Ryoji Okada Official Website

Diary

The list of the [ Hiroshima Carp ] category.

Super cool and charismatic shirt and mask!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月・10月・11月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

 

 

 

 

遂に開幕したNFL🏈

昨日行われた開幕戦のDAL@TBはミスも散見されましたがなかなかエキサイティングな接戦となりました。

僕が応援していたDALは惜しくも敗れましたが今シーズンはそこそこ期待が出来るかもしれませんね。

怪我から復帰したD.Prescottもまずまずでしたしね。

次は日本時間の9.13 Monに行われる14ゲームですね!

いやぁ、楽しみです!!

とNFL開幕に歓喜していたらNPBでも僕にとってとても嬉しい出来事がありました⚾️

昨季までカープに所属も自由契約、先月末にMと契約してNPB復帰を果たした小窪選手が一軍昇格したその日に本塁打を放ちました!!

カープ在籍時に最も打った年でも3本ですからね、残り試合こそ少ないですけれどチャンスをもらえればキャリアハイ達成もあるかも分かりませんね。

頑張って欲しいな〜〜〜!!

そして、鈴木選手が6試合連続弾を放ち、坂倉投手が首位打者に躍り出る等々。

昨日は負けましたけれど(笑)。

今日は高橋昴投手が先発です。

ぜひとも会心の投球を披露してチームを勝利に導いて欲しいですね!

Go! CARP!

 

 

 

 

ところで。

「会心」といえば。

今日は遠目からだと無地にも見える極めて細い巾のヘアラインストライプが特徴的な国産素材でお作りしたシャツとマスクをご紹介します。

かなり会心の仕上がり、自信作です!!

という訳で早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

とってもクールでカリスマティック、かっこいいですよね!

色々あるのですが、このシャツの「最大のポイント」はなんといってもカラーとカフスに使用したフラワーモチーフ素材です。

オーダーメイドならではの遊び心あふれるこのギミックのおかげでシックなヘアラインストライプが華やかに一変しております。

デザインは「カッタウェイカラー」「角落ちシングルボタンカフス」「フレンチフロント(裏前立)」とシンプル&シャープにまとめました。

ヘアラインストライプとフラワープリントのブルーグラデーションが生むインパクトをより引き立たせていると思います!

では、それぞれを単品で見てみましょう。

 

 

 

シャツです。

 

 

 

衿先にチャコールグレイ糸でお入れしたお名前のイニシャル:H刺繍、刺繍のカラーと呼応した黒蝶貝ボタンといったこだわりのギミックも見逃せません!

 

 

 

シャツと合わせてよし、単品で使ってよしな立体裁断のテーラードマスクもとても素敵ではないでしょうか。

 

 

テーラードマスクはシャツご注文時に¥1,650でおつけすることが可能です。

 

N様、いつも本当にありがとうございます。

ドイツでもぜひとも宣伝をよろしくお願い申し上げます🇩🇪

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日もLOS LOBOSの新譜Native Sonsを!

素晴らしい作品です!

 

 

 

 

では、本作に収録されている唯一の自作曲Native Sonsをライヴ動画でどうぞ。

 

 

 

とっても「らしい」良曲ですよね!

これを聴くと自作曲の新譜も聴きたくなりますね〜〜〜!!

 

 

 

 

11th. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Brand new bunch book collection for 2021-2022 Autumn/Winter : ⑨ Tallia Di Delfino / Loro Piana

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月・10月・11月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 

 

 

 

いよいよ日本時間の今日(9.10 Fri)9:20です!

はい、NFLの開幕戦DAL@TBがキックオフです🏀

いや〜〜、楽しい季節が到来しましたね😊

カープがもう少し強ければもっと楽しい季節だったのですが(笑)。

それはともかく開幕戦はDALを応援します。

昨シーズンは大怪我で無念のシーズンを送ったD.Prescottの躍動に期待したいです!

Go! DAK!

Go! COWBOYS!

 

 

 

 

ところで。

「楽しい」といえば。

今日は諸々大変だけれどやってみるととっても楽しい「新作バンチブックのご紹介」を3日ぶりに再開します!

9回目となります今日はTallia Di DelfinoとLoro Piana、トップイタリアンミル2社のバンチブックです🇮🇹

いずれも贅沢かつクリエイティヴなスーツ素材が百花繚乱している素晴らしい内容に仕上がっております。

完全な無地素材以外は全マークご紹介します!

ので、少し長くなりますが最後までお付き合い下されば、そしてあれこれイメージを膨らませていただれば幸いです。

では早速ご紹介を始めましょう!

 

 

 

 

今日ご紹介するのは↓こちら↓の2冊です。

 

 

左がTallia Di Delfinoで右がLoro Pianaです。

上述の通りにどちらもトップイタリアンミル、巷では2社ともが「世界3大ミル」に数えられたりもしています。

その比類なき品質の高さと独創的な色柄、そして決して現状に安住することなく常に進化・革新を続けている姿勢。

高い評価も納得です。

足掛約30年と長年に渡ってこの業界で高級素材を触り続けていることに加えてどちらの素材でもスーツを作ったことがあります僕もその素晴らしさを肌身で知っております。

本当に素晴らしいミルだと思います。

そしてどちらの素材も大好きです♡

特にTallia Di Delfinoはですね、GIEVES & HAWKES時代に何度かビエラにある本社を訪問しているのと若くてハンサムな当時の社長さん(名前は失念してしまいました汗)と日本で会食(とカラオケ)を楽しんだことがあるのとでひときわ愛着があります。

という訳で左のTallia Di Delfinoからご紹介をしますね😊

 

 

 

 

まずは冒頭に収録されている3マークHoney Way “Club House”です。

 

 

Honey Wayは仕上げ工程に天然の蜜蝋を使用することで「ケミカルの不使用」や「水の使用量削減」を実現、環境への配慮を重視した最新コレクションです。

シンプルかつ上品なルックスと英国的な感性を魅力に持つこちらのClub Houseは、Honey Wayコレクションの1シリーズになります。

絶妙な濃度のカラーとさりげなく見えるダイアゴナル柄がなんとも素敵ですよね😊

415g/mというウェイトがありますのでスーツにはもちろんコートにも十分使える素材です。

スーツとコートをセットで作ってもすご〜〜〜く粋だと思います!

 

 

 

このClub Houseの3マークの中で僕が最も好きなのは↓こちら↓です。

 

 

英国的なデザインのスリーピーススーツが作りたいですね!

同素材でネクタイも作って4ピースにしてもいいかもしれませんね〜〜😎

その際にはシャツもライトグレイで「ライトグレイ野郎」になりたいですねっ!!

上述したようにコートも作って5ピースもアリですね😉

 

 

 

続いて収録されているのはArchivo 1903です。

 

 

 

Tallia Di Delfinoの「創業からのストーリー」を紡いだアーカイヴコレクションです。

具体的には現代的エッセンスを加えながら1960年代のアーカイヴを復刻したヴィンテージテイストが色濃いコレクションです。

「いかにも」な色柄がとってもスタイリッシュですよね!

また、最大の「現代的エッセンス」はナチュラルストレッチです。

アーカイヴコレクションにストレッチ機能を加えてしまうその発想!!

好きです😊

ちなみに上の5マークはヴィンテージテイストは色柄だけでハンドリングはかなりソフトです。

ウェイトも295g/mとやや軽めです。

一方下の6マークはかなり強めの打ち込みかつドライなハンドリング、ヴィンテージテイストはかなり強めです!

ウェイトも405g/mとスーツ素材としてはなかなかヘヴィだと思います!

もちろん僕は。。。

下の方が好きです!!

 

 

 

その中でも1番好きなのは↓こちら↓です。

 

 

グレイにグリーンというカラーリング、杢糸由来の独特の立体感、そして上述したハード&ドライなハンドリング。

いずれもがとっても魅力的ではないでしょうか!?

この「顔」でナチュラルストレッチというのもいいですよね〜〜〜!

1960年代のアーカイヴを復刻したということですが、僕はワイドラペルのダブルブレステッドスーツを作りたいですね😎

ボトムスもワイドシルエットにして1930’sテイストに仕上げたいです!

 

 

 

次に収録されているのはHoney Way “Heritage”です。

 

 

冒頭のClub Houseと同じ「仕上げ工程に天然の蜜蝋を使用するHoney Wayコレクション」のHeritageシリーズです。

ウール本来の柔らかな質感としっかりとしたウェイトでHeritage:遺産を表現しているとのことです。

1903年の創業から連綿と受け継がれてきた「最高級原料を使用し最新設備と最先端技術を駆使して最高の素材を作る」という「遺伝子」を素材で表現しようということでしょう。

モダンなタッチの伝統柄、100% Super 130’s Wool(315g/m)という品質、さりげなくも美しいミルド(毛足)加工。

かなり大仰なコンセプトですがそれが成功している(ように見える)のがTallia Di Delfinoのすごいところですよね!

 

 

 

どれも作ってみたいのですが僕が作るなら↓こちら↓だと思います!

 

 

温かみのあるブラウンのハウンズトゥースです。

黄味が強過ぎない上品なブラウンがスタイリッシュですよね!

考えてみたらブラウンのハウンズトゥーススーツって僕がGIEVES & HAWKESで初めて作ったスリーピーススーツ以来作っていないですね。

久し振りに作りたいな〜〜。

この素材ならジャケットやボトムスを単品使いも出来て様々な着こなしを愉しめそうですもんね!

 

 

 

Honey Way “Airly Flannel”です。

 

 

Club HouseやHeritage同じ「仕上げ工程に天然の蜜蝋を使用するHoney Wayコレクション」のAirly Flannelシリーズです。

とろけるような風合いと軽く柔らかな着心地が特徴的なスーパーソフトなフランネルですね!

100% Super 140’s Wool(250g/m)とかなりの細番手素材なのと同時にかなり毛足が短めなのでフランネルといってもかなり長い期間着用可能なスーツが仕上がると思います。

といういかにもイタリアンミル的な素材ながら色柄が英国調なのがいいですよね〜〜!

「本格的なフランネルはちょっと。。。でも、フランネルの毛足感はかっこいいよね!」という方にぜひともおすすめしたい逸品です。

 

 

 

僕は「ひとひねり」してこの2マークでセットアップを作りたいですね!

 

 

作るとすればTommy Nutterよろしく両者をあれこれミックスさせた1着を作ると思いますが、基本的には上のグレンチェックがジャケットに下のハウンズトゥースがボトムスになると思います!

しかしこの2マーク。。。

オーガニックな感触のあるカラーと柄の大きさがとってもいいですよね!

すごく気に入っています😊

 

 

 

Flannel 17 Micronです。

 

 

極細原毛を贅沢に使ったフランネルコレクションです。

ひとつ上でご紹介したAirly Flannelより少しだけ重い品質とよりファンシーな色柄が特徴のコレクションになります。

具体的には100% Super 130’s Wool(265g/m)とAirly Flannelより15g/mだけ重いです。

また、原料と糸番手も異なりますのでAirly Flannelより少しだけハードで若干だけ毛足が長いです。

とはいえ、かなりライト&ソフトなフランネルですね!

霜降り糸で織りなす上品かつ複雑な色調がなんとも素敵なナイスコレクションです!!

 

 

 

ワインレッドやモスグリーンなどきれいな無地も魅力ですけれど僕が最も気になるのは↓こちら↓です!

 

 

イタリアンミルならではの洗練されたカラーリングが素晴らしくカッコよくないですか?

ヴィンテージ素材を思わせるストライプもすごくクールだと思います!

スリーピーススーツを作りたいですね😊

 

 

 

Napoli 17 Micronです。

 

 

 

テーラーリングの名手が集う街Napoli。

そこで求められる「上質で仕立て映えのする最高級の生地を」というこだわりから生まれたTallia Di Delfinoを代表する定番コレクションです。

品質は100% Super 130’s Wool(255g/m)です。

Super 130’s Wool素材が定番とは、梳毛織物においてはSUPER120’s ~ 200’s(17.5 ~ 13.5micron)のみを扱うという哲学を持つTallia Di Delfinoだけありますよね、さすがです!

定番コレクションだけに色柄も豊富にあります。

上のチェック、下のストライプ以外にも約20マークの無地が収録されております。

*Napoli 17 Micron以外の素材は全マークご紹介しました!

 

 

 

僕が特に気になる素材をチェックとストライプからそれぞれセレクトしたいと思います!

 

 

 

上:独特の表面感も魅力的な美しいワインレッドのウィンドウペーンです。

下:クラシカルなストライプです。

ウィンドウペーンなら「芯地・肩パッドなし&3パッチポケットのシングルブレステッドジャケット」と「ジョガーパンツ」のセットアップを作りたいです。

ストライプならクラシカルなスリーピーススーツが鉄板でしょうね!

でも、意外とこちらもジョガーパンツのスーツにしても面白いかもしれませんね😎

Tallia Di Delfinoは以上です!

 

 

 

Loro Pianaの冒頭には魅惑のチェックコレクションが収録されております。

 

 

Capolavoroという素材なのですが、上品で美しい色柄は「これぞ傑作!」なコレクションではないでしょうか😊

いずれもスーツにジャケットに、そしてボトムスに色々と使えそうな素材ばかりですよね。

 

 

 

僕が特に気に入ったのは↓こちら↓です。

 

 

野暮ったくなりがちなシェファードチェックですが絶妙なカラーリンングによって極めてモダンに仕上がっていると思います!

グリーンの上品さが素晴らしいのとブルーが極めて効いていますよね!!

モッズスタイルのスーツを作るかクラシックなスリーピーススーツを作るかかなり悩むところですけれど服になったらより素敵なのだけは間違いないと思います!!!

 

 

 

続いて収録されているのはこのバンチブックのメインクオリティAustralis Super 150’sです。

 

 

 

 

毎年オーストラリアで行われるウール原毛のオークションにてトップレンジの最高級品を買い占めることで有名なLoro Pianaですが、その中でも特に繊維の細い原毛を使用して織った素材がこのAustralis Super 150’s/オーストラリススーパー150です。

具体的な品質は100% Super 150’s Woolでウェイトは以下の通り250g/mと270g/mが混在しています。

上:美しいチェック9マークでウェイトは270g/mです。

中:ややラスティックな仕上げをしたストライプ6マークでウェイトは270g/mです。

下:所謂For Seasonsタイプ(ヨーロッパでいうオールシーズン対応素材/日本では盛夏を除くオールシーズン対応素材)のストライプ10マークでウェイトは250g/mです。

いずれも繊細で優雅で上品な色柄と美しい光沢が見事な逸品ばかりです!

細番手でありながらもしっかりした打ち込みのある素材ですので比較的シワになりにくいのも嬉しい限りですね😊

 

 

 

では、チェックとストライプのお気に入りを「寄り画像で」でご紹介します!

 

 

 

上:グレンチェックはこの4色(右からレッド・グリーン・グレイ・ネイヴィブルーです)どれもが素敵で選べませんでした(汗)。

下:レッドのブークレ糸を巧みに使ったモダンシックなストライプです。

それを作るにしても極めてエレガントなスーツを作りたいですね。

それにしても。。。

Loro Pianaの素材はカラーが繊細過ぎて(あるいは僕の写真の撮り方が下手過ぎて)なかなか写真では現物の素晴らしさを伝えにくいのが正直なところです(汗)。

特にシックな素材は尚更です。。。

という訳でぜひともご来店の際にはじっくりとチェックをしてみて下さい😊

 

 

 

Australis Super 150’sにはこのような織柄無地も収録されています。

 

 

一味違うエレガントな無地スーツをお考えの方にぜひともオススメしたいです!

個人的には左から3番目のジオメトリックな織柄に興味津々です!!

他にもAustralis Super 150’sは完全な無地やバーズアイ、シャークスキンといった伝統的な織柄無地も多数収録されています。

 

 

 

最後に2マーク収録されているのがZealander N-Stretchです。

 

 

ナチュラルストレッチ機能を持ったクラシカルなホップサック風のジャケット素材ですね!

軽快な仕立てでスポーティなジャケットを作りたいですね😉

 

以上です

ご覧の通りにいずれも素晴らしいコレクションに仕上がっております。

しかし無地を筆頭に今日ご紹介出来なかった素材もたくさん収録されております。

つきましては、ご来店の際にはぜひともじっくりとチェックしてみて下さいませ!

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも承っております。

すぐに高解像度の単独画像等をe-mailやSNS等でお送りしますのでもしも気になる素材等がありましたらどうぞお気軽にお申し付け下さいませ。

 

最後に。

じっくりバンチブックを吟味して、リサーチをして、写真を撮って、文章を書く。

今日はお休みするつもりでしたが、そして今日もかなり時間が掛かりました(3時間弱。。。)が、商材への理解が深まる上に楽しいので達成感があります!

が、今週末は別の仕事を残業に使いたいのでバンチブックのご紹介は週明けまでお休みします!

次回の更新をお楽しみにして下さい😊

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

今日も火曜日にやっと届いたLOS LOBOSの新譜Native Sonsを!

しかしですね〜〜〜。。。

引っ越しで散財したことが気になっているせいか「出来るだけお安く買いたいな」という思いがいつも以上に強く出てしまい少し工夫(?)して購入したのですが、そのおかげで発売日からかなり遅くなっての入手となってしまいました。。。

考えたらたったの¥500くらいのことなのに大バカだぜ(笑)。

こんなに素晴らしい音源は1日でも早く入手して聴くべきなのに。。。

それはともかくサイコーですね!

彼らの血肉になった楽曲のカヴァーアルバム(1曲のみ自作曲)なので、つまり最高の楽曲を最高のバンドが演奏しているアルバムなので悪かろうはずはないのですが本当にサイコーです!!

 

 

 

 

では、ゴキゲン過ぎるオープニングトラックLove Special Deliveryのライヴ動画をどうぞ。

 

 

シビれるカッコ良さですよね!

僕もこの人たちみたいな爺さんになりたいな。

ちなみにこの曲THEE MIDNITERSという1960年代に活躍したアメリカ史上で最も早くメジャーな成功を収めたチカーノロックバンドの楽曲だそうです。

 

 

 

 

10th. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



9月・10月・11月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 ④ Maurizio / Strona

 ⑤ The Gentleman’s Choice

 ⑥ Italian jacketings and overcaotings

 ⑦ Trabaldo Togna / Drago / Tollegno

 ⑧ Marling & Evans / Kynoch / Savile Clifford / John Foster / Woodhead

 

 

 

 

昨日鈴木誠選手が4試合連続本塁打を放ちました⚾️

しかも昨日は2発⚾️⚾️

どうやらここ2シーズンで最もいい状態になりつつあるようですね。

劇的なサヨナラ勝ちの主役となった坂倉選手も遂に規定打席に達し「隠れ」ではない首位打者に立ちました!

こうなれば首位打者のままシーズンを完走してもらいたいですね。

チーム自体はもう大きな目標がなくなってしまったような状態の今季ですが、選手個々は来季に向けてしっかりとテーマを持って試合に臨んで欲しいですね。

そして最終的にいいチーム状態のままシーズンを終え来季へつなげて欲しいと思います。

当たり助っ人野手獲得成功等の条件が揃えばまだV奪還を狙える戦力はあるはずですから!!

それから、最近完全に調子を落としているように見える大谷選手ももう一度現在の鈴木誠選手や坂倉選手、はたまた筒香選手のような「ゾーン」に入って欲しいところです。

今日明日の試合はDHなしですから代打待機になると思われる、つまり最大でも2打席しか立てないと思われますが、バッテリーが勝負をしなければいけないシーンで登場する可能性が高いので逆にチャンスかもしれません。

豪快な一発に期待したいですね!

Go! OHTANI!

 

 

 

 

ところで。

「今日」といえば。

今日は水曜日です。

ダイレクトメールやこのDiaryやFacebook page等で既にお知らせしております通り「9月・10月・11月の水曜日は14:00-20:00で営業」いたします。

ここ数日間で「水曜日はやっているんでしたっけ?」というご質問を複数回いただいたので念のために再度このDiaryでもお知らせいたします!

 

 

 

 

という訳で今日も14:00に元気に開店いたします!!

 

 

水曜日は基本的に僕ひとり体制での営業になります。

そして、今日ももちろんひとりで奮闘予定です。

そしてそして、「LOUD GARDENは水木定休!」というご印象をお持ちの方が多いせいか水曜日は1週間で最もご来店が少ない曜日です。

つきましては、お近くまでいらした折にはぜひとも激励にお立ち寄り下さいませ。

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

やっと届いたLOS LOBOSの新譜Native Sons

サイコーです!!

という訳でしばらくコイツの徹底的に愉しもうと思います。

 

 

 

 

では、2曲目収録のMiseryをライヴ動画でどうぞ。

 

 

素晴らしですね!

この人たちの生ライヴを観たことがないのは僕の音楽人生最大の汚点かもしれません。

いつか絶対に観る!!

 

 

 

 

8th. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



Super cool and dandy shirt!

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 ③ Darrow Dale

 

 

 

 

今月からまた水曜日営業(14:00-20:00)を再開したので週休1日生活に戻りました。

コロナ禍が終わってこの事業がもう少し安定したら週休2日取れるような体制にしたいですね。

という訳で今日はじっくり休もう!と思いきや。。。そうもいきそうにありません。

月末締め作業書類の作成を筆頭にした雑務で最低3時間は店で仕事をしようと思います。

恐らく14:00から17:00くらいになると思います。

「ご来店ウェルカム」です!

その一方で、GGでのワークアウトと昼寝等の余暇はしっかりと楽しみたいと思います!

空いた時間には発売日のおとといに入手したばかりのNFL選手名鑑をじっくり読んで予習もしておこうかしら🏈

あ、大谷選手の出場試合も観戦したいですね⚾️

カープはな〜〜〜〜。。。

ピリッとしないエースと意味不明なバント作戦で勝てる(かもしれない)試合を落としたり、拙攻&残塁の山を築いて淡々と若い投手を見殺しにしたり。。。

最下位対決でなす術もなく2連敗しているようではお話になりませんね(笑)。

なので今日の試合は見ないかもしれません。

今季はあれかな、小窪選手が一軍昇格したらMを応援しましょうかね😊

Go! KOKUBO!

Go! MARINES!

 

 

 

 

ところで。

「じっくり」といえば。

今日は新作バンチブックのご紹介をお休みします。

あれだけじっくりご紹介をするとかなりの労力と時間がかかるんですよね。

なので、定休日の今日は「ひと目でその素晴らしさが分かる」シャツを2枚ご紹介します!

英国ルーツの名門ブランドThomas Mason(現在はAlbini傘下に入っているためコレクションはすべてmade in Italyです)による極めてナイスな素材でお作りした2枚です✌️

上述の通り「ひと目でその素晴らしさが分かる」ので早速ご紹介します😎

 

 

 

 

↓こちらの2枚↓です!

 

 

ご覧の通りにいずれもとても素敵に仕上がりました😊

ピンクはナポリラウンドカラーでタータンチェックはクラシックラウンドカラーです。

はい、お得意様はご存知かと思いますがワウンドカラーにも複数のご用意があるLOUD GARDENです!

では、それぞれを個別画像で見ていきましょう。

 

 

 

ピンクです!

 

 

ツイル(綾織)組織ならではの優雅な光沢と美しい発色のピンクが極めてエレガントな1枚です。

デザインは「ナポリラウンドカラー」「小丸ダブルボタンカフス」「フレンチフロント(裏前立)」とモダンクラシックにお仕上げしました。

4.0㍉の肉厚な高瀬貝ボタン、犬の足跡デザインのワンポイント刺繍といったオーダーメイドらしいディテールも見逃せません!

 

 

 

タータンチェックです。

 

 

はい、このシャツの「最大のキモ」はもちろん「カラー&カフスのライトブラウン無地素材使用」です!

(タータンチェックではなく)無地を使用することでドレッシーに、(ホワイトの無地ではなく)ライトブラウンをセレクトすることでより個性的になることを狙ったギミックですが、果たしてその狙いは見事に成功しているのではないでしょうか。

加えて、このギミックによりタータンチェック素材のスタイリッシュさが一段と引き立っているのも見逃せません!

デザインは「クラシックラウンドカラー」「ミラノカフス」「フレンチフロント(裏前立)」とピンク同様に極めてモダンクラシックにお仕上げしました。

タータンチェックとの相性も抜群だと思います。

4.0㍉と肉厚な高瀬貝ボタン、犬の足跡デザインのワンポイント刺繍もとても粋な1枚です!

 

以上です。

 

T様、いつも本当にありがとうございます。

次はネクタイが仕上がりましたらまたご連絡いたします!

バイカラースーツもぜひともご検討下さいませ。

 

 

 

 

◆本日の一曲◆

 

 

Pandemic Blues: I Can’t Take It!

CHRIS ISAAK

 

冒頭で書いた通り、今日は仕事もするけれどゆっくりもする予定なので「一枚」ではなく「一曲」を。

先週かな?リリースされたCHRIS ISAAKの新曲です。

この人の懐の深さや多彩なルーツを感じさせる良曲ですよね!

素晴らしい。

 

 

 

 

2nd. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 

 



Brand new bunch book collection for 2021-2022 Autumn/Winter : ③ Darrow Dale

Hiroshima Carp / Loud Garden / Ryoji Okada

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話(03-6438-9563)、e-mail(info@loudgarden.com)、SNS(FacebookInstagramのメッセージやコメント等)、web会議アプリZoom(←こちらをご希望の方はまずe-mail等でご連絡下さい!)等でのご注文も可能です!

 

 

9月の水曜日は14:00-20:00で営業いたします。

 

 

Benedict Cumberbatchの「Sherlock coat / シャーロックコート」を(ほぼ)完全再現しました!その2

 

 

ミリタリーコートの傑作:Motorcycle Coat作りました!

 

 

“♡ Camo” silk 新色の既製品ネクタイ入荷しました!

 

 

“♡ Camo” silkの新色2カラーで小粋&洒脱な新アイテムCravattino/クラヴァッティーノを作りました!

 

 

ご予約受付中!”♡ Camo” の傘(既製品)作ります!

 

 

Brand new bunch book collection

 ① Classic Shetland by W.Bill, vol.1

 ② Classic Shetland by W.Bill, vol.2

 

 

 

 

昨季までカープに所属していた小窪選手のM入団が決まりました⚾️

カープからのコーチ就任要請を断って独立リーグでNPB復帰を目指してきたヴェテランに念願のチャンスが訪れました。

パ・リーグはあまりチェックしていないのでチーム事情については詳しくありませんがMは現在優勝争いをしているチームですからね、そして常勝軍団Hが不気味な感じで4位にいる状況ですからね、ペナントレース終盤やポストシーズンの厳しい時に勝ち切るための武器のひとつとして小窪選手のリーダーシップやひたむきな姿勢が求められたのではないでしょうか。

ぜひとも活躍をして欲しいですね!!!

そして、この経験を活かしていつかカープに指導者として戻ってきて欲しいですね!!!

あ、もしかしたら、どこかのタイミングで鳥谷選手との三遊間も見れるかもしれませんね。

決して華やかではないかもしれませんけれどいぶし銀のような三遊間、もし見れたらなんだかグッとくるかも。。。

今シーズンはMの試合もチェックしようっと😊

そして、ポストシーズンはMを応援しようっと😊😊

Go! KOKUBO!

Go! MARINES

 

 

 

 

ところで。

「華やか」といえば。

昨日に続いて新作バンチブックをご紹介します!

ご紹介3日目の今日は、毎シーズン英国ミルながらかなり華やかなコレクションを組んでいるDarrow Daleの新作です。

従来は何冊かまとめてご紹介する日に混ぜていたのですが、今シーズンはより一層充実した内容だったので単独でご紹介します。

昨日 おとといとご紹介したW.BillのClassic Shetlandもそうでしたが優れたコレクションだとあれもこれも作りたくなるので困ります(汗)。

でも、商売道具と考えたらそれはとっても嬉しく頼もしいことですよね!

そして、単なるいち洋服好き野郎目線だとコレクションの充実は幸せな限りです!!

という訳で早速ご紹介しましょう。

 

 

 

 

↓こちら↓です。

 

 

お約束のピュアホワイトな「側」がナイスですよね!

でも、上述の通りナイスなのは中身であります!!

本来の気持ちとしては昨日おとといご紹介したClassic Shetlandのように全マークを大公開したいところなのですが、そうすると多分最低でも3日間くらいが必要となるマーク数なので、今日は「素晴らしい中でも特に僕が気になっている/気に入っている素材」を選りすぐってご紹介します。

ではいきましょう!!

 

 

 

まずは冒頭に収録されているグレンチェックを6マークを。

 

 

 

どれもアクセントカラーで入れたウィンドウペーンがとっても効いていますよね!

一見クラシカルだけれどそこそこに遊び心が散りばめられているスリーピーススーツを作りたいです。

どのカラーも甲乙つけ難くナイスなのですが、個人的には上画像の上(ベイジュベースにブルーのウィンドウペーン)と下(チャーコールグレイベースにホワイトのウィンドウペーン)に惹かれています。

上は間違いなくかっこいいのですが、カラーリングがとてもレアな下も相当にクールだと思います。

ブラックシャツ&ブラックネクタイを合わせてセクシーにキメたいですね。

いずれもスリーピーススーツ/スーツで作っておいてジャケットやボトムスをセパレートして使ってもナイスだと思います。

 

 

 

続いてグレンチェックとタータンチェックです。

 

 

上のグレンチェックと下のタータンチェック。。。

これまた作りたいです!!

スリーピーススーツが鉄板だと思いますけれど敢えてダブルブレステッドのスーツを作っても良さそうですね。

意外や上のグレンチェックでジャケットを下のタータンチェックでボトムスを作って合わせる力技もあり得るかもしれません!

ちょっとやってみたいな😎

 

 

 

次は少しミルド(起毛)加工をしているチェック3マークです。

 

 

どれもヴィンテージタッチあふれる色柄が魅力です!

僕は特に下:グレンチェックのカラーリングが大好きです。

スリーピーススーツはもちろんなのですが軽快な仕立てでバルマカーンコートを作っても良さそうな気がします。

昔、この素材に似たカラーリング:ブルー&ブラウンのグレンチェックコートを着ているイタリア人のダンディを見たことがあって(確かMilanのWhiteという展示会だったかなあ?)、それ以来「いつか僕も!」と思っているんですよね〜!

「時が来た!」かもしれませんね。

でも、この前とった短い夏休み中にアヴァンギャルドなバルマカーンコートを購入してしまったんですよね(汗)。

しかもチェックと無地のコンビネーション!!

でもあれは結構薄手の素材だしカラーも全然違うから関係ないかな!?

いずれにしても、もしバルマカーンコートを作るとしたらかなりのロング丈にしたいですね!

ちなみにグレンチェックは他にも「これでもかっっっ!」というくらいの選択肢があります!!

全マークご紹介出来ないのが残念です。。。

という訳で、「続き」は店頭でお願いします😊

もちろんご要望があればe-mailやSNS等で他のグレンチェック画像をお送りすることも可能です!

 

 

 

ちょっと写真の撮り方を変えてビッグチェックを12マーク。

 

 

 

 

Cool, Bold and Charismaticなビッグチェック、いいですよね!!

選りすぐってご紹介しているのでもちろん僕は全部お気に入りなのですが、特に真ん中のダブルウィンドウペーンが好きですね!!

下のチェックも捨て難いですけれどスーツを作るならやっぱり真ん中かな?

逆にコートを作るなら下のチェックでしょうか。

ビッグチェックを活かしてビッグシルエットのバルマカーンコートを作りたいですね!

でも、バルマカーンコートは作るとしてもこの秋冬は1着だけしか許されませんね。。。

ちょっとじっくり悩みたいと思いますっ!

 

 

 

特に好きな真ん中:ダブルウィンドウペーンシリーズの中で僕が最も気になるのは↓この2マーク↓です!

 

 

 

これはどちらも問答無用にクールですよね!

どうしてもどちらかを選ぶとすれば、下のブラック&ホワイトでしょうか。。。

デカダンな雰囲気のスリーピーススーツを作りたいですね!!

そのスーツにブラック&ホワイトのチェックシャツ(あるいはブラック無地のボディ + ホワイト無地のカラー&カフスのシャツ)とブラック&ホワイトのストライプネクタイを合わせたいです。

シューズももちろんブラック&ホワイトのコンビネーションですね。

僕の白髪まじりの頭髪(いや、最近は黒髪まじりが正解かな汗)との相性も抜群だと思います(笑)。

ちなみにビッグチェックもですね、他にも「これでもかっっっ!」というくらいの選択肢があります!!

全マークご紹介出来ないのが残念です。。。

という訳で、「続き」は店頭でお願いします😊

もちろんご要望があればe-mailやSNS等で他のビッグチェック画像をお送りすることも可能です!

 

 

 

どファンシーなカラーリングが眩しいチェックもあります!

 

 

サイコーにロックですよね!

これもまためちゃくちゃ作りたいです!!

一番下のネイヴィブルー&レッドもかっこいいですけれど、こういう素材の場合は「攻め」の気持ちでいかないとダメですね(笑)。

という訳で。。。

 

 

 

作るとすればやはり↓こちら↓でしょうか!?

 

 

明るめのブルーといいシャープなピンクといい最高のカラーリングですよね。

このカラーリングはなかなかイタリア人からは出てこなさそう。

大胆なチェック柄といいカラーリングといいいかにも英国的な素材だと思います。

僕はモッズなスリーピーススーツを作りたいです!

この素材で作ったスリーピーススーツならピンクのパテントレザーシューズを合わせたいですね😎

持っていないけれど(笑)。

ホワイトのシューズ、ネイヴィブルーのシューズもいいでしょうね。

ブラックのブーツもいいかな?

それから、ジャケットを単品使いしてボトムスをピンク無地・ブルー無地・ホワイトデニムに変えても「間違いない」はずです。

 

 

 

どファンシーチェックの次に収録されているグレンチェック3マークです。

 

 

これも素晴らしい!!!

イエローが入ったスーツ素材ってほとんど存在しないのでイエロー好きの方には真ん中:イエローウィンドウペーンのグレンチェックを絶対的におすすめしたいです。

これ、僕も作りたいです!!

ベースのグレンチェックがブラック&ホワイトというのもいいですよね。

 

 

 

ひとひねり効いた伝統柄もあります!

 

 

上が大きめのバーズアイで真ん中と下がハウンズトゥースです。

いずれもちょっとした「変化」なのですがシャープかつモダンな「顔」の伝統柄に仕上がっていると思います!

真ん中のハウンズトゥースでジャケットを、上のバーズアイでボトムスを作ってセットアップしても楽しいかもしれません!!

ちなみによりクラシカルなハウンズトゥースもありますし、シャークスキンやヘリンボンといった伝統柄も充実しているのがDarrow Daleです。

この抜け目のなさ、素晴らしいと思います!

 

 

 

コレクションの大変をチェックが締めていますが濃厚なストライプも少しだけ収録されています!

 

 

力強いストライプ!

どれもかっこいいですよね!!

一番下の「ブラックベースにレッドストライプ」の逸品は他のバンチブックではなかなかどうして見つからないカラーリングと巾ですので「おっ!」と思ったらぜひとも品切れにならない内にお願いします!!!

 

 

 

最後に織柄の無地を。

 

 

これはハウンズトゥースのジャカードです。

ひとひねりある無地をお探しの方にイチオシです!!

もちろん他にもシャドウストライプの無地、完全な無地も充実しております。

 

以上です。

ご来店の際にはぜひともじっくりとチェックしてみて下さい😊

もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/ご予約/お問い合わせも心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

◆本日の一枚◆

 

 

9月初日もJazzyにキメます!!

昨日聴いたMAURICE BROWNのThe Mood(2017年作品)がめちゃくちゃ心地良かったのでもう1日!!

これは嬉しい出会いでした。

他のアルバムも入手しようかな?と思ったらジャケットのアートワークがかなりHip-hopっぽかったから躊躇してしまいました(笑)。

でも、YouTubeか何かでちょっとリサーチして良さそうなら入手してみようと思います。

 

 

 

 

では、2曲目収録のOn My Way Homeをどうぞ。

 

 

とってもクールですよね!

 

 

 

 

1st. Sep. 2021

Ryoji Okada

 

 

 

 



My friend with big heart made LOUD GARDEN's PV!!

Category

Recent Entry

Archive

Translation

Pagetop

© Ryoji Okada All Rights Reserved.