol.3 Stripe 2-1

⑩ 国産着分 vol.4 Stripe 2-2

⑪ 国産着分 vol.5 Plaid 2-1

⑫ 国産着分 vol.6 Plaid 2-2

⑬ 国産着分 vol.7 Red

⑭ 国産着分 vol.8 Linen Blend

 

 

 

 

K.Thompsonの復帰があったのとNFLのゲームが週末までないのとでここ数日いつもより深めにNBAをチェックしていました🏀

COVIDプロトコルに入る選手が多かったり応援する2チームの調子がなかなか上がらなかったり(とはいえ上位につけておりますが)するので今シーズンはやや興味が薄らいでしまっているので知識が浅くていけません!

WCはMEMが超絶好調なのは知っていましたが、ECはCHIが首位に立ってもうしばらくが経つんですね。

どうやらD.DeRozanを筆頭に獲得した新たなプレイヤーたちがうまく機能しているようです。

経験値的にPOを闘い抜くのは難しい気がしないでもありませんが、他のチームの調子がイマイチ上がらない中で一気に駆け上がっても不思議はない。。。

かどうかは明日のGSW戦を見て判断しようと思います!

そしていよいよ日曜日からはNFLのPOが始まります🏈

しょせんは日本時間日曜日6:30KOのLV@CINです!

僕はCINを応援しているのですが、LVはRS最終戦でなかなか劇的な勝利をしてPO進出を決めましたからね、勢いで勝るかもしれません!

どうなるか、今から注目です!!

 

 

 

 

ところで。

「いよいよ」といえば。

1週間限定で会期延長をした「オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~」キャンペーンですが、いよいよその会期も残りが4日間となりました。

おとといは「延長してくれて良かったです!1.10 Monだとどうしても都合が悪かったので」と仰って下さるお得意様がご来店なさるなど嬉しいご注文が複数入りました!

本当にありがたいことです。

つくづく「延長して良かった!」と思っております。

という訳で、今日もまだまだ残っているオススメ着分をご紹介します!

国産着分だけでもなんと9回目(インポート着分も含めると14回目!?)となる今日のテーマはOxfordです!

我ながらナイスセレクションになっていると思いますのでご来店の際にはぜひともじっくりご覧になってみて下さい。

また、先日来お知らせしている通り「原材料費や縫製工賃や発送費といったあらゆるコストの高騰を受けて遂に限界を超えてしまったので、苦渋の選択ではありますが2¥17,600~での開催は今回が最後」となります!

そして会期はいよいよ今日(1.14 Fri)を含めて残り4日間となりました!!

つきましてはぜひともこの機会にまとめ買いをよろしくお願い申し上げます!!!

*複数在庫がある着分は文中に記述をいたします(記述がない場合は1着分のみの入荷となりますので気になる方はぜひともお早めにお願いいたします)。
*お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お取り置きも可能です。
*お取り置きは1週間程度までとさせていただきます。
*ご注文/お取り置き/お問い合わせは個別画像左上に記しますSFから始まる品番でお願いいたします。

ということで早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは ↓こちら↓ の4マークです。

 

 

まったくもって手前味噌ながら、無地1マーク、ストライプ2マーク、チェック1マークと絶妙なバランスのセレクションだと思います!

それにしてもまだこんなにいい着分がまだ残っているとは!!

残り物には福があるとは真理のようですね😉

では、いつものように左上から時計回りに個別画像を見ていきましょう!

あ、今日ご紹介するのはすべてOxford組織かつ100% Cottonになります!!

 

 

 

 

SF05237

 

 

ごめんなさい、こちらは以前にご紹介していました(汗)。

が、とってもいい素材なのでもう一度!

イエロー無地のOxfordです。

人気再燃中のイエローもOxfordなら取り入れやすいのではないでしょうか。

正攻法はボタンダウンシャツで間違いないのですが、敢えてピンホールカラーやタブカラーといったドレッシーなデザインで仕上げても良さそうですし、ゆるい感じのシャツに仕上げても良さそうな「料理」のしがいがある素材ですよね😉

個人的には最近作ったイエローのウインドウペーンが入ったツイードのスリーピーススーツ用にこのキャンペーンを利用して1枚(か2枚)新調したいと考えているのですが、「本命」だったAlbiniのブルー&イエローのストライプが早くも完売となったのでこちらで作ろうかな?と検討中です。

サックスブルーのOxford素材をカラー&カフスに使用してラウンドタブカラー + フライフロント + 大丸カフスで作りたいですね!

こちらは4着分入荷していてまだ3着分が残っているので作れる可能性が高いです😎

 

 

 

SF15945

 

 

Red, White and Blueのトリコロールストライプです!

このカラーですからね、アメリカントラディショナルスタイルのボタンダウンシャツが「本命」でしょうか?

具体的には「トラディショナルボタンダウンカラー + 大丸カフス + プラケットフロント(表前立) + ボックスプリーツバック」といった感じですね!

その場合には胸ポケットをつけるのも悪くない選択だと思います。

同じカラーリングのトリコロールリボンをそこここに加えて某ブランドっぽくするのも「アリ」かもしれません😎

しかしこの素材は見れば見るほどかっこいいですね!

天邪鬼の僕でもこの素材ならボタンダウンシャツかなぁ?

最近購入したお気に入りのトリコロールボーダーストライプニットとの相性も抜群に良さそうだしこれでも作りたいですね〜〜〜!!

ありがとうございます、こちらは完売となりました!

 

 

 

SF15684

 

 

優しいカラーリングのマルチカラーストライプです。

とってもキレイな素材ですよね!

と同時にOxford組織故の適度なカジュアル感に恵まれているのも嬉しいところではないでしょうか。

Oxfordのホワイト無地を使用したバンドカラーシャツを作ってよし、優しいカラーリングを活かしたラウンド系のデザインでまとめてよし、敢えて超ドレッシーにキメてよしな悩み甲斐のある素材かもしれません😊

皆さんならどのようなシャツをお作りになりますか?

え、僕?

僕ならそうですね、プルオーヴァーのラウンドカラーシャツなんかはどうでしょうか?

気候が暖かくなってきたらアウター使いも出来るナイスシャツになると思います!

 

 

 

SF73652

 

 

Oxford組織としては珍しいブラック&ホワイトのチェック、と思いきや濃色部分はミッドナイトブルーだそうです。

ブラックに見えるけれど。。。

それはともかく他の3マークとは異なりこちらはよりキメの細かなピンポイントオックスフォードなのでドレス仕様のシャツを作るといいかもしれません!

ピンホールカラーやタブカラーといったクラシカルなカラーもおすすめです!

もちろんボタンダウンシャツやスキッパーカラーシャツ、カプリシャツといったカジュアルシャツを作ってもスタイリッシュだと思います😊

 

以上です。

 

最後に当キャンペーンの概要を再度以下にご紹介いたします!

 

—–

オーダーシャツ × 2枚 = ¥17,600~

 

*1.17 Monまでの開催です。
*通常コレクションとは異なるキャンペーン専用の国産スワッチコレクション及び着分(国産400着/インポート100着)をご用意しております。
*インポート素材は2枚で¥28,600~となります。
*Women’sも同価格で承ります。
*1枚でのご注文は承れません。
*3枚目以降は奇数でのご注文も承ります。
*お出来上がりはご注文の2ヶ月後から2.5ヶ月後を予定しております。
*遠方の方やご来店が難しい方のお電話やe-mail等でのご注文も承っております。
*次回からは国産着分が2枚で¥19,800~/インポート着分が2枚で¥30,800になる予定ですが実はそれでもとってもお値打ちです!

—–

 

会期はいよいよ残り4日間となりました!

どうぞ皆さま、お誘い合わせの上いらして下さいませ。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

もう1日だけIRON MAIDENを!

先日高校1年生の時にバンドでコピーした云々を書いていたら久し振りにギターを弾きたくなって、当時やっていたAces HighのGソロやProwlerのリフを試してみました。

もうずいぶん昔の話ですが覚えているものですね(笑)。

という訳で、そのProwlerが収録されている記念すべき1stアルバムIron Maiden(1980年作品)です。

よく指摘されることですが、既にIRON MAIDENの特徴が萌芽している一方で時代の影響を受けてかパンキッシュな側面も併せ持った初々しく躍動感溢れる快作ですよね。

初代ヴォーカリストのPAUL DIANNOの荒々しく吐き出すようなヴォーカルも魅力的です。

Prowlerを筆頭にRunning FreeやPhantom Of The Opera、Iron Maidenという初期の代表曲も複数収録されています。

DAVE MURRAYがひとりで書いた楽曲:Charlotte The Harlotが収録されているレアさもポイントでしょうか。

そのCharlotte The Harlotがまたいい曲なんですよね!

 

 

 

 

では、そのProwlerをオフィシャルなライヴ音源でどうぞ!

 

 

名曲ですよね!

 

 

 

 

14th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



LOUD GARDEN official websiteのScheduleページを更新しました!

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました! vol.3

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

「オーダーシャツ × 2 = ¥17,600~」キャンペーン(1.17 Monまで開催中!)用のオススメ素材ご紹介

① スワッチコレクション全マーク

② Thomas Mason

③ Albini

④ Canclini

⑤ Monti / Somelos

⑥ Soktas / S.I.C.Tess. / Acorn / Getzner

⑦ 国産着分 vol.1 Solid 2-1

⑧ 国産着分 vol.2 Solid 2-2

⑨ 国産着分 vol.3 Stripe 2-1

⑩ 国産着分 vol.4 Stripe 2-2

⑪ 国産着分 vol.5 Plaid 2-1

⑫ 国産着分 vol.6 Plaid 2-2

⑬ 国産着分 vol.7 Red

⑭ 国産着分 vol.8 Linen Blend

 

 

 

 

GSWのK.Thompsonが遂に復帰しましたね🏀

2度の大怪我を経て約2.5年振りの復帰でした。

今日は何やら超がつくほどに絶好調モードに入っていて9連勝中だったMENに敗れたものの、そしてここ最近10ゲームは6-4とややチーム状態は下がり気味っぽいもののそれでもしっかりWCの2位につけていますからね。

彼が戻ってきたことはチームにとって大きな助けになるのではないでしょうか。

まだダイジェストでしか復帰後のプレーを見ていないので彼の「ウリ」のひとつであるDがどうなのかはなんともいえませんが、シュートタッチはまったく問題がなさそうですしクイックネスも失われてなさそうです。

どんなスポーツでも怪我で選手生命が失われるのはとても悲しい話なので本当に良かったですね!

本人やチームメイト、ファンはもちろんのこと約1,000日もの間2ndエースのK.Thompsonを欠きながら、辛抱強くトレードとドラフトで戦力維持に努めてきたフロントの喜びもひとしおではないでしょうか。

今シーズンはGSWがNBA制覇するというドラマが生まれるのも悪くないですね!

もちろん、MILの連覇が一番望ましいですけれど😊

 

 

 

 

ところで。

「戻る」といえば。

来週以降から2月いっぱいの間、LOUD GARDENは「水曜日・木曜日定休」に戻して営業いたします!

よりエキサイティングな服を生み出せすようにたまにはしっかりとお休みを取ろうと思ってのことです。

ご不便をお掛けしますが何卒ご了承をお願い申し上げます。

ちなみに今日(1.12 Wed)は20:00まで営業しております!

ご来店をお待ち申し上げております!

詳細は公式websiteのScheduleページをご覧下さい😌

 

 

 

 

スクリーンショットですが、先ほど更新したスケジュールも以下に貼っておきますね!

 

 

計算してみたら。。。

1月は11日も休むことになるのか!?

休み過ぎかしら???

営業日は今まで以上に集中力を高めて頑張らないとですね!!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

もう1日だけ10年振りの再開を果たしたKさんに敬意を表してIRON MAIDENの傑作を!

今日は昨日聴いた超名盤Powerslave(1984年作品)の前々作にあたるThe Number Of The Beast(1982年作品)です!

僕はリアルタイムで聴くことが出来なかったのでPowerslaveこそ究極もIRON MAIDEN作品だと信じているのですが、楽曲の全体的なクオリティの高さは本作の方が僅かに勝っているかもしれませんね。

2. Children Of The Damned、4. 22 Acacia Avenue、5. The Number Of The Beast、6. Run To The Hill、9. Hallowed Be Thy Nameあたりは本当に名曲ですよね。

ややパンキッシュな7. Ganglandも忘れ難い良曲ですよね!

 

 

 

 

では、タイトルトラックThe Number Of The Beastのミュージックヴィデオをどうぞ!

 

 

久し振りに見ましたがかっこいい動画ですよね!

 

 

 

 

12th. Jan. 2022

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super chic and luxury 100% cashmere ulster coat

Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

ちょっとNBAのチェックを怠っていたらDALが12-13と黒星先行、WCの7位に転落していました🏀

まあまだシーズンは長いですし、今シーズンのWCはGSWとPHXが勝ちまくっているので「WC首位を狙う!」というのは現実的ではないし、エースL.Dončićが「東京オリンピック後に休みすみたかな?」と調整不足を告白しているようですし一喜一憂するタイミングではないとは思いますけれど、終盤にリードを許してズルズルっと負けるゲームが多いように見えるのは気になりますね。

INDが解体/再建に入るという話もありますし思い切ったトレードを画策してもいいような気もしますが「噂」が全然上がってこないということはもう少し様子見でしょうか?

あるいは水面下で動いているのか?

もし下位に沈むようだとJ.Kiddの首が涼しくなってくる可能性もありますし今後の方針が気になるところです。

一方のMILはD.CousinsやW.Matthewsといったヴェテランを獲得するなど、最低限ではありますが出来る補強をしっかりしていることも良く作用しているのかしっかりECの3位につけています。

D.DiVincenzoも今週中には戻ってくる感じなので間もなくエンジン全開になるといった感じではないでしょうか。

今日は両チームともお休みで明日はMILが@NYK戦に、DALが@OKC戦に臨みます。

DALはロードゲームとはいえOKCに敗れるようだといよいよ深刻かもしれませんね。。。

MILは多分大丈夫でしょう。

いずれにしても両チームともにしっかり勝利して欲しいものです。

Go! BUCKS!

Go! MAVS!

 

 

 

 

ところで。

「長い」といえば。

今日は昨日お渡ししたばかりの超ロング丈&超シック&超ラグジュアリーな100% Cashmereのアルスターコートをご紹介します!

超ロング丈とは。。。

実に137.0cm!?

GIEVES & HAWKES時代、A WORKROOM時代を入れても最長クラスのロング丈です!!

昨今の既製品コートは「活動的」といったワードを強調して90.0cm前後に仕上がっていることが多いようなのですが、それが事実ならばその差は約50.ocmということになります!!

贅沢ですよね〜〜😊

確かに着丈が短いコートは活動的で軽快かも分かりません。

が、しかし、やっぱり、ロング丈はゴージャス&ラグジュアリーでとってもかっこいいですよ!!

という訳で、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

着丈が長いから写真を撮るのも大変でした(笑)。

それはともかく、made in Englandの極上100% Cashmere素材との相性も抜群の素晴らしく優雅なコートですよね!

深く美しい毛並みと濃過ぎないシックなネイヴィブルーが織りなす「エレガンスの極致」を損ねないようにデザインはあくまでシンプル&クラシックにまとめました。

それが大正解だったようで素材の素晴らしさと超ロング丈ならではのダインディ至極な佇まいが最高の調和を果たしていると思います!

また、トルソに着せて撮る写真だとなかなか表現が出来ないのですが、このコートはウエストから裾に向けてのフレアーをかなりつけております。

超ロング丈とかなりのフレアー。。。

最強の組み合わせですよね!

という、作り手の僕も感動するくらいのナイスコートだと自負しております😉

ちなみにこのコートをご注文下さった規格外の粋人にしてファッションについて玄人レヴェルに精通しているお得意様H様も「このコートはイメージ以上によく仕上がりましたね!」と仰って下さいました!!

嬉しい限りのお言葉でした。

では、ディテイル等々を「寄り画像」で見てみましょう!

 

 

 

胸部です。

 

 

14.0cmとかなりワイド巾のアルスターカーラーがとっても素敵ですよね!

美しい0.6cm巾のピックステッチもきれいです!!

 

 

 

袖先です。

 

 

クラシカルなターンナップのフルカフス仕様です。

 

 

 

背中です。

 

 

高い位置から入ったインヴァーテッドプリーツ、プリーツ脇のタック、バックベルト。。。

いいですよね〜〜!

僕もこのタイプのコートが作りた苦なりました!!

 

 

 

裾です。

 

 

センターベントでライニングを「チラ見せ」するのもいいけれど、より優雅な佇まいを持ったインヴァーテッドプリーツもやっぱりいいですよね!

 

 

 

ライニングです。

 

 

“♡ Camo” silk c/# blueをおつけしました!

超クラシックなコートのライニングが超ポップな “♡ Camo” というギャップが堪りませんよね!!

最高のコンビネーションだと思います。

*ありがとうございます、2021年リリースの “♡ Camo” は2カラー(c/# blue・c/# purple)とも既に完売となっております。

 

以上です。

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

また、こちらのコートも想定よりお時間が掛かってしまい大変に失礼いたしました。

お詫びを申し上げます。

次の御注文品が仕上がりましたらまたご連絡を申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きTHE WATERBOYSの最新ボックスセット– The Magnificent Seven – THE WATERBOYS Fisherman’s Blues / Room To Roam Band 1989-90を愉しもうと思います!

今日はWinter’s Workと名付けられたDisc 3を。

Room To RoamのリードトラックA Man Is In Loveの “demo” や他の収録曲の “songwriting demo” が複数収録されていたりと、1989年お冬には次なる作品(Room To Roam)の骨格が固まり始めていたことを伺える音源です。

さりげなくも傑作3rdアルバムThis Is The Sea(1988年作品)収録のSpiritやThe Pan WithinやA Pagan Place(1984年作品)収録のSomebody Might Wave Backが収められているのも嬉しい限りですね!

あ、もちろんアルバム収録とは異なるヴァージョンです!!

こちらも昨日おととい同様にじっくりと注意深く聴いてみようと思います。

 

 

 

 

では、そのThe Pan Withinをライヴ動画でどうぞ。

 

 

名曲ですよね〜〜〜!

そして、サイコーのパフォーマンスです!!

また生ライヴが観たいです!!!

でも出来れば次回は東京、あるいはロンドンかダブリンあたりでゆっくり観たいですね〜〜。

前回、England郊外のWrest Parkで見た時はとにかく大変だったから(笑)。

 

 

 

 

12th. Dec. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



“♡ Camo” silk c/# navyが1.6mほど「発見」されましたのでスーツ/ジャケットのライニングにお使いいただけます!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

昨日のNBAはLAC@LALのLA対決等々、興味深い対戦が複数ありました🏀

個人的にはおとといも触れたNOP@DAL、そしてPHX@GSWに注目しました。

前者は2日前にロードで圧勝したNOP相手のホームゲームですからDALの楽勝でしょ?と思ったら、昨日今日がB2BのためK.Porzingisがお休みしたこともあり完敗しました。。。

なかなかうまくいかないものですね。

後者は2日前に行われたWCの頂上決戦に敗れたGSW(というかS.Curry)がどう修正来るかが見ものでしたが、そのGSWが見事にリヴェンジに成功し首位を再奪取しました。

さすがですね。

加えてNBA関連では、僕が応援しているDAL以外のもう1チームMILがW.Matthewsを獲得しました。

D.DiVincenzoが離脱中が長引く見込みなのかもしれません。

今シーズン契約がなかったことから想像するとかなり衰えているのかもしれませんが、2019-2020シーズンはMILで先発SGを務めていたんですよね。

POR時代から好きな選手かつDALにも所属していたことがある選手ですのでキャリア晩年の輝きに期待したいです。

ただ、MILはB.Lopezが背中を手術したようで今シーズン中の復帰が出来るかどうか分からない状況のようで、そっちがかなり心配です。

そこは獲得したばかりのD.Cousinsの躍動に期待したいのですがどうでしょうか。

明日のMIA戦に注目しましょう!

そうそう、獲得といえば今季カープに所属していた大砲クロン選手の獲得をKBOの球団が発表したようですね⚾️

カープではうまくアジャスト出来ずでしたが、KBOは打高投低リーグと聞くのでぜひとも才能を花開かせて欲しいものです!

そして、その活躍から「再発見」されてまたMLBから声がかかると最高ですね😊

Go! KEVIN!

 

 

 

 

ところで。

「発見」といえば。

昨日「完売しました!」と申したばかりですが。。。

舌の根が乾かぬうちに恐縮なのですが。。。

昨日、”♡ Camo” silk c/# navyが1.6mほどだけ「発見」されました!!

縫製工房から「色々あって使わなかった分です」と戻ってきたのであります。

超レアケースです。

当然のことながら縫製依頼をする度にささっと計算して必要㍍(+@)を送っているのですがどうやら僕の計算に間違いがあったようです。

でも、さすがに1.6mも間違えるとは考えにくいので必要㍍をカットする時に間違ったかな??

あるいはちょっとだけ思い当たる節があるのですがもしかしたら超意外なそういう間違いだったかも???

いずれにしても「逆:あるはずのものがない」でなくて良かったです!!

 

 

 

 

という訳で、↓こちら↓ のとてもナイスなライニングは本当に、今度こそ、正真正銘の「ラス1」になります。

 

 

素敵ですよね😉

つきましては、ぜひともどなたか使ってやって下さいませ!

1.6mですとコートやロングジャケットは無理ですがスーツやジャケットの胴裏でしたらバッチリ取れます!

 

< “♡ Camo” silk c/# navy >

100% silk

Hand printed in Japan

胴裏アップチャージ:¥17,800

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

*お電話/e-mail/SNS等でのお取置きも可能です。

*c/# purpleは既に完売済ですが0.7m程度残っておりますのでヴェストの背表(後ろ身頃の表面)でしたらご使用いただけます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きBRUCE SPRINGSTEENの The Ties That Bind:The River Collection(2015年作品)を!

今日はDisc 2、デジタルリマスターされて本Box Setに収録された2枚組アルバムThe River(1980年作品)のDisc 2です。

収録曲は以下の通りです。

 

01. Point Blank
02. Cadillac Ranch
03. I‘m A Rocker
04. Fade Away
05. Stolen Car
06. Ramrod
07. The Price You Pay
08. Drive All Night
09. Wreck On The Highway

 

Disc 1に比べてスローテンポでしっとりした楽曲が多いのですが、「軽くし過ぎないこと」こそBOSSが本作を幻の作品The Ties That Bind(本作のDisc.3)から2枚組に発展させてリリースした目的なのでこのバランス感/塩梅こそが本作のキモに違いありません。

それが証拠に最後の2曲の深い余韻は筆舌に尽くし難いほどに儚くも温かい美しさがあります。

このエンディングは完璧に過ぎるほどよく出来ていて、絶対にもう一度Disc 1の1曲目The Ties That Bindを聴き直したくなるんですよね!

とはいえ、もちろんBOSSらしい気分が上がるR&R(02. Cadillac Ranchや03. I’m A Rocker、06. Ramrodあたり)も絶妙な配置で用意されていて、それらも当然の如く素晴らしい良曲に仕上がっています。

03. I’m A RockerはDisc 2(2枚組LPの2枚目A面3曲目)ならではの、つまり例えばDisc 1の3曲目に持っていくのは難しい感じがするややお気楽かつ(BOSS品質で考えると)少々平凡なR&Rソングという感じもしますが、この曲が4. Fade Away以降を引き立てているのも事実なんですよね。

その辺の曲順も秀逸だと思います。

06. Ramrodの粘り腰が効いたグルーヴは個人的に大好物です!

余談ながら僕は自分用のスーツやジャケット、コートを作る時には必ず(とシャツを作る時にしばしば)、大好きな楽曲のタイトルを文字刺繍で入れるのですが、本作からはThe Ties That Bind、Hungry Heart、Point Blank、I’m A Rockerを入れたことがあります。

もしかしたら文字刺繍に使った楽曲が最も多い作品かもしれません。

そういった意味でも超名盤です!

 

 

 

 

では、比較的最近のライヴ動画でDrive All Nightをどうぞ!

 

 

こんな空間にいられたら一生の思い出になりますね!

 

 

 

 

5th. Dec. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very smart and dandy tweed jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / NBA / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coatを作りました!

 

 

Arnys/アルニスの銘ジャケット:Forestière/フォレスティエールをRYOJI OKADA流に再現しました!

 

 

“♡ Camo” umbrellas バルク生産分の一部納品が遅れております。残りは12.3 Friに入荷予定です。申し訳ありません!

 

 

LOUD GARDENの新websiteリリースしました!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 ⑩-1 Plain & Fancy Linings vol.1

 ⑩-2 Plain & Fancy Linings vol.2

 ⑩-3 Plain & Fancy Linings vol.3

 ⑪ Overcoat

 ⑫-1 Jacket & Trousers vol.1

 ⑫-2 Jacket & Trousers vol.2

 ⑬ Tower Bridge by Wain Shiell

 

 

 

 

昨日僕が注目していたNBAの2ゲームは予想通りにDALはNOPに圧勝、MILは苦しみながらも完勝しました🏀

DALは明日のホームゲームでNOPとの再戦が用意されているのでここきっちりと勝ちたいところですね。

MILはD.Cousinsがいきなり出場してきっちりと仕事をしたのがナイスでした!

昨日はお休みだったので午後からはカープがドラフトした選手が複数出場している都市対抗野球を観戦しながら雑務をしたりゆっくりしたりしていました⚾️

14:00から行われた試合に出場したドラフト6位の長距離砲末包選手がバックスクリーンに飛び込む本塁打を叩き込んだだけでなく噂の「意外な俊足」も披露してチームの勝利に貢献、18:00から行われた試合に出場したドラフト3位の中村健選手は振るわなかったけれど身体は出来上がっているように見えました。

おとといはドラフト2位左腕森投手が好投していますし来季のルーキーは本当に楽しみですね〜〜!

そして、昨日遂にMLBがロックアウトに突入しました。

これは?

もしかすると??

 

  1. 1. 宇草選手(左)
  2. 2. 小園選手(遊)
  3. 3. 坂倉選手(捕)
  4. 4. 鈴木誠選手(右)
  5. 5. 西川選手(中)
  6. 6. マクブルーム選手(一)
  7. 7. 林選手(三)
  8. 8. 菊地選手(二)
  9. 9. 投手

のような超強力打線が組める可能性が1%くらい出てきたと理解していいのでしょうか???

ファンとしては「少しでも早く鈴木誠選手がMLBで躍動する姿を見たい!」と心から思うのですが、どうしても行けないとなれば話は別です😎

即戦力が多そうなルーキーたち、例年以上に期待が大きい新助っ人たち、そして鈴木誠選手の動向。。。

この時期特有&恒例かもしれませんけれど、期待しかない来季のカープであります!!!

そして、日本時間の今朝10:20キックオフのTNF: DAL@NOで幕を開けるNFLのWeek 13🏈

注目カードが目白押しなのですが、DALとNOともに好きなチームである僕はまずは今日のTNFから気分が上がっています!!

DALはしっかり勝ってNFC Eastの首位固めに成功したいところですが、NOもなんとかPO進出の望みを残したいところです。

さてどちらが勝利するか!?

楽しみです😊

 

 

 

 

ところで。

「即戦力」といえば。

今日は数日前にお渡しした「この気温でしたらまさに即戦力。きっと今週末あたりもお召しになっていただいているに違いない」ジャケット、とても端正でダンディでモダンクラシックなツイードジャケットをご紹介します!

「ソフトなタッチ&ヘリンボンのツイードジャケット」をイメージなさってご来店下さったのでピンときておすすめした「メンズ向けのジャケット素材を得意としているイタリアンミルLanificio di Pray」のツイードでお作りいただいた1着です。

ぱっと見はUKツイードのようなハードなタッチ、されど着ると適度にソフトという特徴がとってもナイスな素材です。

では、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

素敵ですよね〜〜〜!!!

クラシカルだけれどモダン、モダンだけれどクラシック、素晴らしくかっこいい1着に仕上がりました。

ベースのデザインはややモッズ寄りのクラシックスタイルです!

具体的には「少しVゾーンが狭めの2つ掛けの3ボタンスタイル」「適度な太さのある:9.0cm巾のセミノッチドラペル」「急傾斜:前後差5.0cmのハッキング/スランテッドポケット」「やや大きめにカットしたフロント」「深め:27.0cmのセンターベンツ」といった具合です。

そこにブラックの「味付け」をすることでかなりモダンな「顔」になっていると思います。

「絶妙の塩梅」というやつですね😉

では、そのブラックの味付け等々のエキサイティングなディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

カラークロス(上衿裏のフェルト生地)は贅沢な100% Cashmereのブラック無地素材で代用しました!

 

 

この100% Cashmere素材はくるみボタンと腰ポケットの両玉縁でも使用しています。

そして、そのブラックに呼応させてフラワーホール(衿穴)やボタンホールの糸もすべてブラックにしています。

「全体をグッとしまって見せたい」「モダンさをプラスしたい」という意図故のブラック使いでしたがその狙いは大成功だったようです😎

 

 

 

胸部です。

 

 

「衿先がノッチドラペルより少し上がったセミノッチドラペル」「ブラック糸を使用したフラワーホール」「ライニングを使用してチーフ代わりに出せるような仕様にした胸ポケットの袋地」といったディテイルがこの寄り画像のポイントになります!

 

 

 

ライニングは百合の紋章柄にしました!

 

 

英国の名門マーチャントLBD社のP&F Liningからのセレクションですが、こちらは色柄もさることながらライニングには珍しい53% Cupro + 47% Cottonという品質も特徴的です。

表素材とのコントラストもとてもいいですよね!

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

  • ・100% Cashmere素材を使用したくるみボタン
  • ・6個ボタン
  • ・リアルボタンホール(本開き切羽)
  • ・スランテッドボタンホール
  • ・ブラックボタンホール

 

はい、いずれもアップチャージ不要のディテイルです😉

 

以上です。

 

H様、いつも本当にありがとうございます。

心より御礼を申し上げます。

間も無くオーダーシャツ2枚キャンペーンをスタートさせますのでぜひともまたシャツもお願い申し上げます😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もBRUCE SPRINGSTEENの The Ties That Bind:The River Collection(2015年作品)を!

順番からすると今日はDisc 1なのですが、昨日嬉しいことにお得意様がアポイントメントを下さったのでちょっと店に出て聴いたらやっぱりサイコーだったのでDisc 3: The Tie That Bindをもう1日だけ!

滅多に聴くことがない音源ですからね、こういう機会にじっくり聴いておかねば!!

 

 

 

 

では、タイトルトラックにしてThe Riverでもオープニングトラックを務めるThe Ties That Bindを比較的最近のスタジオライヴ動画でどうぞ。

 

 

 

おお、素晴らしい!!!

そういえば、NEが劇的な大逆転を演じたSuper BowlやTHE ROLLING STONESのHyde Park公演を観に行った先輩はThe River完全再現ライヴも観に行ったんじゃなかったかな?

羨ましい行動力!!!

見習わなきゃ!!!

 

 

 

 

3rd. Dec. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.