Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Hiroshima Carp ] category.

Brand new shirting collection, Apr. 2021, vol.1: Liberty

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

4.19 Monまで開催中!:オーダーシャツ¥3,300 off!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

 

昨日行われたDとの3連戦@バンテリンドーム第2戦は完封負け⚾️

ここ5試合で4度目も完封負けを喫するとはなかなかひどいですよね!

チーム打率は悪くない訳ですから、これはどう考えても「打線がつながらない」のが原因ですよね。

戦犯探しをしても仕方がないのですが、やっぱり河田新ヘッドコーチが「キーマン」と呼び某選手がキャリアワーストに近い状態で先発出場を続けていることが最大の問題ですかね。

もちろん大砲候補クロン選手が早々に離脱したこと、メヒア選手が一向に開花しないこと、昨季覚醒したと思われた堂林選手が不調なこと、一発が期待出来る若手/中堅が軒並み二軍で燻っていること、左翼手/中堅手の有力候補と目されていた2人が迷走していること等々の事情もありますけれど、首脳陣が「キーマン」に挙げている選手会長が走攻守でチームの足を引っ張っているようではなかなかチーム状態は上がりませんよね!

本当にキーマンなことを逆説的に証明しつつあるという(笑)。

クロン選手は今週中に再昇格するでしょうし、(高橋大選手や林選手はまったくダメですけれど)伏兵&絶好調の正随選手がそろそろ上がりそうですし、二軍で躍動して一軍に昇格を勝ち取った中村奨選手と羽月選手が結果を出していますしね、好材料もあります。

大瀬良投手の離脱、野村投手の不調、中村祐投手の実力といった諸事情から先発ローテーションがガタガタになりつつあるので、ここは早くも「Aクラス」に照準を合わせて「若手有望株を育てながら勝つ」路線に変えた方がいいような気もしますね。

ひとまず、昨日も無安打だった某選手は休ませた方がいいような気がしますけれどどうしますかね😊

先発オーダーに注目です。

 

 

 

 

ところで。

「4」といえば。

昨日、オーダーシャツ用新作素材4月分が入荷しました。

荷物の受け取りは午後にしたのですが、いろいろあって開封したのは閉店後でした。

「明日でいいかな〜〜?」と思ったのですがなんだか少し「予感」がして。。。

で、20:30頃に開封したのですが、開けてびっくりでした!!

なにがびっくりって、とってもナイスコレクションだったからです!!

思わず興奮してしまいました😊

入荷の少し前から諸々チェックして新作の内容は把握しているのが「いつも」なのですが、今回に限っては「青天の霹靂」的な入荷だったのでなんとも嬉しいサプライズでした!!

「予感」に従って良かったです。

という訳で、今日から数日間に分けてオーダーシャツ用の新作素材をご紹介します!!

*シャツ以外にシャツワンピース・サファリジャケット・シャツジャケット等もお作りいただけます。

初日はLibertyの新作です。

わずかに4マークですが超重量級の内容です😎

ではでは、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

入荷したのは↓こちら↓の4マークです!

 

 

「ん?いつもとちょっとタッチが違う??」とお感じの方、さすがです!

実は今回入荷した4マークはいずれも100% Linenなのであります!!

コーデュロイやモールスキンタイプなど、通常クオリティ(100% Cottonのタナローン)以外の新作が入荷したことは今までもありましたけれど。。。100% Linenは。。。僕の記憶によれば。。。今回が初。。。

あるいは、(記憶が間違っていたとしても)今回が超久し振りになります😊

素晴らしい!!

しかも。。。

入荷ホヤホヤの新作たちも、明日(4.19 Mon)まで開催中の「オーダーシャツ ¥3,300 off」キャンペーンの対象になるという!!

更に素晴らしい!!

つきましては、ぜひとも今日明日中でのご来店をよろしくお願いいたします😌

もちろん、引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも大々歓迎です!!

今日ご紹介するLibertyの新作をご注文/お問い合わせの際には個別画像左上に記したFMで始まる品番でご指示下さいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

続いて、全4マークを「個別画像」で見ていきましょう。

 

 

 

FM78225:Hannah Fay

 

 

流れるような「クラシックリバティスタイル」を作り出している、繊細かつチャーミングなフラワーモチーフがとても魅力的なHannah Fayです。

春らしい爽やかなカラーリングもとっても素敵ですよね!

この柄は100% Cottonだと男性には少し可愛らし過ぎるかもしれませんが、「ワイルドとも言い換えられるオーガニックさ」を持つ100% Linenなのでメンズシャツ、メンズシャツジャケット、メンズサファリジャケットにもばっちりですね😉

もちろん可憐な柄ですからウィメンズアイテムにも「間違いない」です!

僕はサファリジャケットを作りたいですね〜〜!!

シャツとマスクも作って「3ピース」にしてもいいかもしれませんね😎

 

 

 

FM78226 (上)/FM78227(下):Strawberry Thief Spring

 

 

 

William Morrisが1883年にデザインしたStrawberry Thief。

Libertyがこのデザインを初めて採用したのは1979年のこと、インテリアファブリック用でした。

その後、(Libertyのシャツ用素材の代名詞的クオリティ)タナローンのために縮小されてベストセラーを記録、以来様々なカラーや品質(100% Linen等)で展開をしております。

そのStrawberry Thiefを新しく解釈したのがこのStrawberry Thief Springです。

具体的には背景色がモダンなライトカラーに変化しました。

それにより「主役」の苺がよりはっきりと存在感を発揮する構図が完成しております🍓

そんな素敵な歴史/背景を持つStrawberry Thief Springの100% Linen、今回入荷したのはブルーベースとイエローベース。

どちらも極めて素敵です😊

ブルーベースをメインにイエローベースをカラー&カフスに使用した「Strawberry Thief Springクレリック」にしてもいいかもしれません!

2色使いのシャツワンピースもいいですよね!!

ちなみに、ブルーベースは同カラーリングの100% Cottonも半年ほど前に入荷しておりまだ「在庫アリ」です!

「LinenとCotton両方で作る!」というのも極めて粋ですよね〜〜〜😉

 

 

 

↓こちら↓が、100% CottonのStrawberry Thief Springでお作りしたシャツです。

 

 

やっぱりいいですよね〜〜😉

 

 

 

FM78228:Story Island

 

 

大英図書館にコレクションされている「1918年に製作された架空の地図 “An Ancient Mappe Of Fairyland”」を変化させたデザインがとても雄大でロマンティックなStory Islandです。

とっても素敵なこの柄ですが、バンチブックサイズだとなかな全貌の把握は難しい(というか不可能)ですよね!

 

 

 

という訳で、解像度は低めですbが柄のおおよそがイメージ出来る画像もご紹介します!

 

 

なかなかどうして壮大なスケールを感じさせてくれるナイスな柄ですよね😉

壮大さを活かしたロングシャツ、オーヴァーサイズシャツがよさそうです😉😉

 

以上です。

 

Libertyの100% Linenコレクションはすべて経糸(タテイト)・緯糸(ヨコイト)ともに60番手単糸(タンシ)です。

オーダーシャツの定価は¥20,900~、つまり明日(4.19 Mon)までは¥17,600~でご注文いただけます!

入荷したての素材がいきなりお安くなるという、なかなか掟破りなナイスキャンペーン!!

ぜひともこの機会をご利用下さいませ😊

*シャツワンピース・サファリジャケットはオーダーシャツの定価プラス¥19,800、シャツジャケットはオーダーシャツの定価プラス¥27,500のアップチャージとなります。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

今日もTHE WALLFLOWERS関連音源、バンドの創始者にしてシンガーにしてメインソングライターにしてギタリストにして唯一のオリジナルメンバーであるJAKOB DYLANが初めてリリースしたソロアルバムSeeing Things(2008年作品)です。

極めて「バンド志向」だったTHE WALLFLOWERSの5thアルバムRebel, Sweetheart(2005年作品)から一変、本作はしっとりとした弾き語り作品です。

これがまたとてもエモーショナルで瑞々しくて、静かな躍動感に溢れた快作に仕上がっています。

この作品を聴いた時「これだけの優れた作品を作ってしまったらTHE WALLFLOWERSとしての活動はもうしないかもしれないねぁ」と予感したものです。

果たしてその予感は嬉しいことに外れた訳ですが。。。

それはともかく、すごく久し振りに聴きましたがやっぱりいいアルバムでした!

楽曲が粒揃いです!!

大御所RICK RUBINのプロデュースも見事だと思います。

 

 

 

 

では、8曲目収録のSomething Good This Way Comesのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

素晴らしい曲ですよね!

 

 

 

 

18th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



4.19 Monまで開催中!:オーダーシャツ¥3,300 off!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

 

3連敗、3試合連続完封負け、先発ローテーションから3人目の離脱者発生翌日という極めて悪いチーム状態の中で迎えたDとの3連戦@バンテリンドーム⚾️

この3連戦、願わくば1試合か2試合は雨天中止になるのが望ましいのですが、ドーム球場ですからそれも叶いませんね(笑)。

そんな3連戦の初戦はおとといの練習中に足を痛めて抹消となったエース大瀬良投手に変わって二軍でもあまり良くない投球をしている遠藤投手が先発でした。

立ち上がりの不安定さが大きな課題の遠藤投手ですが、昨日も案の定ボール先行の投球。。。

なだけでなく、球速も全然出ない状態でした。

結果、3回2/3・80珠・7被安打・6奪三振・1与四球・1与死球・3失点で降板、来週の登板(他に候補がいない現状なので恐らく中6日でもう一度先発登板があると思います)に不安を残して降板しました。

う〜〜〜ん、厳しい!

そして、あの状態の遠藤投手から連打が出ないD打線も状態はかなりよくないようですね。。。

今日は九里投手が先発です。

森下投手がKO、床田投手がピリッとしない状態、大瀬良投手が故障離脱、野村投手と中村祐投手が不調離脱という状況の先発投手陣の中で、開幕以降エース級の活躍を披露している九里選手に対する期待は大きいものがあります!

ぜひとも今日も快投を披露して自身初の開幕4連勝を記録して欲しいですね😊

2番左翼手で先発した中村奨打線の躍動もありましたし、鈴木誠選手に強烈な一発が飛び出しましたし、二軍で故障から回復したクロン選手が暴れているようですし、打線にも復調の気配が見えてきたようです。

なんとか勝利してまた上昇気流に乗りたいところです!

Go! KURI!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「3」といえば。

「オーダーシャツ ¥3,300 off!」を筆頭に、お得意様とこのDiary(およびLOUD GARDENのFacebookページ)読者様限定で以下のスペシャルキャンペーンを4.19 Monまで開催しております!

 

 

「密」になる可能性を極力排除したいと考えて今日まではこのDiaryでの告知はしていなかったのですが、残り開催期間が3日となりましたので敢えて告知します!!

政府分科会会長が「接触機会の削減を!」と、都知事が「東京には来ないでいただきたい。スーパーや商店街でのセールや催し物も中止・延期などの対応でご協力いただきたい」と宣っているようですが、そして、その意図自体は理解出来ますが、これってその他の「お願い」とひっくるめて「小売店はセールスを諦めて下さい。我慢しましょう!でも、補償はビタ一文しませんよ」と同義ですからね、納得は到底出来ません。

もちろん、感染力が強い変異株の脅威等々も理解しているつもりですので、今まで以上に諸々気をつけたいとは思いますし、やたらめったら政府や地方自治体への反発を強めたい訳でもありません。

ですが、国や都のお願いを受けて「そうだよね!キャンペーンなんかは中止・延期。ご来店促進もやめよう」なんてことはとっても出来ません。

小売店側だっても生きるか死ぬかの状態です!

そして、飲食店さんはいまだに協力金をもらっているのに、我々は「0」ですからね!!

つきましてはこのキャンペーン!!!

なんとか残り会期も頑張って、1着/1枚/1本でも多くのご注文をいただけるようにしたいと思っております💪

つきましては、どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

前置きが長くなりましたが、以下の内容で開催中です!!

 

—–

– オーダーシャツ:¥3,300 off
*Wrinkle Free Collection等一部対象外素材がございます。

– オーダーカジュアルラインパンツ:¥3,300 off

– オーダーネクタイ:¥2,200 off

– オーダーベルト:¥2,200 off

—–

 

ぜひともこのとてもお得な機会をご利用下さいませ。

みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

もちろん引き続き、お電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも絶賛受け付けております😌

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きのTHE WALLFLOWERS音源!

今日は、5thアルバムRebel, Sweetheart(2005年作品)です。

当時(今もかな?)最も「売れっ子」だったプロデューサーBRENDAN O’BRIENがプロデュース、ギタリストとしても参加した作品ですね。

BRENDAN O’BRIENらしく、手掛けたミュージシャン/バンドが持つ魅力をダイナミックに伝えようというヴィジョンが明確な作風に仕上がっています。

具体的には、いつになくフィジカルかつ明るめなバンドサウンドと楽曲が愉しめる作風に仕上がっています。

あまり「あれこれ考える」ことをせずに、いいヴァイブに包まれた状態で一気に作り上げた成果ではないでしょうか。

JAKOB DYLANのインテレクチュアルな側面こそを愛しているファンにとってはイマイチな作品かもしれませんね。

僕は必ずしもそういうファンではないのですが、そして、本作が好きではないという訳ではないのですが、ややBRENDAN O’BRIEN色が強過ぎる気がするというか、ウェットさやセクシーさといったTHE WALLFLOWERSらしさに乏しい気がするというか、「ハッ」とさせられる曲が少ないというか、似た楽曲が多いというか。。。本作はTHE WALLFLOWERSの作品中1stアルバムとともに最も聴く機会が少ないです。

なんでしょうね、ヘルシーなヴェテランアメリカンロック然とした佇まい(これ、決して悪いことではないのですけれど!)がちょっと引っかかるのか深く入っていけない感じがするし心の底に沁みてこない感じがするんですよね、ひねくれ者の僕としては(笑)。

もしも本作が大ヒットを記録、この路線を推し進めた次作をすぐにリリースという流れがあればまた違った感想を抱いたかもしれません。

しかしながら、実際にはそうはならず、2008年と2010年にJAKOB DYLANはしっとりとしたソロアルバムをリリースすることになります。

そして、そのソロアルバムはいずれも本作を凌ぐ素晴らしい内容の作品に仕上がっているんですよね。

JAKOB DYLAN自身もその辺はよく理解しているのではないのでしょうか、過去10年間のセットリストを調べてみると本作収録曲が披露されたことはほとんどないようです。

といった記憶、印象、事実とともに久し振りに聴き直した本作ですが、なんともよく出来ていますね!

静謐な楽曲がひとつふたつ入っていても良いような印象は変わりませんしキラーチューン不足は記憶通りですが、収録された楽曲がここまで良曲/佳曲揃いとは意外でした。

特に冒頭の4曲は秀逸ですね!

力強い7. Back To California、近年のライヴで本作から唯一披露されている10. Nearly Belovedあたりの出来も極上です。

JAKOB DYLANが描いたというジャケットのアートワークもまったくもって悪くないですね。

 

 

 

 

では、本作からの1stシングル、3曲目収録のBeautiful Side Of Somewhereのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

少し既聴感のありますが極めて良曲ですよね!

しかし、JAKOB DYLANは男前ですね!!

この人のスーツを作る機会にも恵まれたいですね〜〜〜〜!!!

どなたか親しい方がいらっしゃいましたらご紹介お願いしますっ!!!!

 

 

 

 

17th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super funky and dandy “Liberty Print” shirts!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

火曜日に予定されていた初戦が雨天中止となったため2連戦となったTとの首位攻防戦@甲子園の第2戦はまたしても零封負け⚾️

雨天中止になった火曜日に「カープファンからしたら首位攻防戦なんてとんでもない状況でBクラス陥落の危機という方が肌身感のある表現です」といった趣旨のコメントを記しましたが、案の定おとといの完敗でBクラスに落ちました(笑)。

そして、昨日の零封で3試合連続零封負け、勝率.500となってしまいました。。。

火曜日時点では2位だったのに。。。

まあ、この辺までは現状の力をよく分かっている熱心なカープファンにとっては想定内でした。

が、昨日の練習中に下半身のアクシデントで大瀬良投手が戦線離脱することになったのは想定外。。。

開幕時に先発ローテーション入りを果たした6人のうち3人が早くも離脱とは。。。

前途多難ですねぇ。。。

今日緊急的に先発に回ることになった遠藤投手は二軍でも今ひとつなのでかなり不安(特に立ち上がり!)ですが、なんとか頑張って欲しいですね。

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「火曜日」「2」といえば。

今日は火曜日にお送りした、最高にファンキーでダンディなシャツ2枚をご紹介します✌️

いずれもLiberty Collectionの新作でお作りしたシャツです。

そして、いずれもご来店なしでご注文、具体的にはLOUD GARDENのFacebook Pageに投稿した新作素材紹介をご覧いただき「これとこれで!」とご注文いただいたシャツです。

(僕の能力からしたら)丁寧に写真を撮って、様々な情報を集めた上でコメントを考えて、早起きして投稿した記事の反響があるのは本当に嬉しいことです😌

今回もその喜びを込めてお作りして、ご送付しました!

では、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

まずは↓こちら↓。

 

 

力強い色調と表情豊かなペイントで描かれた重なり合う花と葉が印象的な熱帯の風景を作り出している “Jungle Trip” でお作りしたシャツです。

リゾート感あふれる華やかな素材をドレッシーなデザインで「料理」した、クール&スタイリッシュな1枚です😉

う〜〜〜〜ん、めちゃくちゃ素敵ですよね!

ブルーの無地素材で切り替えたカラーとカフス、そのカラーとカフスに呼応させたサックスブルーのボタンも見逃せません!!

いやはや本当にきれいなシャツです!!!

 

 

 

もう1枚は↓こちら↓。

 

 

1970年にプリントされたリバティのスカーフに描かれていた非常に繊細で複雑なペイズリーからデザインを取った “Tropical Prince” でお作りしたシャツとマスクです。

ジャングルの地表に生えているシダを連想させる「密に描かれた王冠を彷彿とさせる美しくカールした葉」がまさにトロピカルプリンスな素材、サイコーです!!

インパクト溢れるカラーリングもナイスですよね😉

では、シャツとマスクをそれぞれ「個別画像」で見てみましょう!

 

 

 

シャツです。

 

 

Jungle Tripのシャツと同じくカラーとカフスをソリッド素材で切り替えたのですが、こちらはピンクにしました。

ご覧の通り大正解ですよね!

カラー&カフスもペイズリーで仕上げたらややサイケデリックなシャツになった思いますが、そして、それはそれでとってもかっこいいとは思いますが、今回はエレガントに仕上げたいというご意向があったのでこのコンビネーションがベストな選択だったと思います😎

さすがの審美眼です!!

もちろんボタンもピンクにしました☝️

 

 

 

マスクです。

 

 

ペイズリーのマスク!

かっこいいですよね!!

シャツとセットではもちろん、単品でもガンガン使いたくなりますね😉

以上です。

 

O様、いつも本当にありがとうございます!

“♡ Camo” silkのシャツはどうぞ今しばらくお時間を下さいませ。

ブラックスーツのご検討もぜひともお願い申し上げます😌

そして、どうぞ今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続きTHE WALLFLOWERS音源をいきましょう!

今日は、前作から2年というTHE WALLFLOWERS史上最も短いブランクでリリースされた4thアルバムRed Letter Days(2002年作品)です。

前作 (Breach) (2000年作品)にも見られた少しばかりモダンなアプローチを更に推し進めた、そして、今までになかったアプローチの楽曲が複数収録された、THE WALLFOWERSとしてはこれまでで最も野心的な作風のアルバムに仕上がっています。

この方向性は恐らく前作のツアー中に顕著になり始めたのでしょう、本作の制作に入る前に「方向性に違和感」を感じたMICHAEL WARDが脱退、Gは複数のゲストミュージシャンが弾くことになります。

ちなみに僕はこの方向性にネガティヴな感覚を覚えていません。

いや、それどころか、今まででもっともヴァリエーション豊富な楽曲が揃った本作はかなりお気に入りです。

もしかしたら、傑作2ndアルバムBringing Down The Horse(1996年作品)の次に好きかもしれません。

まずもって、1. When You’re On Topが放つクールな佇まいとシックなグルーヴにワクワク感が昂まります!

3rdシングルとしてシングルカットもされた続く2. How Good It Can Getも極めて良曲!

この冒頭2曲を聴いただけでも「優れたアルバムという確信」が持てますね。

もちろん以降の楽曲も素晴らしいです!

この人たちらしい美しくも儚いメロディを持つ3. Closer To Youと5. Three Waysは本作のハイライトかもしれませんし、今までにないタイプの楽曲4. Everybody Out Ot The Waterや6. Too Late To Quitや8. Health And Happinessも極めてよく出来ていてアルバムのいいフックになっていますし、7. If You Never Got Sickや9. See You When I Got Thereといったキャッチーなポップソングも極上の仕上がりですし、(過去のセットリストをざっと調べたところ)本作収録曲の中では最もライヴで披露される機会が多い11. Everything I Needも力強くてエモーショナルで上質なロックソングです!

13. Empire In My Mindもヒドゥントラックとしておくにはもったいないような良曲ですね。

ちなみに、日本盤にはボーナストラックとして、(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understandingのカヴァーが収録されているんですよね。

が、僕はそれを知らなかったんですかね、リリース当時/購入当時の記憶はないのですが、何故か輸入盤しか持っていません。。。

もしも再度購入するなら絶対に日本盤ですね!!

 

 

 

 

では、人気TVドラマCSIでも使われたEverybody Out Ot The Waterをスタジオライヴ動画でどうぞ。

 

 

良曲ですよね!

 

 

 

 

16th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Very cool and light “Linen Shirting” Jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

昨日は1日雨降り☔️

ご来店には恵まれなかったしカープは負けたしでかなりブルーでした。。。

今日は定休日なのでゆっくり休んで切り替えたいと思います😌

森下投手で負けたのであれば仕方がないですからね!

しかしね、田中広選手の失策ね、早くも今季3つ目のね、Tの先取点につながったね、イレギュラーしたとはいえね、「打率.185・得点圏打率.000(規定打席到達選手では田中広選手のみ)打点1・得点1・盗塁0・牽制死2(かな?)・盗塁死2・失策2 *いずれも昨日の試合前時点」と「走攻守」ともに精彩を欠くヴェテラン選手を起用し続けてあれはね、ちょっと悲しいものがありますね。。。

休養させた方がいいのにね!

 

 

 

 

ところで。

「ブルー」といえば。

今日は、イタリアが誇る名門シャツ地メーカーMonti/モンティ社の上質な100% Linen素材でお作りした、我々が「シャツジャケット」と呼ぶ「シャツ仕立てのジャケット」をご紹介します。

「発色豊かな美しいブルー」「薄くソフトで通気性に優れた100% Linen」「芯地や肩パット等の副資材/内蔵物を極限まで省いた超軽量仕立て」が三位一体となった、軽さと涼しさと爽やかさが魅力の1着です。

ご注文下さったA様もその驚異的な軽さにびっくりなさっていました!

という訳で、早速ご紹介しましょう!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

きれいなブルーのリネンがスーパー爽やか、そして、ワイドラペルが至極エレガント&ダンディな1着に仕上がりました。

それに加えて、100% Linenの高い通気性とシャツジャケットならではの優れた軽量性/快適性です、これから訪れる高温多湿な季節に大活躍すること間違いなしの1着ですね😊

それにしてもこのブルー、本当にきれいですよね〜〜〜!

そして、画像では伝えられないのが、シャツ用の素材ですからとっても薄いです!!

繰り返しになりますけれど、高温多湿な季節でも大活躍間違いなしの逸品だと思います😎

同じリネンで作ったシャツを合わせてもすごくスタイリッシュですよね!

ちなみにですが、実は僕も「シャツジャケットは今夏用にどこかで作っておきたいな?」と目論んでいます。

ジャケット/スーツ用のリネン素材だとどうしても「敢えての重厚なテイラードスタイル」で作りたくなってしまう天邪鬼の僕ですが、出来ることが限られているシャツジャケットですからそれを逆手にとって「軽量快適路線」を徹底追求出来ますもんね。

お財布にも少しばかり優しいですし😉

よし、近いうちに仕込んでおこう!!

では、ディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!

 

 

 

ショルダーです。

 

 

シャツのような袖付け、いわゆる「シャツ袖」もシャツジャケットの特徴のひとつです!

*シャツジャケットは「シャツ袖」以外のショルダーはお選びいただけません。

 

 

 

スリーヴボタンです。

 

 

エッヂに焼き加工を施した練りボタンがすごくクールですよね!

このボタンはアップチャージ不要です。

が、シャツジャケットの場合、リアルボタンホール(本開き切羽)はアップチャージ(¥2,200)が必要になります😌

テイラードラインは無料なのですが。。。

まあ、いろいろありまして(汗)。。。

でも、¥2,200はそこそこ良心的ではないでしょうか!?

 

 

 

身返し(前身頃の裏側)です。

 

 

シャツジャケットは、上述した「芯地/肩パッド/タレ綿/胴裏の排除」に加えて、我々が「小身返し」と呼ぶこの「身返し部分に使う表素材を極限まで省略した仕立て」を採用することで驚くべき軽さと柔らかさを実現しております。

「究極の1枚仕立て」とはまさにこのことではないでしょうか!?

さりげなく内ポケットがついている心配りも嬉しい限りですね😉

以上です。

 

A様、この度は当店をご利用下さいまして本当にありがとうございました。

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

最後にシャツジャケットについて再度簡単にご説明を以下に記します。

 

—–

シャツジャケットは通常のテイラードラインのような「デザイン性/サイズ指定/体型補正の自由度」や「素材/ライニング/ボタンの選択肢の豊富さ」はありませんが、シャツ仕立てならではの軽さと比較的手軽なお値段という魅力を持っております。

素材はオーダーシャツ用のコレクションからお選びいただきます。

お値段はオーダーシャツの¥27,500アップになります。

*通常のテイラードラインより「自由度は低い」とはいえ、今日ご紹介したA様のシャツジャケットは「ラペル巾・フロントボタン位置・ボタン間・ラペルの返り位置」の指定をしてお作りしました(これらの寸法指定にもシャツジャケットはアップチャージが掛かってまいります)!

—–

 

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

Roots And Wings

THE WALLFLOWERS

 

今日は定休日、音楽はほどほどにしてゆっくり休む予定なので「一枚」でなく「一曲」、ここ数日過去音源を愉しんでいるTHE WALLFLOWERSの新曲Roots And Wingsを。

なかなかの良曲ですね!

約10年前は「活動再開するぞー!!!!!」という感じの気合が入った新曲&明るめの新譜でしたけれど、この曲を聴く限り今度の新譜はリラックスしたムードのアルバムに仕上がっているのかもしれませんね。

いずれにしてもとても楽しみです!!

どうやらPAUL WELLERも新譜をリリースするようですし、第4波が猛威をふるい始めているのにワクチン供給が追いつかない状況に先が思いやられる日々ですが、この春夏も良質な音楽が僕の心をなだめてくれそうです。

それにしても、JAKOB DYLANもいい感じに齢を重ねていますね。

確か僕の2歳上なのですが、めちゃくちゃかっこい52歳ではないですか!!

そして、相変わらず細い!!

音楽はほどほどにするけれど有酸素運動はしっかりやらなければ(汗)。

さあ、GGに行ってこよう!

皆さまもどうぞ佳き1日を。

 

 

 

 

15th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super pop and avant-garde printed jersey jacket!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

申し訳ございません、LOUD GARDEN official websiteはリニュアル中のため現在見ることが出来ません。

 

 

4月/5月/6月の水曜日は14:00-20:00で通常営業いたします(ご予約は不要です!)。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

個性的なDポケットが極めてクールなレザーのライダースジャケットを作りました!

 

 

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

 

 

New colours of our exclusive “♡ Camo” silk are coming soon!

 

 

<新作バンチブック詳細ご紹介記事>

  vol.1:ViralOff

  vol.2:Jersey & Super Stretch,

  vol.3:VBC

  vol.4:Sea Shell

  vol.5-1:Tallia Di Delfino’s jacketing

  vol.5-2:Collezioni Biellesi’s jacketing

  vol.6-1:Frontier 2-1

  vol.6-2:Frontier 2-2

  vol.7:Blasone Ⅱ

  vol.8:The Album vol.13

  Extra edition:Domestic fancy clothes!

 

 

 

 

昨日予定されていたTとの首位攻防戦@甲子園初戦は雨天中止となりました⚾️

試合がないこと自体は残念ですけれど、熱心なファンからすれば「首位攻防?なにそれ??Bクラス陥落の方が近いよ」というようなチーム状態にあるカープにとって「恵みの雨」であることは間違いないので、その見地からすればナイス中止でした。

というのも、中村祐投手に続いて野村投手も二軍降格となったため、現状の先発ローテーションは表裏ともに3枚目がかなり薄い/いない状態なんですよねぇ。

中村祐投手の代わりに昇格した高橋昴投手も二軍で相当に仕上がっていて「さあ、満を持して!」という訳ではありませんし、野村投手の代わりにいたってはコルニエル投手?遠藤投手?玉村投手?といった感じで誰に白羽の矢が立つか分からない状況です。

しかしながら、昨日の雨天中止のおかげで、今日から4日間は「水:森下投手・木:床田投手・金:大瀬良投手・土:九里投手」というセ・リーグ屈指の4投手を先発起用出来ます!

つまり、木曜日に予定していた高橋昴投手の先発を回避出来る訳です。

木曜日はTの先発予定が「なぜかカープだけがまったく打てない」秋山投手でしたからね、不利な闘いになることが予想されていました。

秋山投手はスライドせずに予定通り明日先発する可能性もありますけれど、高橋昴投手より床田投手の方が現状の状態は良いので、打線が奮起すれば勝機も生まれるでしょう!

という感じの皮算用になるので、ナイス中止なのであります。

日曜日はどうでしょう、高橋昴投手を先発起用しつつコルニエル投手を早い段階から準備させておく「二枚作戦」がいいのかもしれませんね。

それを肯定すれば、先発は表ローテーションが「右腕 → 右腕 → 左腕」、裏ローテーションが「右腕 → 左腕 → 未定」となり、バランスも良くなります。

もちろん、来週は森下投手と床田投手が「中5日」での登板になる可能性が高いことや「来週の木曜日は誰が投げるのか?」という問題も当然出てきますが、それはそれです。

来週の木曜日の方が次の日曜日より長く準備が出来る訳ですから、遠藤投手か玉村投手の状態が上がる可能性は少しだけでも高くなりますし、いわゆる「谷間先発」を極力回避しながらネヴァラウスカス投手とバード投手の合流およびスコット投手の再合流を待つというのも大事な戦術だと思います。

でもね、今日明日で連敗するようなことがあるとせっかくの「恵み」がおじゃんになります!

今日は森下投手と西投手ですからピリピリ/ヒリヒリした投手戦になることが予想されますが、なんとか野手陣とコーチ陣に西投手を攻略をしてもらい森下投手に先取点をプレゼントして欲しいものです!!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「日曜日」といえば。

今日は日曜日にお渡ししたばかりの最高にポップでアヴァンギャルドでダンディなジャケットをご紹介します!

2021 Spring/Summerシーズンのイチオシ素材、「色とりどりのペンキをぶちまけたようなポップなランダムプリント」と「クラシカルなグレンチェックプリント」が絶妙なハーモニーを奏でているmade in Italyのジャージー素材でお作りしたジャケットです☝️

「ペンキ風プリント + グレンチェックプリント + ジャージー」というなかなか常人では考えつきそうにはない発想、素晴らしいと思います。

この素材が収録されているバンチブックが届いて開いてこの素材を見つけた瞬間に「おおおっ!こりゃいいわ!作りたい!!」と思わず感嘆の声をあげたのを今でもはっきりと記憶をしています😎

では、早速ご紹介しましょう!!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

アヴァンギャルドにして縦横斜めによく伸びる特性を持つカジュアルウェア想定のジャージー素材を、敢えてフォーマル感あふれる「ピークトラペル」「フロント1ボタン」「くるみボタン」といったデザイン/ディテールで「料理」した極めてクリエイティヴな1着、素晴らしくかっこいいですよね😉

道行く人の視線を大いに集めること間違いなしの華やかさだと思います!

う〜〜〜ん、やっぱり僕も作りたい!!

そして、この佇まいながら実は「ジャージー素材なので超快適!」というのもとってもいいですよね。

なだけでなく。。。

“♡ Camo” silkのライニング、ターンナップカフスといったオーダーメイドならではのディテイルも見逃せない1着です。

という訳で、そのディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!!

 

 

 

カラークロス(上衿裏のフェルト生地)は表素材の裏面で代用しました。

 

 

はい、このジャージー素材、元々はこのミディアムグレイの無地で、その上にプリントを施しております!!

そして、このカラークロス、素材を作る工程で生まれたユニークな「Wフェイス構造」を活かしたギミックであります!!

ご覧の通り、すごくナイスなコントラストになりました!!

 

 

 

ポケットです。

 

 

アウトサイドチケットポケット(チェンジポケット)付きのスランテッド(ハッキング)ポケット!

とってもシャープでスタイリッシュですよね!!

 

 

 

ライニングは “♡ Camo” silkのマルチカラーをセレクト!

 

 

このカラーは2020年にリリースした2色のうちの1色で、てっきり完売したと思っていたらひょんなところにストックされていた正真正銘の「ラス1」でした☺️

これにて、2020年リリースの2色は完全に完売となりました!

誠にありがとうございました。

そして、リリースしたばかりの2021年の新色2色もどうぞよろしくお願い申し上げます😌

それにしても、表素材との絶妙なマッチング!

このライニング以外の選択肢は考えられないほどに抜群ですよね!!

奇跡的にラス1が「発見」出来て本当に良かったです。

 

 

 

袖先です。

 

 

– ターンナップカフス
– くるみボタン
– リアルボタンホール(本開き袖先)

 

はい、もちろんアップチャージ不要のディテイルです。

 

以上です。

 

Y様、いつも本当にありがとうございます。

次はネクタイが仕上がりましたらまたご連絡申し上げます!

きっと超ナイスに仕上がると思います😊

 

 

 

最後に色違いのグレイもご紹介しておきますね!

 

 

僕はこっちで作ろうかなぁ。。。

明日時間を作って構想を練ろう!!

 

 

 

柄違いもあります!

 

 

下の2マーク、ビッグハウンズトゥースも間違いなくスーパークールなジャケットが仕上がりますよね!

こっちでも作りたいです!!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

引き続き約10年振りとなる新譜が間もなくリリースされるTHE WALLFLOWERS音源を。

今日は、THE WALLFLOWERS史上ではもちんのことアメリアンロック史上においても間違いなく大傑作なBringing Down The Horse(1996年作品)の次作にあたる3rdアルバム (Breach) (2000年作品)です。

前作の充実した仕上がりとコマーシャルな成功が結束を強めたのか、本作は彼らの作品中唯一「前作と同じメンバーで製作されたアルバム」になります。

その成果に違いありません、一体感と説得力を増したバンドのタイトな演奏は本作最大の聴きどころになっています。

特に1stアルバムから本作までJAKOB DYLANと行動をともにしてきた唯一のメンバーであるRAMI JAFFEE(彼は最新作には参加していないようですが最新作以外の全作品に参加しています)のキーボードが極めて効果的に機能しているように思います。

JAKOB DYLANのヴォーカルも前作以上に表現力が高まりより良くなっていると思います。

ジャケットのアートワークともども、前作より少しモダンな感触に仕上がっているのは好みが分かれるところかもしれませんが、基本的には前作の延長線上にある作品ですね。

もちろん前作に収録されていた何曲かのような「その年を代表するキラーチューン」に欠けるのは事実ですが、「つくづくいいバンドだよね〜〜!」としみじみ思える優れたアメリカンロックアルバムですね。

良曲ばかりですけれど、敢えて選ぶなら4. I’ve Been Deliveredが僕のフェイヴァリットチューンかな???

冒頭の3曲からこの曲への流れも秀逸です。

 

 

 

 

では、本作の1stシングル&3曲目収録のSleepwalkerのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

前作からシングルカットされた4曲には劣りますが良曲ですよね!

そして、JAKOB DYLANの男前っぷりよ!!

羨ましい限りです!!!

 

 

 

 

14th. Apr. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.