Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Hiroshima Carp ] category.

MUUSEOに “LOUD GARDEN Museum” を開館しました!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

1月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!

 

 

New camouflage “tailored masks” in store now!

 

 

「オーダーシャツ2枚 = ¥16,000~」キャンペーンのスワッチコレクション全マークご紹介!

 

 

 

 

カープ期待の新助っ人クロン選手は今月3日に既に来日済みなんですね⚾️

現在は2週間の自宅待機中だそうです。

「新規入国を一時休止」するという政府の表明を受けて予定を前倒して来日を決めたとか。

素晴らしい心意気、エルドレッド選手の後継者としてぜひとも長く活躍して欲しいものです。

ちなみに、ネヴェラウスカス投手とバード投手の来日は未定、キャンプインには間に合わなそうですね。。。

まあ、クロン選手の対応が異例にして現状が異常事態ですからね、彼らはまあしかたがないでしょう。

加えて、フランスア投手とメヒア選手は再来日前のPCR検査で陽性だったようでこれまたキャンプインには間に合わないですね。

メヒア選手はそれでなくても開幕一軍は厳しい存在だけに、そして、無症状ということなので、ドニミカの自宅でしっかりワークアウトに取り組んで準備万端で来日して欲しいものです!

それにしても。。。

クロン選手への期待は高まるばかりですが、来季も助っ人の運用には苦労しそうですね。。。

菅野投手が残留、梶谷選手と井納投手をFA補強、そして、なかなか良さそうな助っ人野手を2人も獲得したGには、新助っ人が最低でも2人は「当たり」で1人は「まあまあ」くらいでじゃないと太刀打ち出来ないと思うのでなんとか頑張って欲しいのですが?

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「準備万端」といえば。

アカウントを作って約10ヶ月、いろいろと教えてもらって約9ヶ月、準備万端だったはずが諸々あって遅れに遅れていた「みんなのコレクションミュージアム:MUUSEO」上への “LOUD GARDEN Museum” の開館が遂に昨日出来ました!!

「諸々」とは要するに僕の処理能力不足なんですけれどね(笑)。

でも、いずれにしても、なんとかかんとか、まだ新年のうちにMuseumをオープン出来てとっても良かったです😊

3連休の2日目と3日目こそご来店(とご来店なしでのご注文)に恵まれましたけれど、昨日はまたしてもご来店が限りなく「0(ゼロ)」に近い1組2名様(Sさん、Iさん、ご丁寧なレクチャーに感謝申し上げます!)でご注文もe-mailでの1件(K様、本当にありがとうございました!)のみという状態でした😭、店頭だけの商いはしばらく(あるいは今後ずっと)厳しい状態が続く可能性が高いです、様々な「潜在的なお客様とのコンタクトの場」を持たないとサヴァイヴ出来そうにありませんからね。。。

超短期的にも、政府とマスコミが「日中の不要不急の外出も控えて欲しい」という念押しの呼び掛けを行なっているので今週末も厳しそうですからね。。。

なだけでなく、現状リニュアルを準備している関係で環境によってはOffical websiteを見ることが出来ないので、その代わりではないですけれど、それに近い機能も期待出来そうですからね!!

改めましてとっても良かったです!!

という訳で、ひとまず昨日は自信作中の自信作のコート1点を2F Floorにご挨拶を兼ねた文章をBlog的ページのLibraryに投稿してみました☺️

機会がありましたらぜひともご覧下さい!!

Museumというだけあって極めて見やすいプラットフォームになっていますから、LOUD GARDEN/RYOJI OKADAのExcitingな作品集をじっくり見るにはとっても便利だと思います😎

「僕の魂の叫び」や「最新の店舗情報」や「濃厚な作品説明」については引き続きこちらのDiaryを覧いただき、我々の渾身の作品集をチェックするにはLOUD GARDEN Museamをご覧いただければ嬉しい限りです!!

FacebookページはDiaryの簡潔版(熱い感じや濃厚な語り口が苦手な方、冒頭の僕の雑感が不要な方もたくさんいらっしゃると思いますので😁)として、Instagramはよりフォトジェニックな作品集として機能させるべくより進化/深化させたいと考えています。

そして、Official websiteはwebでのご注文が現状より少しでもしやすいようなリニュアルを考えております!!

という感じで、店舗以外の「コンタクトの場」をより充実させていきたい、そういう2021年であります!!

最後に。

LOUD GARDEN Museamは今日から最低でも1日平均1アイテムの投稿をしていく予定です!!

乞うご期待下さいませ。

そして、もしもMUUSEOを利用している方がいらっしゃいましたらぜひともフォロー、いいね!をして下さいませ😌

LOUD GARDEN Museumのトップページはこちらです。

 

 

 

 

Libraryの画像は↓こちら↓、2021年の営業初日のスタイリングを使いました。

 

 

一般的なテイラーさんとは違う雰囲気も出ているし「挨拶代わり」の画像にはいいかな?と思いました😉

 

 

 

ちなみにこの日の全体像はこちらです。

 

 

店内ではかぶっていませんでしたが、「全身ブラック」がテーマだったので撮影の際にはソルト&ペパーヘアを隠すためにブラックハットをかぶりました!

それはともかく、全身ブラックもいいものですよね😉

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日予告した通りに今日はRide On Josephineのカヴァーが収録されているVAN MORRISONの作品Roll With The Punches(2017年作品)を。

15曲収録中の半分以上をカヴァー曲で固めたとてもブルージーな作風のソウルアルバムですね。

僕はシンガーとしてももちろん超大好きなのですが、それ以上にソングライターとしてのVAN MORRISONを愛しているのでカヴァー曲中心の作品は聴く頻度が落ちるのですが、本作はハイライトチューンで8曲目収録のSAM COOKEのカヴァーBring It On Home To Meの出来が極上で印象深いのもありリリース年の2017年以降もしばしば愉しんでいます。

あと、個人的には5曲しか収録されていない自作曲の1曲、2曲目収録のTransformationが最高に好きなんですよね!

この曲を聴くためだけにCDを引っ張り出すこともたまにあります。

カヴァー曲は全体的に「ベタ」な選曲が多めなのですがそれもまたよし、常連で盟友のGEORGIE FAMEに加えてJEFF BECKやCHRIS FARLOWE、MANFRED MANのPAUL JONESといったゲストが多数参加しているのも嬉しい限りといったところでしょうか。

自作曲中心ならしっかりとしたバンドで表現して欲しいけれど、こういったカヴァー曲中心の作品なら多彩なゲストを迎えるスタイルもいいですもんね。

といったメンバーがゲスト参加しているバンドの演奏もとってもナイス、リラックスした感じで淡々と歌う御大もかなり好調です、サウンドプロダクションも良好な好アルバムです。

今日の主題であるRide On Josephineも素晴らしい仕上がりです!

 

 

 

 

では、Ride On Josephineのいい動画がなかったので、僕が大好きなTransformationのミュージックヴィデオをどうぞ。

 

 

名曲!

San FranciscoにVAN THE MANの生ライヴを観に行ったのは本作リリースの2017年だったな〜〜〜。

最高の思い出です!!

また海外にライヴを観に行ける日が早くくればいいですね。

 

 

 

 

13rd. Jan. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



季節を「超先取り」した “Made in ItalyのLinen stole” を追加投入しました!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

Debut! Detachable collars for made-to-measure shirts!

 

 

オーダーシャツ用新ディテイル:本前立始動!

 

 

オーダーシャツの「後ろ身頃のニット素材切り替え」オプションスタート!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!

 

 

New camouflage “tailored masks” in store now!

 

 

年末年始の営業/休業のお知らせ

 

 

 

 

菊池涼選手が最多得票で8年連続8回目のGG賞を獲得しました⚾️

まあ、昨季はシーズン二塁手としては史上初のシーズン無失策という大記録を打ち立てましたからね、当然といえば当然でしょう!

なだけでなく、おとといは森下投手が新人王に輝きましたし、ベストナインにも菊池涼選手と鈴木誠選手が選出されました。

おめでたいですね🎉

今季浮き彫りになった課題克服を最優先した大成功ドラフト、念願の大砲を筆頭にした適材適所な助っ人獲得、来季のキーマンとなりうる田中広選手の残留等々、ペナントレースこそ5位という残念な結果に終わったものの今オフはバッドニュース皆無、来季の巻き返しに向けて着々とチーム力が上がっているように感じる今日この頃です😊

それから、来季から野手キャプテン1人、投手キャプテン1人の2人キャプテン制を復活させるそうです。

キャプテン制自体も2009年シーズン以来、2人キャプテン制は2007年シーズン以来の復活で、前者には鈴木誠選手が、後者には大瀬良投手が就任、留任する選手会長田中広選手を合わせた3人が一丸となってチームを引っ張ることを期待してとのことだそうです。

野球をやったことがないし、どちらかといえば常に一匹狼的な立ち位置で生きてきた僕なので、選手会長(部活で言えば部長?)とキャプテンが共存することのメリットはやや掴みにくいのですが、佐々岡監督が掲げる「一体感」がまったく感じられなかった今季でしたから悪くない、いや、ひょっとすると、意外やすごい効果を生み出すかもしれませんね。

鈴木誠選手もね、素晴らしいアスリートであるだけでなく超ストイックな求道者ながら、昨季は凡退後にベンチで荒れる姿が再び見られるようになってきました。

緒方監督から厳しく諭されたように、やっぱりあれ(というよりもああいう行動をもたらしてしまう幼さ)はあまりよろしくないので、プレイ以外で責任ある立場を任されるのは得難い経験になるかもしれませんね。

僕も前にいた会社の再建チームの(商品面での)トップを任された時は大いに成長したと記憶しています😌

鈴木誠選手はMLBでも中軸を打つくらいの、松井秀喜さんを超える活躍をするくらいの大打者になって欲しいというのがカープファンの総意ですからね、ぜひとも野手キャプテンとして秘められていたリーダーシップを発揮してチームを日本一に導き、その勲章を手にMLB挑戦に臨んで欲しいものです!!

いやはや、球春が待ち遠しい!!

Go! SEIYA!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「春」といえば

1週間前に、以下のストールを仕入れました。

このDiaryでもご紹介したのでご記憶がある方もいらっしゃると思います!

 

—–

 

< Made in Italy100% Linen Stoleを特別価格で大放出!>

 

まだ少し季節は早いのですが、春先のスタイリングアクセントに抜群の力を発揮すること間違いなしの「イタリア製100%リネンストール」スペシャル価格で放出いたします!

高品質のリネン、イタリア製ならではの美しくも楽しい色柄が魅力の逸品を仕入先の諸事情により格安価格で仕入れることが出来ました。

超お買い得」です!

春に向けてぜひともお求め下さい!

 

100% Linen Stole(一部「リネン混紡」もございます) : ¥4,000+tax

 

*限定本数展開/全色1点限りのため完売の際はご容赦下さいませ。

 

—–

 

仕入れについてはいつもとっても小心者な僕ですから、たったの7本しか仕入れませんでした。

「いいブツで超お値打ちだけれど、季節外れなのでそんなには売れないかな〜〜?」と思ったせいもあります。

が、でも、しかし、僕の予測は大外れで、7本中6本が水曜日までに売れました!

いやはや本当にありがたいことです!!

嬉しい限りです。

けれど、このDiary以外でもちょっとした告知をしたものですから、「7本しか仕入れなかったので1週間で完売した」ではカッコがつかないと思い、急遽木曜日に再度調達に出かけてきました!!!

仕入先の在庫もだいぶ少なくなっていたのですが、前回以上にしっかりじっくりチェックしてみたところ、またしても素晴らしいストールを7本掘り出すことに成功しました😉

今回もなかなかナイスですよ〜〜〜!!

そして、今回ももちろんすべてmade in Italyです!!

品質は100% LinenではなくLinen混紡が中心です!!

もちろんお値段は据え置きの¥4,000+taxです!!

という訳で、早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

まずは↓こちら↓、カラフルなビッグストライプです!

 

 

とても大きな柄(ストライプ)のリピートとすごくきれいなカラーリングが極めて華やかな1本です。

73cm巾×205cm長という大判サイズもナイス、色々な巻き方が愉しめそうですし、使い勝手が至極良さそうです。

品質は66% Linen + 34% Cottonです。

これはですね。。。

それはないと思うのですが、仮に、もし万一、売れ残ったとすれば僕が買おうと目論んでいる1本です😎

お気に入りです😎😎

 

 

 

ちなみに柄自体は↓このような感じ↓になっています。

 

 

なんとも「理にかなった」美しいグラデーションですよね!

中央部分に、さりげなく細いストライプが描かれているのもナイスです😊

ひとつ上の「巻いた画像」のようにレッドとグリーンとオレンジ/イエローをうまく見せたり、レッドを主役にしたり、グリーンを主役にしたり、オレンジとイエローのグラデーションだけが見えるようにしたり、エトセトラ。

巻き方によっていろいろな「顔」を作れそうな1本ですよね!!

 

 

 

続いて↓こちら↓、シック&ダンディなブラウンストライプです。ありがとうございます、こちらは完売しました!

 

 

ありがとうございます、こちらは完売しました!

完璧なまでのブラウングラデーションが最高に洗練されていますよね!

春先や夏場はもちろん、(流石に今の季節は無理でも)秋口や冬の入り口まで使えそうな1本です。

初夏のリゾートでホワイトのリネンスーツに合わせたら超クールでしょうね😉

その場合の足元はブラウンヌバックのスリッポンがベストかな?

もちろん、ネイヴィブルーやチャコールグレイのスーツやブラウンのジャケットにも合いますし、スウェードのブルゾンやデニムジャケットといったカジュアルアイテムにもバッチリです!!

Tシャツに合わせてもいいですよね。

品質は75% Linen + 25% Cottonです。

サイズは40cm巾×200cm長と一般的なマフラー(30cm巾×170cm長)に近いのであまりヴォリュームはつけずにさりげなく使いたいという方には最適だと思います。

 

 

 

「平置き」するとこういった感じです。ありがとうございます、こちらは完売しました!

 

 

うん、とってもきれいなブラウンだ!!

 

 

 

次は↓こちら↓、先ほどと同じくブラウンのストライプです。

 

 

これまた洗練されているのですが、こちらは「差し色」のオレンジとグレイが効いていてより優しさと柔らかみに恵まれていると思います😊

細めのストライプもこのカラーリングと相性抜群ですよね!

また、こちらは寸法が56cm巾×200cm長と巾が広めなので、ヴォリューム感たっぷりの巻き方が楽しめるのも嬉しい限りです。

ダンディな紳士にはもちろん、可憐な淑女にもおすすめの1本です!

品質は75% Linen + 25% Cottonです。

 

 

 

「平置き」するとこういった感じです。

 

 

きれいですよね!

あ、それから、この写真は半分に折って畳んでいるため巾が狭く/細く見えますが、実際にはこの倍の巾があります😊

具体的には、上述の通り一般的なマフラーは30cm巾なのでその倍近くある計算になります!

 

 

 

最後に↓こちら↓、とてもクールなビッグストライプです!

 

 

 

これはですね、なかなか写真では伝えにくいのですが、とにかくたくさんの魅力がある1本です!

まずはとってもビッグなストライプ!!

そして、ユニーク&大胆&上品なカラーリング!!

ベースカラーがホワイトなのもとってもいい感じですよね。

そしてそして、正方形(140cm四方)という珍しい大きささも面白いです。

その正方形の特性を利用すれば、上の画像のようにストライプを縦に見せたり、横に見せたりといった工夫も可能です😊

洒落者たちの腕の見せ所ってヤツですよね😎

品質は56% Cotton + 44% Modal(日本でいうレーヨン)です。

Modalならではのシルキーな肌触りもとてもいい感じです。

 

 

 

正方形ですからこういう巻き方も可能ですよね!

 

 

少々ボヘミアンな巻き方ですが、この色柄だとなんともお上品!かっこいいです!!

薄い素材ですので「畳んだ時に下にくるストライプが透けてチェックに見える」という偶然が生み出したナイスギミックも見逃せませんね😉

 

以上です。

え??

7本のはずが4本しか紹介されてないって???

はい、そうなんです。。。

実は、3本は。。。

昨日早くも売れてしまったのです。。。

本当にありがとうございます!

そして、もし気になるストールがありましたら、ぜひともお早めにご来店あるいはお取り置きのご連絡をお願い申し上げます。

 

 

 

先週仕入れた分の「ラス1」、↓こちら↓もまだ残っています!!

 

 

 

クラシカルなブラウングラデーションのチェックです!

この1本と合わせて、現在店頭在庫は合計5本です!!

いずれ仕入先が持っていた(前回は)200本を超える/(今回は)100本を超える在庫の中から僕がシビアな目でセレクトした選りすぐり、そして、いずれも超お買い得(仕入先によれば¥15,000~¥20,000+taxくらいで販売するものとのことです)です!!!

ぜひともこの機会をご利用下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

1988年といえば、HOTHOUSE FLOWERSのPeople、THE WATERBOYSのFisherman’s Blues、THE POGUESのIf I Should Fall From Grace With God以外にもアイリッシュミュージックの超重要音源がリリースされています。

はい、その通り、VAN MORRISONがTHE CHIEFTAINSと作ったIrish Heartbeatです。

まだ17歳と若かった当時の僕には先に書いた3作品の方が強く響いたのですが、本作もとても気に入ってよく聴いた記憶があります。

でも、実際に本作の重要性を理解したのは、VAN MORRISONの主要作をすべて買い揃えて、THE CHIEFTAINSやTHE DUBLINERSをある程度聴いてみた後だったかな?

以来、ずっと愛聴しています。

そして、ふと無性に聴きたくなる作品です。

1988年、非常に重要な年でしたね!!

 

 

 

 

では、タイトルトラックをどうぞ。

 

 

名曲ですよね!

 

 

19th. Dec. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



New camouflage “tailored masks” in store now!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

Debut! Detachable collars for made-to-measure shirts!

 

 

オーダーシャツ用新ディテイル:本前立始動!

 

 

オーダーシャツの「後ろ身頃のニット素材切り替え」オプションスタート!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!

 

 

 

 

昨日のMNF: BAL@CLEはフットボールのゲームとしてもエンターテインメントとしてもかなり熱かったです🏈

最終的にはBALが劇的な勝利を成し遂げて、PO進出へ希望を残しました。

というか、残り3ゲームは”Win or go home”状態が続くものの、3連勝濃厚な組み合わせなのでむしろCLEが苦しくなったのかな??

とはいえ、そのCLEも未だDiv王者になる可能性を残しているんですよね。

AFC Northの三つ巴の闘いからはまだまだ目が離せませんね!!

あのような素晴らしいゲームでしたが、実は1Qは見ることが出来ませんでした。

というのも、昨日は10:00から広島東洋カープの新入団選手が広島に集結して入団会見(を行なったのです。

集結といっても新型コロナウィルス感染防止対策のため、ひとりずつ登壇しての会見でしたが。。。

それはともかく、ドラフト1位の栗林投手を筆頭に皆さん、清々しくもしっかりした会見をしていましたね!!

栗林投手、森浦投手、大道投手は開幕一軍も狙える実力者なので、1年目からの躍動に期待したいものです。

若鯉の皆さん、頑張って下さいね⚾️

 

 

 

 

ところで。

「新入団」といえば。

今日は昨日仕上がったばかりの新入団アイテムをご紹介します!

3週間ほど前だったかな?

このDiaryでも告知をしたLOUD GARDEN/RYOJI OKADAオリジナルカモフラージュプリントのテイラードマスクです!!

これがまた。。。

とってもカッコよく仕上がりました✌️

という訳で、早速ご紹介します!!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

 

ますます勢いを増している新型コロナウィルス、政治的な力関係の影響かある特定の業界へ考えられない優遇を続けようとしている政府(まったくもってアンフェアだよ!)、「病床が大変だ!Go Toを止めろ!止めろ!」の次は「旅行業者が大変!大変!」と不安を煽るメディア。。。

様々な見えない敵との市街戦を強いられている我々にはぴったりなマスクではないでしょうか!!

結構目立つので狙い撃ちされそうですが(笑)。

それはともかくとして、カジュアルスタイルにはもちろん、モノトーンでまとめたドレススタイルの「遊び」にもぴったりなナイスマスクだと思います😎

事前にご予約をいただいていた分と早速1枚購入した僕の分を引いた現時点の在庫はわずかに8枚(Women’s想定のMサイズ2枚とMen’s想定のLサイズ6枚)です。

そして、この迷彩素材自体がこの世に端切れしか存在しませんので、増産不可能です!!

という訳で、気になる方はぜひともお早めにご来店、あるいは、お取り置きのご連絡をお願い申し上げます。

現物は写真以上にクールです😉

ちなみに、縫製や仕様は従来のテイラードマスクと同じでもちろん信頼のmade in Japanです

価格も以前からの据え置きの¥1,800+taxです!!

素晴らしい!!

 

 

 

ゴムは着脱が可能です!

 

 

お洗濯時にゴムを外したり、例えばブラックのゴムに取り替える時のために、両脇は「本開きボタン」仕様になっています!

立体裁断とともに「これぞテイラードマスク!」なディテイルですね

 

 

 

裏面は清潔感あふれるコットンガーゼを使用しています。

 

 

やっぱりこの面はね、ホワイトの方がいいですよね

はい、この仕様も従来通りです。

 

以上です。

例年、12月の前半はご来店が少なくなるので不安に陥ることが多いのですが、今年はその頻度が例年以上になっています(汗)。

が、こんな時こそより元気に、よりポジティヴに頑張っていく決意です!!

という訳で、ぜひともこのテイラードマスクのご購入、どうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

昨日、僕の音楽面における運命を大きく変えた1988年リリースの3枚について触れました。

そして、その1枚であるHOTHOUSE FLOWERSのPeopleを聴きました。

やっぱり素晴らしかったです!

という訳で今日は、残り2枚の1枚、THE WATERBOYSのFisherman’s Bluesを聴きましょう!

問答無用の極上トラッドR&Rあるアルバムですよね。

代表曲中の代表曲にして超名曲The Whole Of The Moonが収録されている前作This Is The Sea(1985年作品)も最高ですが、僕はやっぱり初めてリアルタイムで聴いた本作により強い思い入れがあります。

エモーショナルで、楽しくて、切なくて、熱い情熱が溢れ出ていて、若々しいのに懐深くて、豊かでなR&R、最高のアルバムです!!

今年は予定されていたスペシャルなライヴが中止になってしまったんですよね。

来年こそは日本公演、実現して欲しいな。

 

 

 

 

では、1曲目に収録されているタイトルトラックFisherman’s Bluesをライヴ動画でどうぞ!

 

 

ライヴでも盛り上がるんですよね〜〜〜、この曲!!

最前列で踊りまくったWrest Parkでのライヴは本当に幸せでした。

 

 

 

 

16th. Dec. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool and charismatic shirt!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

Debut! Detachable collars for made-to-measure shirts!

 

 

オーダーシャツ用新ディテイル:本前立始動!

 

 

オーダーシャツの「後ろ身頃のニット素材切り替え」オプションスタート!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!

 

 

<ご予約受付中です!>カモフラージュ(迷彩)プリントコットンでテイラードマスクを作っています!

 

 

 

 

昨日で11月が終わりました。

憤りを感じたり、理不尽に苛立ったり、腰に違和感を覚えたりもしましたけれど、総じて良い月でした。

お得意様から涙が出るほどに嬉しい優しさ(T様、絶対に恩返しいたします!)もいただきました。

12月も良い月でありますように!!

ちなみに昨日は、未明に「田中広選手がFA宣言をせずに残留」というニュースが飛び込んでくるという「最高の立ち上がりの(11月の)最終日」となりました😊

田中広選手は、途中で断念したものの膝が悪い中で「ショートでのフルイニング出場」を続けた昨季は打率.100台&エラー多数とキャリアワーストシーズンを過ごし、膝を手術して臨んだ今季も夏までは昨季よりちょっといい程度の成績でした。

膝が癒えたのか、終盤の2ヶ月は「らしさ」を取り戻しましたが、なんとも不完全燃焼な2年間だったと思います。

今季は選手会長も務めていたのでかなり不甲斐ない思いがあったのではないでしょうか。

そんな田中広選手ですが、打率は低くとも出塁率が稼げるタイプですし、固め打ちや意外性のある一発もありますし、肩の強さには難があるものの捕球後の動作の速さ等は一級品ですからね、まだ小園選手が育っていない&守備だけを見たら田中広選手以上かもしれないものの打撃が「まったく」な三好選手と対対左腕に大きな課題がある曽根選手しか代わりがいない状況では「いてもらわないと困る」存在、残留はかなり大きな「補強」だと思います。

来季開幕までには膝も完全に癒えるでしょうし、菊池涼選手との絶妙のコンビネーションもありますし、田中広選手がいれば小園選手を三塁手としても起用出来ますからね、いいこと尽くめではないでしょうか。

いずれにしても、来季の田中広選手はきっとやってくれることでしょう!

これにてオフの動きはほぼ終了、他に動きがあるとすればトレードでしょうか。

あ、あと、ちょっとだけ噂になっているバティスタ選手復帰説もあるのか。。。

それはともかくとして、このオフはかなりの充実度でしたね!

1. ドレフトでの即戦力投手3人指名

2. 河田コーチ復帰/ヘッドコーチ就任

3. 長距離砲クロン選手獲得

4. (DJジョンソン投手とスコット投手よりは間違いなく機能しそうな)ネヴァラウスカス投手とバード投手獲得

5. 田中選手流出阻止

などなど。

そして、昨日の週刊ベースボールONLINEの「12球団監督採点簿」で佐々岡監督がセ・リーグ最低の50点(100点満点)だったこともあります!

あの記事には佐々岡監督も物申したい部分はあると思いますけれど、否定するには来季「結果」を見せるしかないでしょう!!

という訳で、采配にも期待が持てると思います!!!

来オフには鈴木誠選手がポスティングでMLBに移籍する可能性もありますからね、なんとしても来季はV奪回を目指して欲しいものです🔥

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「らしさ」といえば。

今日は、日曜日にお渡ししたばかり、LOUD GARDEN/RYOJI OKADAらしさ全開のシャツ(とマスク)をご紹介します!

遊び心あふれるギミックを満載にしたエキサイティングかつ個性的なシャツ(とマスク)です😎

手前味噌ながら、このシャツ(とマスク)をお召しの日にお会いになった人はもれなく、最低でも10人中9人は「そのシャツ素敵ですね〜〜!」と絶賛するに違いない!と確信しております😎😎

では早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

はい、Libertyの最新入荷素材Hackney Roadでお作りしたシャツとマスクです!

このHackney Road、ぱっと見だとハートにもカモフラージュにも見えそうなユーモラスな構図、ポップかつきれいなカラーリング、スタイリッシュなデザインの車たちが絶妙な調和を成している最高に素敵なな素材ですよね!!

そんな個性的な素材をこれまた個性的に「料理した」このシャツもやっぱり最高に素敵です!!!

という訳で、シャツ単体の画像を見てみましょう👀

 

 

 

カラーとカフスがサックスブルーというのがまず素晴らしいです!

 

 

ホワイトという選択肢も当然ありますが、ホワイトだとどうしても(悪いことでは決してありませんが)クラシック&ドレッシーになってしまいます。

しかしながら、サックスブルーだとかようになんとも上品かつアヴァンギャルドに仕上がります!

素晴らしいですよね〜〜!?

ほぼ同じ濃度/彩度のサックスブルーの車が描かれているのもポイント、オーダーメイドにおいて僕がとっても大事かつ素敵だと思っている「ストーリー」が生まれますもんね😉

そして、敢えてストーリーを作らずに選択をしたライトグレイボタンもナイスです!

素材の上に候補のボタンをいろいろと並べてみてセレクトいただいたのですが、相性抜群&ナイスアクセントになっていますよね。

 

 

 

カラーの「寄り画像」です。

 

 

Hというアルファベットを筆記体でお入れしました!

刺繍糸はグレイ、ここはボタンとストーリーをつけてみました😉

ボタン同様にナイスアクセントになっていますよね!!

 

 

 

マスクです。

 

 

これは、マスク単品でも間違いなく使用したくなりますね!!

僕も欲しいです(汗)。

 

以上です。

N様、そして、H様、いつも本当にありがとうございます。

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

予告通りに今日はHUEY LEWIS AND THE NEWSを!

初めてリアルタイムで聴いた彼らの音源はFore!(1986年作品)ですが、今日はその前作のSports(1983年作品)を。

Fore!も素晴らしい楽曲が揃った大ヒットアルバムですが、やっぱりSportsの方が完成度がより抜きん出ているかな?と思いまして😊

HUEY LEWISはHUEY LEWIS AND THE NEWS結成前に参加していたバンドClover時代にNICK LOWEにお世話になっているんですよね!

なので、おととい取り上げたThe Rose Of England(1985年作品)に客演しているんですよね。

この人はPHIL LYNOTTにもお世話になったようで、先輩に可愛がられる性格のようですね。

どちらかといえば僕もそのタイプだ(笑)。

それはともかくとして、まずもって1. The Heart Of Rock & Roll、2. Heart And Soul、3. Bad Is Bad、4. I Want A New Drugの流れの充実度が最高ですよね!

この4曲なら1ヶ月くらいリピートし続けられそうです!!

もちろん以降の楽曲も綺羅星の如き名曲/良曲が並んでいます。

どの曲も好きだけれど、後半の曲の中では特に7. If This Is Itが好きかな?

ドゥワップ調のコーラスがいかにもこの人たちらしい楽しくもキャッチーな良曲ですもんね!

エッヂが効いた爽快なR&R 8. You Crack Me Upもいいですね〜〜〜!!

続く9曲目の「締め」がHANK WILLIAMSのHonky Tonk Bluesというのもまた素晴らしい!!

「まだまだ聴きたい!」と思わずにいられない38分弱という長さも絶妙ですよね〜〜〜〜。

やっぱりいつ聴いても、どこで聴いても名盤だ!!

しかし、かような陽気で前向きで華やかなR&Rが世界制覇を果たした1980年代、本当にいい時代でしたね☺️

 

 

 

 

では、Power Of Loveとともに彼らの最高傑作The Heart Of Rock & Rollのミュージックヴィデオを!

 

 

いつ聴いても最高の曲!

いつ見ても最高の動画!!

世界一のバーバンドですよね😊

彼らの生ライヴを何度か観ることが出来たのはかなりの幸いでした。

 

 

 

 

1st. Dec. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



<ご予約受付中です!>カモフラージュプリントコットンでテイラードマスクを作っています!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!!

 

 

12月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

キッズシャツ・親子シャツのオーダーも可能です!

 

 

Debut! Detachable collars for made-to-measure shirts!

 

 

オーダーシャツ用新ディテイル:本前立始動!

 

 

オーダーシャツの「後ろ身頃のニット素材切り替え」オプションスタート!

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!

 

 

 

 

昨日は「カープファン感謝デー2020」が行われました。

僕も「人生で一度くらいは行ってみたいなぁ」と思っているこのイヴェントは通常ならばマツダスタジアムで行われるのですが、今年はコロナ禍の影響でTV放映/ライヴ配信での開催となりました。

田中選手の「残留宣言」もなかった(熟考中とのこと)ので、目玉となる話題は来季のキャッチフレーズでしたが。。。

以下、報道を抜粋します。

 

—–

 

◆ 悔しさをバネに戦っていく覚悟を

 

広島は28日、2021年のチームキャッチフレーズを発表。来季は『バリバリバリ』を掲げて戦っていくことを表明した。
*「バリ」とは、「もの凄い・とても」等の意味を持つ広島弁。

球団によると、「2年連続Bクラスという“バリ悔しい”現状を踏まえ、自分たちの殻を『バリバリバリ』と力強く突き破り、ファンの皆さんと共にシーズンを“ねバリ強く戦う”覚悟をキャッチフレーズにしました」とのこと。また、「バリ」を3回繰り返した『バリバリバリ』という6文字には、「バリあつく」「バリはげしく」「バリしつこく」戦う決意が込められているという。
最後に、「毎日を頑バリ続ける皆さんにバリ喜んでもらえるよう、一戦一戦ねバリ強く戦って参ります」と力強いメッセージも。悔しさをバネに、来季こそリーグ奪還をめざす。

 

◆ 広島・近年のキャッチフレーズ

 

2020年:「たった今 このAKAの子 舞たった」
2019年:「水金地火木ドッテンカープ」
2018年:「℃℃℃(ドドドォー!!!)」
2017年:「カ舞吼!-Kabuku-(かぶく)」
2016年:「真赤激!~Burn it up!~(まっかげき)」

 

—–

 

まあね、2018年のこの時期に「バリバリバリ」といわれたら、「ふざけんな!」と思ったかもしれませんが、「水金地火木ドッテンカープ」「たった今 このAKAの子 舞たった」に比べればね(笑)、広島弁ということもあるしね、悪くないかもしれません😁

が、でも、しかし、それにしても、この2年(特に2019年)の「迷走している以外の何者でもない」キャッチフレーズは好きじゃなかったな〜〜〜(笑)!

水金地火木ドッテンカープのキャップは持っていて(友人からいただきました!)、気に入っていますけれど😊

いずれにしても、来季はバリバリバリっと頑張って欲しいですね!!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「迷」といえば。

今日は、先日仕込んだばかり&来月中旬には仕上がってくる予定のテイラードマスクについてお知らせします!

 

 

 

 

具体的には↓こちら↓、以前シャツ用に作ったオリジナルプリント「カモフラージュ/迷彩素材」で作っております!

 

 

迷彩、しかも市街戦用のモノトーンというのがいいですよね!

この世知辛い世の中で見えない敵と闘っている我々にぴったりではないでしょうか😎

現在「10枚限定」で作成中です。

もう素材自体が存在しないので再生産も不可能です。

つきましては、気になる方はぜひともお早めにご予約のご連絡をお願いいたします😊

*元々はシャツ用の素材ですので画像で見るよりソフトです!

 

 

 

デザインはもちろん今年になってずっと作っている↓このスタイル↓です。

 

 

 

僕も何枚も買いましたがこのご時世です、マスクは何枚あってもいいですもんね!

それがクールな素材ならなおさら!!

という訳で、新作ももちろん購入予定です!!!

つまり、10枚作っていて僕が1枚購入するので既に在庫は9枚です!!!!

ぜひぜひお早めに😌

ご予約は、お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)でお願いいたします😌😌

*ちなみにこのパイソン柄は完売となりました、ありがとうございました🐍

 

テイラードマスク(made in Japan):¥1,800+tax

*もちろんお洗濯可能です!

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

DAVE EDMUNDSを聴いたからにはNICK LOWEも聴かずにはおれません!

という訳で今日は、NICK LOWE AND HIS COWBOY OUTFITSのThe Rose Of England(1985年作品)

しかし数年に一度は必ずこの流れになりますね〜〜〜(笑)。

というか、DR. FELLGOOD、IAN DURY、GRAHAM PARKERときたらね、DAVE EDMUNDS、NICK LOWE、ROCKPILEとなるんですよね!!

ということは。。。明日はROCKPILEかな?

それはともかく本作ですが、多くのファンが良作とは認めながらも最高傑作にはあげなそうな作品ですよね(笑)。

一般的には恐らくJesus Of Cool(1978年作品)かLabour Of Lust(1979年作品)が最高傑作とされているのではないでしょうか。

でも、僕は本作が一番好きです!!

本作の全体的な硬軟のバランス感が大好物だし、バンドの演奏もこの上なく心地よいんですよね。

特に!!

– JOHN HIATT作の2. She Don’t Love Nobody。

– ロカビリークラシックの3. 7 Night To Rock。

– 素晴らしい仕上がりのタイトルトラック5. Rose Of England。

– DAVE EDMUNDSに書き下ろした名曲のセルフカヴァーにして「恩返し」とばかりに大ブレイク中のHUEY LEWIS AND THE NEWSが客演している7. I Knew The Bride (When She Used To Rock ‘N’ Roll)。

– ELVIS COSTELLOの名バラードのカヴァー8. Indoor Fireworks。

この5曲が素晴らしいです!!

もちろん他の楽曲も秀逸なのですが、この5曲は本当にいいですね!!

特に僕のフェイヴァリットSSWであるJOHN HIATTが書いたShe Don’t Love Nobodyと僕はNICK LOWEが書いた最高の曲だと信じているI Knew The Bride (When She Used To Rock ‘N’ Roll) は珠玉です😊

あ、やっぱり最高の曲はCruel To Be Kindかもしれない。。。

 

 

 

 

では、そのI Knew The Bride (When She Used To Rock ‘N’ Roll) をHUEY LEWIS AND THE NEWSのライヴヴァージョンでどうぞ!

 

 

この人たちもライヴバンドですよね〜〜〜!

最高ですね!!

明日はROCKPILEじゃなくてこの人たちにしますか!?

 

 

 

 

29th. Nov. 2020

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.